[PR] SEO対策 いちご・いちえ: PS2版DQ8(1周目)

2005年02月28日

(4)やっぱりデビルクラッシャー

昨日作りかけた不思議なタンバリンが、やっとできあがりました。
通常戦で、試してみましたが、こんなにすごいアイテムだとは、びっくりです。
もっと、早く手に入れたかったわ。


竜の試練に行くには、ちょっと自信がないので、
モンスター討伐リストの「???」を埋めていこうとしています。
海とマイエラ地方でひとつふたつ、???があるので、まずはそれを目標にしましょう。
少し戦って、どちらも???が消え、全部埋まりました。

さて次は、どこへ行って戦おうかな、と調べると・・・・
おや、あとは、天の祭壇しか残っていません。
他の地域は、全部、戦い尽くしちゃったらしいです。
これでは、トロデ王から、デビルクラッシャーの称号をいただくはずですね(^^;)


全部討伐したら、「あれ[ゴスペルリング]」がもらえるとのうわさを聞きました。
あれ、ですか???(笑)
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | PS2版DQ8(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月01日

(5)お墓の秘密

竜の試練(第一戦・[深紅]の竜)を受けに行きました。

プレイヤー、○○王のテンションためが、かなりお好みです。
ククールは、○○王と美形対決を、などと言っていましたが、
この対決は、○○王に一票!
すみません、この間、ククールがいいと言ったばかりなのに。やっぱり、浮気者だわ。
言い訳がましいですが、もともと、イシュマウリさんとか、ああいう系統が好きなんですよ。だから・・・って、誰に言い訳しているんでしょうね。

試練を受け、合格するとごほうびがもらえます。
迷って、迷って、血迷って(笑)、[竜神のよろい]なんかもらっちゃいました。
[錬金釜]の方が良かったかな。[チームモンスター]にすれば良かったかな。
ちょっぴり、後悔(^^;)

竜神族の里へ来たついでに、お墓参りをしようと母上の墓前へ足を運びます。
私の勝手な想像で、「裏ボスを倒したら、二つのお墓が並ぶ」なんてことがあったらうれしいな、とひそかに思っていたのですが、お墓のエピソードは、それと当たらずとも遠からず、といった感じです。

おじいちゃん、あんたは偉い。
なんだか、とってもうれしかった。感動の物語。
エルトリオのお墓を見て、とても悲しく思っていたのだけれど、これで彼のお墓参りも、穏やかな気持ちでできそうです。
ククールは、墓なんて、残されたものが満足するためにあるのだ、と言いますが、たぶん、そうだと思います。いいんです、それで。
おじいちゃんも、エイトも、たぶん、それで少しはいやされるんですから。
私も、花を手向けたい。

ところで、レベルアップとスキルの種の補充で、エイトとククールが
ジゴスパークを覚えました。とても、心強いです。
さっそく二人に、こればかり、やらせていますが、やりすぎは禁物。
また、ほれぼれしたら(しかも、二人一緒ですよ)大変ですから。
ククールのジゴスパークは、手を切るんじゃないかと、ちょっと心配です。
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | PS2版DQ8(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月02日

(6)便利なお釜

竜の試練は、第二戦([深緑]の竜)を経て、第三戦([白銀]の竜)まで進みました。

かなりつらい戦いです。
痛恨の一撃の嵐で、ザオリクが追いつきません。
ザオリクを唱えられるのは、ククールだけなのです。
彼が倒れてしまうと、本当に困るのです。

今回、ヤンガスに、メガザルをしてもらって、みんなが助かったのに、彼を復活させてあげられなかったのが、心残りで・・・ごめんなさい。
このごろ、ヤンガスが、あまり強く感じられないのです。
ククールが、強くなってきたからでしょうか。
ヤンガスは最初から仲間だったから、疲れてきたのでしょうか。
がんばれ、ヤンガス!

第一戦で、ちょっぴり後悔したので、ごほうび選びは、慎重になります。
考えた末、第二戦で[チームモンスター]、第三戦で、[錬金釜バージョンアップ]、となりました。
ごほうびに、[お釜]を選んだら、システムだけでなく、デザインも変わって、びっくり(^o^)トロデ王が、とんてんかん、やらなくても、変わるんじゃない(笑)○○王が、とんてんかん、やっている姿を想像したら、なんか、おかしかったです。

第四戦は、もう少しレベルを上げないと無理そうです。
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | PS2版DQ8(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月03日

(7)最高級ブーメラン

お釜が便利になったので、試しに、メタルウィングを作ってみました。
最高級品だけあって、形も良いし、美しいわ。
もともと、うちのエイトはブーメラン使いだったのです。
なんだか、とても懐かしい(*^_^*)
この人の背中を見つめていると、出生の秘密を含めて、
あらためて、彼が背負うものの大きさを感じてしまって、胸がきゅうぅっとなってしまいます。

しかし、現実問題として、竜の試練を終えるまでは、「ヤリ」が必要なのです。
というわけで、メタルウィングは、見ただけで(セーブせず)、おしまいです。

竜の試練、第四戦[黄金]の竜は、装備、持ち物、並び順を見直してのぞみ、全員無事で、クリアしました。
それにしても、どうして、いつも最初に、○○王と戦わないといけないのかしら。
ちょっと、面倒なんですけど(-_-;)
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | PS2版DQ8(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月04日

(8)もう「ふたつ」のエンディング

時折、吹雪のように雪が降りしきる日。外出もせず。
こんな日は、DQ日和です。
竜の試練に、少し飽きてきたので、気分を変えて、
ラスボスでも倒しに行きましょう。
エンディングをどうするかは、決めずに・・・。

レベルが上がっているし、タンバリンもあるので、さっさとやっつけられるかと思っていたのに、意外と時間がかかります。
祈らないといけないのが、時間のロスのような気がします。
なんだかんだで、20分以上、かかってしまいました。

で、そのあとがまた、長いのです。
しかも、懸案の、「クラ○○ス王にアレを見せるか、見せないか」。
通常エンディングと同じく、エイトにけしかけているのは、ククールです。
こいつ、私の気持ちを、全然考えていませんね(当たり前)。

法皇の館のバルコニーにたたずむ王様に、話しかけたものの、
「ア○○゛ン○○○゛を見せますか?」の問いには、やっぱり「いいえ」を選んでしまいました。
あとは、見たことがあるのと同じ筋書き。
(ちょっとだけ、会話に矛盾がありますが)

はねペンの、The Endを見たけれど、なぜか、満たされません。

どうせ、「この人」を連れ帰ってきてしまうのなら、制作者が作ったものは、きちんと見届けなくてはならないでしょうか。
外は、相変わらず、雪が舞っています。
こんな日は、やっぱりDQ日和。

もう一度、あのふとっちょさん(ラスボス)と対戦(我ながら、良くやるな)。
で、クラ○○ス王の前、です。

はい。
いいえ。

プレイヤー、どきどきです。なんだか、娘を嫁に出す心境です。
(息子を婿に出す、というべきか・・・)
はい、を選んで、とうとう、見てしまいました。
エイトと、あの人が・・・・・!

これが、真のエンディング?
いいえ、やはり私は、これを「真」と呼ぶわけにはまいりません。
でも、エイトが幸せになれるなら、それでも・・・・うお〜〜〜ん。
(勝手に、泣かせておいてください)
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | PS2版DQ8(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月11日

(9)錬金いろいろ

お釜にポンっ!すると、即座にできあがるのは、「夢」ではありましたが、こう、いとも簡単にものが完成してしまうと、少々拍子抜けがするものであります。

メタルキングさまから、スライムのかんむりを頂戴しました。
かつて、山小屋の井戸でもらったスライムのかんむりは、「メタルキングのよろい」の錬金に使ったので、今度は剣を作りましょう。
「はぐれメタルの剣」ができあがり、ククールに持ってもらいます。

あとは、錬金レシピを増やすのが目的で、いろいろとお釜に放り込みます。

■できたもの■

しあわせのくつ
これこそ、本当は、通常クリア前にあったら、とても便利だったろうに、と思います。
でも、当時は、材料となる「しあわせのぼうし」の方が、必要だったのです。
うーむ、難しい選択です。

エロスの弓
うちのククールは、弓使いではないので、弓のレシピは興味がなかったのですが、材料もあることだし、作ってみました。
色がとてもカワイイです。ククールより、神秘のビスチェ装備のゼシカに持たせてみたい。
エロス、というと、違う方の意味が先に浮かんでしまうのですけれど(>_<)
この弓の形状からすると、エロス=キューピッド、ですね。
よかった・・・って、なんですか、もう(笑)

オーディーンボウ
ひとしきり、エロスの弓で遊んだあと、これを作るために、ビッグボウガンを購入。
こうなると、「レシピのための錬金」です。
三本の矢、ならぬ、三つの弓をお釜に入れて、はい、立派な弓のできあがり。
弓を引くククールは、文句なしにかっこいいです。
制作者の意図としては、やっぱり彼は、弓使いなのでしょうか。
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | PS2版DQ8(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(10)エイトとククール

レベル上げと言えば、例の場所。
スライム族が相手ならば、最高の力を出さなくても、なんとかなるので、エイトに剣、ククールに弓を持たせるなどして、ビジュアルを楽しんでいます。
でも、ヤリ(エイト)と剣(ククール)の組み合わせを長く見てきたせいか、なんだか、しっくり来ないのです。
いつもの二人ではないような感じがします。
戦闘終了時に、武器をしまう動作も、ばらばらで、つまらない。
ヤリと剣だと、タイミングが、ピッタリで、いかにも「息があった仲間」といったふうで、見ていて、気持ちがいいのです。
「二人とも剣」もやってみましたが、同じ剣なのにしまう位置が違うので、これまた、そろって見えないのです。

ところで、どうして、主人公は剣を背負っているんだろう。
ククールは、腰なのに。
ひょっとして、これは、身長差が原因ですか?
ええっ、そ、そんなことないですよね。
いくら、エイトが小柄でも、腰に剣を差すと引きずってしまうなんてことは・・・。
(ああ、言ってしまった。彼を傷つけるつもりはないんですが)
逆に、ククールが剣を背負っているのも、似合わなそうです。
というか、剣を背負うには、髪がじゃま?
いや、佐々木小次郎みたいなのもいることだし?
もっと、高い位置で髪をくくれば?
すみません。私が絵が描けなくて良かったのか、悪かったのか。
佐々木小次郎風ククールを、想像してしまいました。やっぱりヘンかしら。
どなたか、描いてください(笑)

2008-05-31 補足
私のお願いに答えてくれたのは、chikoさんでした。とてもうれしかったです。
当時は、HPに飾らせていただきました。
今はブログということもあり、諸々の理由でアップしませんが、その絵は今も、大切にしまってあります。自分では、まったく絵が描けないので、自分の思いが具現化されるのは、本当に夢、なのです。
ありがとうございました。
posted by きるしゅ at 01:00| Comment(0) | PS2版DQ8(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月14日

(11)美形対決

第5戦の[黒鉄]の竜に歯が立たない、と嘆いたら、「天使(みわく)の眼差しが効くよ」と、アドバイスをいただきました。
そういえば、ククールが、○○王とは「美形対決をしなくては」と言っていたのを思い出しました。「竜」だけでなく、「王」にもやってみよう!

[黒鉄]の竜は、三回連続攻撃をしてくるので、もしかしたら、まだ力不足かもしれない。
今回は、とりあえず、美形対決(笑)だけを目標にして挑みました。
他のメンバーも攻撃しますが、主力はククールの「みわくの眼差し」。
スーパーハイテンションまで上がりますようにーーーーー!っと来ましたよ。
○○王に、641のダメージですって(笑)
なかなか、頑張ってくれました。カリスマくん。

○○王を倒して、いよいよ[黒鉄]の竜。ダメでもともと、の覚悟で臨みましたが、なんとなくいけそうな手応えもあり。ガンバリマス。
が、ジゴスパークも、ギガデインも、おっさん呼びも、ピンクタイフーンも、グランドクロスも効きません。ククールの眼差し以外、普通に叩くしか、ないのでしょうか。
ドラゴンスレイヤーを用意したものの、使える人がゼシカしかいなくて(^^;)
こうなったら、ククールだけが頼りです。
後半、少しあやうくなったけれど、なんとか勝利を勝ち取りました。

ごほうびは、「かぶと」をもらいました。
これで、竜神シリーズの防具が、全部そろったのだけれど、装備してみたら、エイトがいない!(笑)なんか、「知らない人」が参戦しているんですよぅ(>_<)
そんなわけで、通常戦では、他の防具を身につけることにしました。
エイトは、やっぱり、バンダナと、ひらひらの服でなきゃ。
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | PS2版DQ8(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(12)小さなメダル集め完了

最後の一枚が、なかなか見つからずにいたのですが、フラフラ歩いていたフィールドに、取り残しの宝箱を発見。鍵もかかっていないので、期待もせずに開けたらば、な、なんと、小さなメダルが。
わぁー、わぁー、奇跡だわ!

すぐさま、王女様の所へお届けします。
最後のごほうび、破壊の鉄球をいただいて、一同感無量。

ヤンガスは、「冒険者として一人前になった気がする」と喜び、
ゼシカは、「自分たちも貴重な物をいただけて、王女様も喜んでくれたのだからお互いに良かった」とほっとした様子。
ところが、ククールと来たら、
[「・・・あれ?おかしいな?メダル集めが終わった今 オレにベタぼれのお姫様がこの胸に飛び込んでくるはずなんだが・・・・」]。どこまで、おめでたい奴なんでしょう(^^;)
ゼシカに「なに都合のいい妄想をタレ流してんのよ!」と、つっこまれていましたけど。

もう、ゲームとしても最終盤を迎えているので、あまりおもしろい会話や、たたかいのきろくの王様のお言葉もなくなっているのかな、と思っているのですが、まだ、もう少しは、笑わせてもらえるでしょうか。

小さなメダル集めは、いつもムキになって集めるのですが、今回は、自然に集まって行ったように思います。メダル集めが終わると、「とうとう終わりに近づいてきたな」と、ちょっぴり寂しい気持ちになるのです。
posted by きるしゅ at 01:00| Comment(0) | PS2版DQ8(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

(13)最後のごほうび

レベル:エイト64 ヤンガス65 ククール63 ゼシカ61

残されたごほうび「[竜神のつるぎ]」をいただきに行きました。
[聖なる巨竜]は、[かがやく息]と[わしづかみ]で攻めてきます。
[わしづかみ]は、つかまれる、というよりも、頭をぐりぐりされるようで、ヘンな感じです。
一度ゼシカがザオリクのお世話になったけれど、他はなんとか持ちこたえました。ヤンガスが、スーパーハイテンションになって、これはすごいぞ!と思ったら、その前のククールの攻撃で終わってしまい、なにやら残念。

○○王からは、これで終わりのようなことを言われたけれど、まだあるのですよね?
モンスターリストをコンプしたら、アレがもらえる、という話・・・。
あと一匹、でしょうか。

ところで、もらったごほうびは、今のところ、宝の持ちぐされ。
エイトは、剣が使えない。もらった剣は、ククールは持てない。
ククールが使っている、はぐれメタルの剣ともらった剣を錬金してしまったら、ククールは使えなくなってしまう。

タンスの肥やし、ならぬ、袋の肥やしです。
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | PS2版DQ8(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする