[PR] SEO対策 いちご・いちえ

2019年11月13日

本(読書)のこと(自分メモ)

子供の頃から本を読むのが好きだった。
好きだったが、本の内容はすぐ忘れてしまうし、人にうまく説明することもできなかった。
それは今でも同じだ。
それでも、今なお、読みかけの本がある(読んでいる)のは、自分らしさのひとつだと思っている。
読んだ本の記録方法は、色々試してみた。ブクログも使ったし、今日も読書メーターに登録してみた。
が、やはりなにかしっくりこない。
うまく感想を書く自信がないし、まして、それを公にするのは恥ずかしい。
結局、使うのはあきらめて(読書量が一目瞭然になるのは面白いと思うけれど)、また、このブログに記録しておくことにした。
過去にも、タグに「本」「読んだ本2017」があるし、もっと昔の記事にも、本の記録はある。
自分の記録は、ここにひっそりとしまっておくのが、しっくりくるように思う。

ラベル(タグ):本2019
→今年読んだ本一覧および本関連の記述がある記事 とする
ラベル:本2019
posted by きるしゅ at 20:22| Comment(0) | 日常1810〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月08日

「百姓貴族」と「銀の匙」

もうすぐ百姓貴族の新刊が出るので、楽しみにしているのですが、銀の匙の情報も入ってきました。
完結に向け『銀の匙』1年5ヶ月ぶりに連載再開 最終章突入で残り4話」だそう。
あー、終わっちゃうのかあ。作者さんに色々あったようだから、心配していたけれど、でも、ちゃんと完結するのはうれしい。
ワタシは単行本で読んでいるから、目にするのはだいぶ先になると思うけど、それまでは、百姓貴族6巻を楽しんでおきます。
ラベル:本2019
posted by きるしゅ at 12:44| Comment(0) | 日常1810〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月31日

首里城焼失

朝起きて、テレビのニュースにがく然とした。
焼け落ちていく首里城。
再建したものとは言え、世界遺産だ。
もう一度……の道のりは、遠すぎる。
ラベル:こもごも2019-
posted by きるしゅ at 14:57| Comment(0) | 日常1810〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さよならレシピ

台所の机を片づけるために、料理レシピを見直して、処分することにした。
「懐かしさ」だけで場所ふさぎの物を取っておくのは、残りの人生を軽やかにするためには意味がないように思える。
ノートが8冊。
ポケットファイルが9〜13まであるから、5冊。
目次ノートと照らし合わせつつ、思いきってざっくり処分する。

最初の一冊は、記念に取っておくことにして、あとは必要なければ捨てることに。
オレンジページの切り抜き、
ひとりでできるもん、や、金子信雄の楽しい夕食を書き取った物、
大地を守る会のパンフレット
きょうの料理のテキストをきりとったもの、
……と、年を追うごとに内容が変わってきている。
この中で、定番になったレシピは数えるほど。
焼き肉サラダとか、牛肉とレタスのオイスターソース炒め、など。
あとは、一度も作ったことがないものの方が多い。
今ならネット検索でレシピがごまんと見られるが、昔は本を買うか、自分で集めるかしかなかった。
料理が苦手な私は、いざというときに食材に合わせて何か作れるように準備をしておくことで、8割方安心できたのだろう。
でも、料理自体は、結局物にならなかった。
それは、あまりにも夫と好みが違いすぎた。
それは今でも変わらない。
ただ当時は、夫のためにと思えば思うほど、喜んでもらえずに苦しい思いをしていた。
今は、もうどうでも良くなった。自分がおいしければそれでいい。

食べることは、生命を維持できればそれでいいと思っている。
もう、誰かのためとか、そんなのはやめた。
自分がおいしくて、健康でいられればそれでいい。

誰かのために、は、もう疲れた。
ラベル:こもごも2019-
posted by きるしゅ at 14:49| Comment(0) | 日常1810〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

188円

こどものみらい古本募金の募金額。
14冊で、これだけか。
なんだか申し訳ないなあ。
自分でゴミに出した方がいいのかなあ。
でも、募金にならなかった本がどこかで役に立てばと思うから送っているのだけれど。
どうしたものだろう。
ラベル:こもごも2019-
posted by きるしゅ at 14:51| Comment(0) | 日常1810〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緒方貞子さん

今日の訃報。92歳。
八千草さんに続き、お手本となる女性がまた一人、旅立たれた。
合掌。
ラベル:こもごも2019-
posted by きるしゅ at 14:49| Comment(0) | 日常1810〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

読書週間

文化の日を挟んで2週間。10/27〜11/9が読書週間だそうだ。
一応私の趣味のひとつは「読書」なのだが、この時期は、音楽活動が忙しいので、なかなか気持ちが本に向かわない。
前々から、神田古本まつりに行ってみたいのだが、ちょっと無理。
せめて、ゴールデンウィークにやっている古本祭り(祭りじゃないかも/汗)には行ってみようと思ったりするのだが、実行に移せないでいる。
そうだ。
来年からは、ちゃんと計画を立てて、ゴールデンウィークに行くか、秋の古本まつりは終わってしまったとしても、自分なりの読書週間を設けて、どっぷり本に浸るとか、やってみたいなあ。でも、12月に音楽活動があるとしたらそれは無理そう。
と書きつつ調べたら、ゴールデンウィークではなくて、春の古本まつりだった。
そうだ、桜の時期は、私にとってはまだ寒くて、出かけるモードになっていないのだったorz
でも、「やりたいことをやる」活動の一環として、実現させたい。
少しずつ、やりたいこと、やっていこう。

追記:
そうそう、自分なりに本を楽しめればいいのだ。
前から思っているのは、地元の図書館巡り。市内と近隣の図書館を訪ねるとか、本屋さんをのぞくとか。
楽しみ方は色々あると思う。
ラベル:本2019
posted by きるしゅ at 17:35| Comment(0) | 日常1810〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

八千草薫さん

88才。なくなったそう。膵臓がん→肝がんとのこと。
ラベル:こもごも2019-
posted by きるしゅ at 15:45| Comment(0) | 日常1810〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月25日

TPOってなんだろう

即位礼正殿の儀の際の、安○昭恵さんの服装が物議を醸している。
ベルのように広がった袖で、膝丈のデイドレス(ワンピース)。
参列者の最前列に座っているので、足が丸見えだし、立った時にも、居並ぶ要人の中で、浮いているように見えた。
服装に無頓着な私でも違和感を覚えたので、炎上もやむを得まい。

参列者のドレスコードには反していないらしい。
デイドレスでいいのだから、あえて失礼なことをしているわけでもない。
まわりに合わせてと言っても、みんなと相談するわけにも行かないだろうし、「常識」が問われる場面ではある。

中学生の「校則違反ではないが、違反すれすれ」みたいな感じにも見える。
あるいは、あまりにも寒いから、暑いからなどや、体調の理由で、そうなってしまうのも致し方ない、とかもある。
でも、それは彼女には当てはまらない。

自分が心地よい服。
相手や周りに失礼でない服。もっと言えば、相手や周りから好感を持ってもらえる服。
その兼ね合いで、服は選ぶものなのだろう。
私の場合、心地よい服と好感を持ってもらえる服の差が、たぶん大きいと思う。
好感を持ってもらえる服で、心地よい服は、なかなか難しい。
だから、せめて失礼でない服、は用意しようと思っている。

ようするに、結婚式と葬式は、別にして、普段の服とお出かけの服、セミフォーマルの服の差が、あまりないようにしておけばいいのだ。
急によそ行きの服を着るのは落ち着かないので、普段からそれなりのきちんと(きれいめ?)な服になれておく必要もある。
そのくらいで、私の場合はいいのかもしれない。

でもさあ、個人的には、私が首相夫人だったら、あれは着ないよなあ。やっぱり。
ラベル:こもごも2019-
posted by きるしゅ at 13:20| Comment(0) | 日常1810〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和紅茶はダージリンファーストフラッシュと心得よ?

以前飲んだ「べにふうき」はそうは思わなかったのだが、始めて飲んだ、知覧のお茶で作った和紅茶は、高い湯温で入れるとものすごく渋い。
一度失敗して、これ、何かに似ているなと思いだしたのが、ダージリンファーストフラッシュ。
あらためてパッケージを見たら、80〜90度で入れるとある。
翌日、少し冷ましたお湯で入れたら、まあおいしいこと。
和紅茶でも、色々だ。
昔の私なら、後者が好き、と思っただろうが、今は、べにふうきの方がいい。
年々、渋みが苦手になっている。
ラベル:こもごも2019-
posted by きるしゅ at 12:47| Comment(0) | 日常1810〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする