[PR] SEO対策 いちご・いちえ

2020年03月16日

最後の砦〜デルカダール城〜仲間になった

世界に異変が起きて、結局請け負ったクエストは頓挫している。
大樹での戦いで勝手に3Dになったのは、プレイ中は、魔王を見せるためと思ったけれど、今にして思えば「あの人」を印象づけるためだったのではないか。プレイ中も一瞬、なんで(この人がアップ?)と思った気がする。
それから、始祖の森でヨッチをつかまえたら、すでに50人いるらしく、送ることができなかった。ってことは、ここらでヨッチをやれということなのか?仲間がいなくなっちゃったけど、ヨッチへ行っていいのかなあ。まあ、この大変な時に、ヨッチをやっている場合でもないけど。

さて本筋の冒険。トンミレベル36。ひとりでさびしい。
旧イシの村=最後の砦には、避難民とデルカダール兵士?騎士団?が集まっている。
デク夫妻も避難してきていて、デクは道具屋をやっている
王様から、グレイグを助けてやってくれと頼まれた
砦を魔物が襲ってきてグレイグと一緒に魔物退治 ゾンビ師団長+(スカルナイト2)×2
王様よりデルカダールの鍵を預かり、グレイグとデルカダール城へ行くことに
あの、トンミとカミュが脱走してきたルートから入るそうだが、よく覚えておらんぞ(汗)
でも、入るところは自動的?に入れたから、迷わずに。
後は中でぐるぐる。ドラゴンがいたようだけど無視して、目的地(玉座?)目指してまっしぐら。
いや、まっしぐらに行きたかったのだが、迷っちゃって、また同じ所へ出てきたでござる。
グレイグ、城の人だったのに、水路にはあまり来たことがないそうで、二人でぐるぐるしたでござるよ。
途中、グレイグの回想を見つつ、ルート発見。
で、玉座にホメロス。グレイグへの嫉妬と誤解みたいなことから、魔王に魂を売るようなことになったよう。
戦ったのはなんか魔物だった。ばっちりガンバレではらちがあかず、めいれいさせろにして対戦。でも、やってたのはずっと渾身斬り。パープルオーブ回収。
ホメロス、グレイグに、お前はいつも前を行って邪魔する、というようなことを言っていた。
前を行くのは、出世が早いとかそういうこともあるんだろうけれど、道筋をつけるとか、盾になるとか、そういう意味もあるんじゃないか。
でもホメロスにとってはそれが煩わしく、ねたましく思えたのかも。
かつて親密だった人を敵に回すのはつらいだろうなあ。
王様から、一晩だけ砦を持ちこたえられるようこちらも頑張るから、城の方をふたりでやってきてと言われて、まあ一晩で最後の砦へ帰ってきたってことだった。
砦は砦で、こちらへ魔物を引きつけ、城を手薄にする作戦(王様発案)だったから、大変だったようだが、無事に守り切った模様。
そんなこんなで、グレイグが仲間になり、王様の助言により、ルプガーナ密林からソルティナ方面、なんとか山へ行くことに。
あれ、ルプガーナじゃないな、ナプガーナか?
かあちゃんにあいさつしてから出かけようと、探しまわるも、見つからず。あきらめて出かけようとしたら入り口(出口)にいました、かあちゃん。
ともかく、しばらくは男ふたり旅。さらさらヘアーと質実剛健。どんな旅になるやら。
なんかもう、もりもりプレイしているでござる。
そして、プレイ記がもうぐちゃぐちゃなんだが、とにかく書くだけ書いておくというスタンス。
ここから先、ますますぐちゃぐちゃになる予定(え)。
posted by きるしゅ at 20:47| Comment(0) | 3DS版DQ11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネタバレを見て初めて後悔したこと

ワタシは基本的にネタバレOKな人だと思っているのだけれど、
今見ちゃったヤツは、心底見なければ良かったと後悔しています(泣)
まあ、これを知りつつ進めれば、その場面が来た時のショックは和らぐのだけれど。
うーーーーーーーーーーーーーーーーーーん。
でも、
見なければよかった。
しかも、自ら見に行ったのではなくて、ふいに見てしまった……だったので、けっこうダメージが大きいです。
ううっ、悲しい……

posted by きるしゅ at 10:41| Comment(0) | 3DS版DQ11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月15日

クレイモラン後〜そしてオサカナに!?〜最後の砦

えー、これを書いているのは3月16日で、実は先ほど、えらいものを見ちゃいましてかなり動揺しました。(汗)
そのため、それ以前のプレイ記である下記の記事も、もしかするとその動揺が隠しきれずに影響が出るかもしれませんが、悪しからず。

200314
さて、前回のプレイ。クレイモランが解決してオーブがそろい、いよいよ捧げに行こうというところ。
この間、カミュの出自の話を少ししたのだが、あれから考えたのは、王族じゃなくてあの子はどっちかというとバイキングがらみだろうか?ということ。
クレイモランの西にバイキングの洞くつがあるよね。あっちかな、と。わかんないけど。
現在トンミレベル35。このまま進んでも、まあ大丈夫かなと思っている。
本筋を進める前に、手に入ったかがみいしを使ってクエストの品(女王のムチ)作成。メダ女へ届けると、ちいさなメダル3枚もくれた。
ついでに、うちの女子3名に制服を着てもらい、3Dにして女学生気分を味わってもらう。
うん、やっぱりベロニカが一番似合っているしかわいいなあ。
セーニャは真面目な優等生っぽいけどちょっと天然な子で、マルティナはスケバンっぽい。あ、いやごめん、武器を装備しているから余計そう見えるんだろうけど。マルティナ、けっこう好きなんだよ。
昔(DQを始めた頃)だったら、たぶん、セーニャが一番好きだったと思うんだけど、時とともに好みも変わっていくね。ジブンも変わっていっているんだろう、きっと。
なにかやっぱり落ち着かないので、ベロニカだけそのままで、後の二人は元の装備に&2Dに戻した。

次。始祖の森を目指そうとクレイモランへ。
町をうろうろしていたら、クエスト請負。バイキングの様子を見てきてくれ、って言うの。
バイキングの所へ行ったら、仲間が北の海に行って帰ってこないっていうからそれを探しに。
海に円柱があったから入ったら、クレイモランへ戻って来ちゃって、あらぁ〜。
もう一回出かけたけど見つからなくてあきらめた。

やっと本筋。
聖地ラムダを目指して出発。
自動的にキャンプして、ベロニカとセーニャの会話が。なんだろうこれ。どこにつながる?
道すがらベロニカが「ラムダに着いたらトンミがビックリするよ」みたいにいうので、楽しみにしていたのだが、到着したらラムダで流れていたのはモリーさんとこの曲(バトルロード格闘場で流れるヤツ)で、ビックリしたのはプレイヤーだったでござる(汗)
よく考えるとあの曲はサヴェッラのだよね、たしか。だから聖地ラムダでもいいんだが、ワタシの中ではあれはモリーさんなので、違和感に満ちており、これまたデジャヴ問題に引っかかるところ。
で、トンミが何に驚いたのかはわからずじまい。勇者が優遇されるってコト?それとも何かあったっけ?
あと、ベロニカとセーニャが双賢の姉妹と呼ばれていることがわかって(びっくりってこれのことか?)、カミュが、この中ではもと盗賊のオレだけがありふれた存在……みたいなことを言っていたので、やっぱり王族じゃないのかな、と思ったり。

200315
さて聖地ラムダの続き。
里の人たちに話を聞いて回り、ベロニカとセーニャの家に。両親がいたが、子供たちが帰ってきたわりにはそっけない。
やたらに速く歩くおばあさんがいる。元気元気。
おじいさんからだったか、赤き始祖の葉と取ってきて欲しいと頼まれた。あかきしそのは……て。
もうひとつ女の子から頼まれごと。なんかの種だったか、花か?うろ覚え。
どこかでちらっと見た情報だと、祭壇まで行くとしばらくクエストができなくなるらしいので、一度戻ってくるか、後からでもいいか、迷っている。(後からでもできるらしいので)
んで、まあ、ずんずん進んで、オーブを捧げ、虹の橋を進み、命の大樹(葉の一枚一枚は人々の命だそう)の中に入って?、というところで、ホメロスらしきヤツがやってきて戦いに。ヤツはあやしい空気に包まれていて全然歯が立たない。わりとすぐ全員ゾーンに入ったので、こりゃ何かある=このまま負けるんだなと。
2Dでやっていたのだが、勝手に3Dになって、怖い魔王が出てきたり。こういうのは2Dでいいのよ、2Dで(意外に怖がり)。
ウゴルーガ(じゃないな)ウルガーノだっけ?こわいよ。勇者の剣を変なのに作り替えられちゃうし、世界がめちゃめちゃに……

ここで「冒険を記録しますか」と言われて、2つ目の冒険の書を作った。
1つ目はレベル23くらいのが残っていて、その後はずっと中断でセーブしてきた。
最後に中断したのはどこだろう、始祖の森だったかな。

気づいたら、トンミは虹色の魚になっておった。セレン様が魔王から見つからないよう姿を変えてくださったそうな。
海底に落ちてきてからずっと何ヶ月も?眠っていたのだとか。
仲間のみんなはどこへ行ったの?急にさびしくなったでござる。
でも、オサカナ状態がけっこうきれいだったので、3Dにしたらさぞ美しいだろうと思い切り替えてみたが、なんと2Dの方がかわいらしくてきれいだった。こういうこともあるのね。
女王様の宮殿の奥へ進んだところの守り人の海で、海底王国の女王様に見せられたのは、地上の現実。大変なことになっておる。
そうこうしているうちに、海底王国も狙われて、女王様に見送られつつ、トンミは地上へ戻ることに。
釣り糸のエビにぱくっと食いつくと、元銀行員(後からわかったのだが)の漁師アラーニに釣り上げられた。
夢うつつで、漁師の小屋でチビトンミと母ちゃんの会話。
起きてから漁師に教わったとおり、旧イシの村方面へ。
今は「最後の砦」と呼ばれる村になっていて、犬がお出迎え。続いて、誰だっけ?
エマと名乗る女の子。だれだっけ?
かなりの健忘症なトンミだが、エマと別れたのは、リアルに年単位で前のことなので、実のところだれだっけ?状態(ごめんよ)。
母ちゃんはさっき夢で見たからなじみがあったけど。
ここを守っていく先頭に立っているのは、どうやらグレイグのよう。
さるえらいお方のテントには、きっとデルカダール王がいるんだろうな(まだ会ってない)。
マルティナ、会わせてあげたいけどどこにいるのだろう。
ってか、みんなどこにいるのーーー?(泣)
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | 3DS版DQ11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

クレイモラン〜魔女退治

トンミLv33 46:22 ミルレアンの森、と中断のデータ。すでに46時間もやったのか(汗) 
魔女退治の続き。森の中を進むと吹雪に遭い、仲間とはぐれたトンミ。
すぐに戻ったらまた合流できるけど、進むとまた吹雪で結局一人に。
グレイグが魔獣と戦っているところへ出くわして、トンミがやっつけ、グレイグがとどめを。
するとグレイグ、今度はトンミを狙ってくる。えー、ここは一緒に退治してくれてありがとうじゃないの(泣)
と魔女がふたりを凍り漬けに。そこへベロニカがかけつけ魔女に一撃(魔法)。
魔女が自分を襲いペンダントを奪おうとした理由から事情を察知したグレイグは、トンミを狙わずに立ち去る。
一方、低体温症で倒れた?トンミは森の入り口の学者の家に運ばれ仲間の(特にベロニカの手厚い)介抱を受け元気に。
魔女の情報を得るために東にある古代図書館へ向かう一行プラス魔法学者のだれだっけ、エッケハルトさん。
主要メンバーにベロニカは入れていないのになぜか勝手に行列に加わるベロニカ。
他の人に入れ替えても、何かの拍子に出てきているベロニカ。魔法がらみだからか、寒い地方なので炎系魔法を持っているから、なのか。
メダ女の制服を着て、帽子もかわいいベロニカだからいいんだけど、通常戦は他の人の方が使い勝手がいい気がするんだが(汗)
で、図書館内部を、色違いの本棚を動かしながら進んで、お目当ての本を読むと、魔女の封印には聖獣が必要……とあって、さっき倒しちゃったヤツと同じ絵が描いてあった。あらら、ダイジョブなのかな。
クレイモラン城下町へ戻って女王様と話をして……女王は氷の魔女ってことでエッケハルトさん呪文を詠唱するも途中で途切れて、それでも魔女を本に封じ込めて、町が元通り……でもなんかへん。本からヘンな声がして、ってホントに変なのはなりすまし女王(魔女のリーズレット)。
本の中の人となりすまし女王と、ホンモノは誰だ?ってことになり、中の人がホンモノのシャール女王ということに。
めでたくブルーオーブをいただき、全部そろった。
あれ?6コそろったっけ?グリーンオーブ持ってたっけ?(うろ覚え)と確かめたら持ってる。誰にもらったっけなー(いいかげん)。
あとで調べたら、海底王国でもらったようでした。

ところでカミュ。クレイモランの中に入らず、港で待っていた。
ずっと前に、海辺の町がふるさと、みたいなことを言っていた気がするし、雪国(北国)での注意事項みたいなことを言ってくれるし、もしかしてクレイモラン出身なのだろうか。
レッドオーブは、そもそもカミュが欲しくて(必要で)、デルカダール神殿から取ってきたんじゃなかったっけ?
もしかして、ここのブルーオーブと二つ揃えてどうかしたかったんじゃないの?
考えてみると、メンバーの中でカミュだけ盗賊で、なんだかちょっと異質なんだよね。
ユグノア元王、王子、それを守るべく遣わされた者達、デルカダール王女、騎士道を伝える名士の息子(らしき人)、と言うメンバーの中、盗賊って。職業に貴賎無しとは言うものの、ヤンガスが山賊なのとはちょっと違う気がする。カミュもクレイモランの王族なのかなあ。

さて、魔女退治の森の中で、かがみ石を見つけたので、請け負った女王のムチを作れるようになった。
次は、このクエストをやって、本筋の旅を進める予定。
しかし、今回のプレイは、途中の宝箱やらなにやら、かなりの取りこぼしがある。
でも、そういうのを回収しなくても、物理的にも金銭的にも、何も困らずに冒険が進んでいる。
たぶん2週目はない。
そう思ってプレイしているから、取りこぼしや、町の人の聞きこぼしもなるべくせずに、やっていきたい気もしているのだけれど、もういいかげん取りこぼしてるよね(汗)
んー、まあ、いいか。テキトーにやろう、テキトーに。
(テキトー言ってるわりに、毎日せっせとプレイメモを書いているヘンな人です)
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | 3DS版DQ11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

寄り道(クエスト)〜クレイモラン

気になっていたいくつかのことを確かめに行くことに。
まず、ダーハルーネの歌自慢のおじいさん。
古い(レベル23くらいだったか)の冒険の書を開いてダーハルーネを訪ねると、いたいた、おじいさん。んで、同じことを話してくれた。
やっぱり一度話を聞いていたんだね。これですっきり。
いったん冒険を終了して、いつもの「中断」からスタート。
ルーラでデルカダールへ行けるのか案件も、デルカダール城下町が登録されていた。
カミュは行きたがらないけれど、あの町、一応全部探索したはずなのだが、3Dの操作に手間取ったり、慣れないこと続きで、あまり印象がないんだよね。どうせ捕まらないなら、もうちょっとよく見てこようかなあ。(意味ないかもしれないけど)
さて、本筋の旅は、白の入江から海を北上。途中から雪が降ってきた。クレイモランに到着すると不穏な曲が流れていて、町ごと凍り付いている。町の外にいる人から西から入れると聞いて、西側の魔法の鍵扉(ってことは、壁画退治をしないとここへ来ても話が進まないってコトか。その時点で来てもすでに凍っていたのか?)から町へ入る。
女王様だけ凍っていなくて、東の平原の森に魔女が潜んでいて、魔獣も手なずけているから気をつけてください、とのこと。
ロウじいちゃん、ここの王様と知り合いだったみたいだけど、王様はすでに他界。でもブルーオーブはここにあるらしい。
魔女は怖いので(え)、メダル女学園で請け負った、壁新聞クエストをやることに。
行ってみて思い出したが、この看板、シルバーオーブを取りに来た時、あったよね、たしか。
なんだろう、って思ったけど。で、書かれていたのは、なんとトンミへの恋煩いの相談だった。大切な旅が終わるまで待っていますみたいに言われたけど、いやいやいや、ブリジットさん(リップス?)は遠慮しておくよ(滝汗)ちょっと、おじゃる丸のおかめ姫を彷彿させるキャラ(個人の感想です)。お礼はメダ女の制服。3つ目。仲間の女子3人みんなで着られるように、かな。現在双子が着ているんだけど(前回のプレイメモで、これからメダルのご褒美でもらうように書いたけれど、すでにもらって二人で着ていた、おっさんいつの間に。いやオッサンは関係ない)、2Dで見ててもかわいいので、マルティナにも着せて3Dで見てみようかなあ。
そうだ、もうひとつ、メダ女のクエストがあるのだが(女王のムチを作るヤツ)、材料(かがみ石)が足りなくてできない。
かがみ石、どこかで売ってるんだろうか。
と、ここまでやって、クレイモラン東の平原へ行ってみた。氷の上はすべってしまい、これはかんじきでも買わないといけないのかと思ったが(思考回路が桃伝)、クレイモランは凍り付いているし。滑ればいいみたいなのでやってみたら、少し奥まで進んでしまい、リアルに夜も更けてきたので中断した。
デルカダール兵士が助っ人で入っているみたいなんだが、隊長が寒がりでどうのとか言っていたな。隊長ってだれ?グレイグ?ここで仲間になるのかなあ。このまま突っ込んでいっていいのだろうか。レベル32か33のトンミ。
次回の冒険に続け!ってか、冒険じゃなかったっけ(今回の旅)。逃げつつ冒険しているんだっけ?
何しているんだか、わからなくなってきたでござるよ(汗)
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | 3DS版DQ11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月10日

ふらふら寄り道(クエストなど)

魔法の鍵を手に入れたトンミたち。
ロウが「バンデルフォン王国跡や北のクレイモランに、それを使って開ける扉があったはず」と言うので、バンデルフォン王国へ行くことに。
虹色の枝が光ってオーブが近くにあることを教えてくれる。山彦の笛はもういらんのか。パープルオーブを手に入れた。
トンミがレベル32になり、しばらくほったらかしだったスキルパネルを開いて、それぞれ振り分け。
と、バンデルフォンの東側の島を思い出し、木彫りの女神像を取りに行こうと思ったが、ここからだと内海で、行きたい島には行けず。
結局ナギムナー村へ飛んでそこからはるばるやって来て、探したけどやはり見つからず。
キングスライムだったかをやっつけて、スライムゼリーをもらったが、食べられるの?グミみたいな物?
そろそろ帰ろうかと思ったら島の北側にキラキラが。
やっと見つけて、ナギムナー村の漁師さんへ渡す。お母さんの形見だそうで。それ見て勇気を出して漁に出かけるんだと。いつかはホンモノの強い漁師におなり!頑張れよ〜。
もうひとつの人魚に頼まれたクエスト。ダーハルーネにたたずんでいたおじいちゃん。話しかけたら、もう自分はいけないから歌を覚えていって人魚に歌ってやってくれと。で海底王国へ歌の伝書鳩。お礼にグラコスのやりをいただき、マルティナが装備。
なんとなくメダル女学園へ行ったら、ここにも無料宿泊所があった。
壁新聞を読んできて欲しいというクエスト請負。なんと壁新聞は谷に飛ばされてしまったとかで、読めず。谷の掲示板に貼られているかもと言われて、またあの谷へ行くのか。
ふと、そう言えば、初めて内海にこぎ出した時、イシの村へ行けそうな感じで、でもお尋ね者だからあちら方面は行かない方がいいのかと思い、やめておいたのだが、ふらふらグセがついて、行ってみることに。
滅びた村を見るのは悲しいけど、魔法の鍵の扉があったような気がして(笑)ここにも無料宿泊所。泊まってみたけど、やはりちょっとさびしかった。
で、ここまで来たらデルカダールまで行ってみようということに。
城下町に着いたらカミュがおれたちお尋ね者だよ、みたいに言われたが気にせず城下町へ入るトンミ。
ここに初めて来た時は、3Dでやっててうまく歩けなくて、途中で2Dにしてみたりしていたっけ?
でも3Dで頑張って歩いた思い出が。で、デクの家に寄って、ついでに城へ入ろうとしたらカミュに引き留められて、強制的に「入れない仕様」になっておりました。ひょっとして入ったら兵士に捕まって牢屋に入れられ、牢屋から逃げる最初頃の場面に逆戻り……とか、はたまたまさかのゲームオーバーとか、なったら面白いなーと思ったのだが、まあそれはないね。
だんだん自分がお尋ね者だということがどうでもよくなってきたトンミ。カミュがいてくれて本当に良かった。カミュ、大好き。(ここでコクってどうする)

そんな感じで、次はクレイモランか壁新聞探しか。
そうそう、ルーラでイシの村へ行けるようになっていた。
デルカダールはどうなんだろう。まだ確かめてない。
あと、ダーハルーネの歌自慢のおじいちゃん、後から思ったのだが、最初にダーハルーネに来て話しかけた時も、船に乗って歌っていたとか言っていたような。あのセリフ、前に聞いたことがある気がして。気のせいかなあ。
それから、メダ女の制服、魔法の鍵で部屋に入ったら見つけてしまったのだが、あと1コメダルを集めるともらえるみたいなんだが。ひょっとして、メダルのご褒美をしまってあった宝箱開けちゃったか?ってそんなことないよね(汗)
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | 3DS版DQ11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月09日

まだ見ぬ裏ボス?

1996年3月9日 に発売された「スーパーマリオRPG」。
本日発売24周年だそう。
普通のスーパーマリオはいまだにやったことがないのだが、RPGはプレイした。
けっこう楽しかった。
最後までやったはずだが、ネットを見ていたら、裏ボスがどうの、と書いている人が。
あれー?裏ボスなんてやったかな。ワタシ、最後までやってない?
ラベル:こもごも2019-
posted by きるしゅ at 21:58| Comment(0) | 日常1810〜2003 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月08日

寄り道(というかフラフラ)〜壁画退治

メルがトンデモだということがわかり、退治しに行かないといけないのだが、気が進まないので、クエストなどやろうということに。
ナギムナー村の人から、木彫りの女神像を取ってきて欲しいと頼まれたのだが、そもそも北の無人島がわからず。
それらしい島で探してみたが、見つからず。
調べ方がダメなのかなあ。
もしかして、ひたすら地面をしらべる……じゃなくて、キラキラのところでいいのか?(汗)
これを書いていて、そんな気がしてきたでござるよ。

なんとなく海底王国へ行ってみたら、HP、MP全快してくれる人が。
宿賃使わずに回復できる所はないのか?と思っていたけど、ここだったか。
5のあの修道院のように定宿(宿じゃないけど)にしよう。(貧乏性です)
で、ここでもクエスト請負。
ダーハルーネと書いてある船に乗っていた歌が上手な男の子を探して欲しい、とのこと。
昔のことらしいので、現在の男の子ではなさそう。でもカウデルさん(吟遊詩人?)かと思って話しかけるも反応無し。
昔って、思っているよりもっと昔かな。おじいさんでも探してみようか。

で、木彫りの女神像。バンデルフォンの東側にある島?だったかで探していたら、スライムの冠が手に入った。
装備しようとしたが、かぶれないんだね、これ。
ヤンガスか誰か、かぶらなかったかな。何に使うの?
木彫りの女神像はまだ見つからず。

クエストもうまく行かず、すっきりしないので、壁画退治することにした。
母宅でやったので攻略本もなく、適当に歩いたら、トンデモメルの前に着きまして。
みんなレベル30くらいなので、ばっちりガンバレ(回復係だけはいのちだいじに)で、らくらくボス戦(笑)
誰も死なずにやっつけた。

村の人たち、さぞがっかりするかと思いきや、今度は呪いの絵?を売り物にして観光業継続。
たくましすぎるぞ、プチャラオ村民(汗)
まほうのかぎが手に入ったので、次は、あちこちフラフラする予定。
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | 3DS版DQ11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月05日

プチャラオ村(買い物)〜怪鳥の幽谷〜プチャラオ村

メダル女学園の東に何かあるらしいので、プワチャット遺跡の壁画よりも、そちらを先にやることに。
その前に、カミュがどーも弱っちい気がしていて、装備を見たら、どくがのナイフにくさりかたびらだった。
レベル27、8でこれでは、あまりにもかわいそうだった、ごめんよカミュ。
今回、装備に無頓着なわけは、鍛冶で作った方が安上がりだという情報に惑わされているせいもある。
確かに作って装備すれば安上がりだろうけれど、材料がそろわなければ作れないわけだし、作れなければ装備もできない。
銀行に22000Gもあるっていうのに、仲間にくさりかたびらを着せているっていうのはどうよ(汗)
ヨッチと鍛冶は、よくわからないので、あまりやっていなくて。
それならそれで、従来通り、お金を貯めて店で買う方式でも、かまわないはず。
というわけで、メダ女の東へ行く前に、みんなで買い物三昧。
カミュの守備力65→87になりました。もうキミを死なせない(今さらかい)。
夜のプチャラオ村は、フォークダンスが流れておった。
ナギムナー村の夜は、イカ討伐祝賀会だったからお祭りモードだと思っていたのだが、夜はどこでもフォークダンスなの?
それとも遺跡でもうかって浮かれているから踊っているのか、プチャラオ村。
この村の人たちのテンションが今ひとつわからない。

さて、カミュ以外の人たちも装備をととのえて、いざメダ女の東へ。
と思ったけど、そこに何があるのかもよくわからずに突っ込んでいくのもナンなので、
もう一度メダル女学園の図書館へ。
どこかの大富豪邸から光る物を盗んでいったごくらくちょう?みたいなことで、シルバーオーブかな?
怪鳥の幽谷は、適当に突っ込んでいったけど、まあまあうまく進んで、鳥の巣にとうちゃこ。
ばっちりガンバレで、誰も死なずにシルバーオーブを宝箱から取りました。

気をよくしたトンミは、プチャラオ村に戻り、壁画の所へ行ったらば、まあなんと、迷子のメルちゃんはとんでもないヤツだということが判明。
ほぼ自動的にいったん外に出られることになり、村にいたトンデモメルから、あとで来いや〜みたいに言われたところで、今日はおしまい。
なんかなー、あの壁画、嫌だなあ。行きたくないなあ。
木彫りの女神像でも探しに行こうかな。
でも、もしかしてここを超えたら魔法の鍵が手に入る?(違う?)
世界をフラフラするのは、それから、の方が面白いかも、とも思う。
レベルはたぶん十分だと思うけど。トンミ、たしか29?30?そんなところです。
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | 3DS版DQ11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月04日

メダル女学園〜プチャラオ村〜プワチャット遺跡〜

北へ行くとメダル女学園、南へ行くとプチャラオ村、という場所で終わった前回のプレイ。
なんとなく北へ行ってみた。
5の城の曲(王宮のトランペット)が流れる中、ひたすら話を聞いて回るトンミ。
クエストを2つ請け負って、ひとつはさっそくクリア。東へ20南へ5だっけ?そういうのはわりと好き。
掘り出してきた物は赤いリボンで、先生のお友達がマルティナ母だったというほろっとする話でさっそくマルティナが装備。
ってか、マルティナしか装備できない。騎士団長の指輪が他の人も装備できたのとは違うね?
形見の品だもの。ああ、でも騎士団長の指輪もククさんだけであって欲しかった気もするけれども、いやいやそうじゃなくていい(妙な冷や汗)
先生は気づいたのかしら。親友の娘だということに。
あと、校長室の横にある大樹さまのきおくのうつわ……で旅のおもいでが見られるように。
東の方でごくらくちょうだっけ?がどうのという情報があったような気がしたけど、南の村も気になって、行ってみることに。
したらばさ、こっちは8のカジノの町(ベルガラック?以外でも流れた気がするけどここの印象が強くて)で。
遺跡で迷子のメルちゃんの両親を探すことに。
壁画の前に行ったら5のほこらでさ。
んで、迷子が迷子(メルちゃんいなくなる)で、宿屋の客引きが強引で断っても、ベロニカ(だったか)が泊まろうって言って、いいえを選ぶと無限ループに(汗)
翌朝、お客さんが行方不明だとかで、壁画の所へ行く羽目になり、行ったらば、そのままダンジョンになっちゃってさ。
ギガひとくいばこでさんざんな目に遭って(ロウとカミュがお亡くなりに)、これはムリそうだということで、リレミト。
レベル27で、攻略本見たら早すぎたよう。やはり、先にメダ女の東へ行かないといけなかったらしい。
なんか気分が悪いので(笑)、ナギムナー村でクエスト請負。北の無人島から木彫りの女神像を取ってくることになったけど、北の無人島がわからない。まだ良く探していないので、ぼちぼちやろう。
メルちゃん、ほったらかしになるけど、先にメダ女の東へ行くつもり。ごめんよ。
(相変わらず、デジャヴに振り回されているプレイヤー)

追記:
マルティナ装備のリボンのことだけれども、プレイしている時に真っ先に浮かんだのは、ビアンカのリボン。
それが自然かと。でもマルティナ、キラーパンサーじゃないしね(笑)
あれは、ゲレゲレ(仮)だけしか装備できなかったっけ?忘れました。
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | 3DS版DQ11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする