[PR] SEO対策 いちご・いちえ: PS2版DQ8(1周目)

2004年12月29日

闇のレティシア(終了)(現在Lv.40)

ちょっと様子を見てこようと、軽い気持ちで闇のレティシアに向かったのに、よもや、鳥さんと戦うことになろうとは!
なんの準備もしていなくて、焦りまくり。戦法は、お得意のたたきまくり(>_<)
レベルは十分という、妙な落ち着きぶり?で、なんとかお手合わせを終了。
昨日から、レティシアでは、ぜいぜい、しっぱなしである。

各地に残っている宝の回収をしつつ、冒険を進めている。
ライドンの塔にまだひとつ残しているのだが、あそこの複雑さには閉口しているので、少し足を踏み入れたが、結局面倒になり、やめてしまった。
レティスに頼まれたこともしないといけないので、しぶしぶ、「とまり木」へ。
と、馬車ごとわしづかみ!ひぇ〜〜〜〜〜!!神鳥の巣へ連行された。

人質(卵質?)の番をしているボス戦は、思ったより苦戦。
ゼシカがやられてしまい、ククール、初のザオリク。
ずっとプレイしてきて、初めてククールがかっこよく見えた(^^;)
やっとのことでやっつけたら、たまごが・・・たまごが・・・・

「8」をやっていて思うのは、「ひとつの大きな仕事をしたあと、新しい展開が見えて来るにもかかわらず、気持ちがすっきりせずに、どよ〜んとするのは、なぜ?」。このたびも、空が飛べるようになったのに、背中に重しをつけられたような気分。
多かれ少なかれ、どのシリーズも、任務を背負って冒険するパターンなのだから、似たようなものなのだけれど、「8」の荷は、心には重すぎる。

話は少しそれるが・・・
少し前にDVDで見た「戦場のピアニスト」。
ナチスの残虐性を、これでもか、というほど見せつけられて、耐え難くなり、途中で見るのをやめようかと何度も思ったが、がまんして見続けて2時間(以上?)。
やっと映し出された、管弦楽との共演は、エンドロール。
あの耐えた2時間は、この数分のエンドロールのためだったのか、と。
やっと納得したけれど、DQ8のクリア場面にも、それがあるのだろうか?

[神鳥のたましい]を手にして、大空を飛べるようになった。
こんなにすばらしいグラフィックであることや、飛行のリアル感は感動ものだけれど、それ以上に「どよ〜〜〜ん」は大きいのだ。
私の中の何かが、「ここで立ち止まれ」と命令しているのか。
(道草を食えと?・・・・ちゃうちゃう)
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | PS2版DQ8(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月30日

闇のレティシアのあと〜三角谷(現在Lv.40)

翼を得たものの、プレイヤーの気持ちは、まだ、どよ〜ん、としていた。
DQは「もうひとつの人生」だと、DQプレイヤーへ100の質問で回答したが、もうひとつの人生と、本来の人生が重なりすぎたときは、心の置き所がなくなるのかもしれない。
たかがゲーム、されどゲーム。
好きなゲームであるからこそ、こんなことも起きるのだと思うが、
一日、いろいろ考えあぐねて、夜遅くなって、やっと電源を入れてみた。

今まで、行けなかったところへ行ってみよう。
ということで、法皇さまのところへ。またククールの兄を見かけたり、法皇に話を聞いたり。
「岩山に囲まれたふしぎな村」を探すことにした。

ここでなぜか、ふと、ルイネロさんを思い出す。なぜ、今、ルイネロ?
そう言えば、「困ったときには来るように」とか、昔言われたような気がするが、全然訪ねていなかった。せっかくだから、行ってみると、行くべき所を示してくれた。

着いたところは「三角谷」。エルフとまものと、人間が暮らす村。
ここで[チェルス]の名を再び聞くとは思っていなかった。
そして、ラジュさんから託されたものの中に[暗黒大樹の葉]。
もしかして、これがラスボスの居場所?
今の段階で、こんなものもらっちゃっていいのだろうか。
なんだか、話の途中が抜けている気がするが?

ところで、三角谷。トロデファンにとってはたまりませんなあ。
トロデもうれしそうだし、タルの投げ方もユニークだし。
むふふふふっ。トロデファンは、「めざせ三角谷!」です。

途中、宿に泊まったら、ミーティアが夢枕に。
飛べるようになったことを彼女も喜んでいるようで、「小さい頃、『鳥』(とり)になりたかったの、云々」と言ったのを、私は「『馬』(うま)になりたかったの」と、一瞬、読み違えた。
あんた、今、馬じゃん・・・・(-_-;)ああ、私って意地悪。やっぱり、彼女に対しては「あれ」以来、メラゾーマなのだ(>_<)
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | PS2版DQ8(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月31日

三角谷〜 その1(現在Lv.40)

三角谷でもらったものにより、「悪」の居場所がわかるようになったらしい。地図を見ると、確かに見慣れないマークが付いている。
そこをめざして、飛んでいくと、あれ?今度は違うところに移動している。
空中で、それらしき物体を目撃し追いかけるが、見失ってしまう。
ひょっとして、空中戦になるのかな、などと思いながらも、追うのはここまで。

昨日も思ったのだけれど、他に何か先にしなくてはいけないのだろうか、と不安になり、またルイネロさんを訪ねる。(クセになってしまった)すると、「やるべきこと」は間違っていないようだ。
ということは、あれを追わないといけないのかなあ。なんか、疲れるなあ〜。
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | PS2版DQ8(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月02日

三角谷〜 その2(現在Lv.40)

「追うべきもの」があるものの、なんだか、そのパワーがなく、みちくさを決め込む。

カジノでまた、キングスライムがそろい、コインが増えてほくほく。

空から偵察しているうちに、ふと、モリーさんの所へ行ってみたくなり、ランクSに挑戦。
対戦相手のオーナーは、おお、なつかしの[トルネコ]さんと、[ライアン]さん。
きゃ〜、サインして〜〜〜〜(^o^)お二人とも好きなキャラなのだ。
最終戦でモリーさんに負けてしまったが、後日、再挑戦でまた、前述のお二人に会えるのは、うれしい限りである。

★ひそかなマイブーム
主要メンバー以外で、好きなキャラ。
今、気になっているのは、ラパンハウス「んなーっ」のカラッチさん。
出会ったときから、お気に入りのキャラの部類だったのだけれど、先日、突然気になり始めて、ラパンハウスへ通っている。
行ったところで、会話が変わるわけではないのだが、ほのぼのと、あったかそうな人柄と、あったかそうなヒョウ柄のももひき ボトムス(笑)
どうしてか、わからないが、気になる、気になる。
そう、恋に理由はいらない。この浮気者!って、違う違う(^^;)

2008-05-16 補足
そうえいば、三大サブキャラ、というのが自分の中にありました。
イシュマウリ、カラッチ、メディばあさん。
今、思うに、メディばあさんは、ちょっとだけ、ピナコ・ロックベルを思わせるところがあるような気がする。
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | PS2版DQ8(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月03日

三角谷〜(追跡)→法皇の館〜(煉獄島)〜聖地ゴルド(現在 Lv.42)

今日もカジノからスタート。チビチビと儲けたあと、フラフラと飛ぶ。

スライム属がたくさんいるところの宝箱が気になっていて、出かける。
すると、はぐれくんたちがぞろぞろ。おかげでレベルアップ。

そろそろ本筋に戻ろう、と、ひたすら、追う、追う、追う。(空バージョン)

一気に、たくさんの体験をしてしまった。
一度にボス戦2つもやってしまって、ぐったり。
それにしても、自分たちが何かするたびに、色々なものが壊れていくのは、本当に疲れる。最終的に、世界を救うのだろうけど、ため息ものだ。(しかし、実際に戦ったのは、にこにこバトルだんも・・・。)

ところで、マルチェロは、どうなるのだろう。ククールの心情を考えると、胸が痛む。あの子供時代の回想シーンを、「もう一度見せてくれないところが」にくいのう。

しかし、マルチェロが手渡してくれたものが、直接袋に入っているのは味気ない。ククールにしっかり渡してやって欲しかった。それとも、ククールが受け取ったあと、袋に入れたのか?いや、その前後の言動からしたら、もらってすぐさま袋に入れるような
ククールではないだろう。いや、みんなの手前、心の中でそれを握りしめつつも、平静を装いつつ、袋へポイ?・・・・おお、きりがない(^^;)めずらしく、ククールに肩入れしているプレイヤーなのであった。(いつもの罪滅ぼし?)

はっと気づいて、犬をやっつけた報告をしに、グラッドさんの所へ。
やっと「草」が手に入り、すかさず、錬金釜に放り込んだ。
赤いローブを作るの、忘れそうだったよ。

宿屋では、またミーティアが夢枕に。
[婚約者のチャゴスがエイトみたいな男の人だったらよかったのにな・・・]。
うぐぐぐ、姫さま。わたしゃ、あなたにメラゾーマの他に、イオナズンもかけなければいけなくなりますよ。


2008-05-17 補足
兄貴の指輪ですけれども。ククールが素直に身につけるまでには、たぶん、時間がかかるのではないかと思うのです。
特にみんなの前では、装備しているのを悟られたくない、というか。
でも、宿屋のベッドでひとりでいるとき(他のみんなはごはん食べにいってる、とか)に、取り出してながめていると思う。
それとか、ひとりで飲みに出かけるときには、ポケットに突っ込んで行ってると思う・・・って、なんで、ククだけ、ひとりなのよ(笑)
たまたま、身につけているところを、仲間に見られた日には、
「エイト、お前にやるよ」か、なんか言って、ポイッと、なげてよこしたり。
「アッシにも、貸して欲しいでがす」とヤンガスが借りてみたものの、彼の指には入らなかったり。
ゼシカさんは、「二階からイヤミ」の指輪なんか、と思うところだけれど、今となっては、さすがにそれは言えなくて、ちょっと借りてみたり。でも、大きすぎてだめよね、たぶん。「自分の物は、自分でちゃんと管理しときなさいよ」と、強引に突き返して、結局ククールの手に。やはり、持つべき人は、一人しかいないのです。

でも、1周目のククは、あまり強くなかったので・・・
専任で、タンバリン係をしていた時期には、攻撃力+10のこれは、エイトが装備していたこともありました(^^;)
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | PS2版DQ8(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月04日

暗黒魔城都市(少しだけ)(現在Lv.42)

とりあえず、行ってみた。ブキミで、魔物も強い。
まずは、地図ゲット。あとは、本棚調べをして、帰ってきた。
あのまま突進して、すぐにラプサンスーチョン(は、紅茶の名前だ/笑)がいるとは思えない。

ラプサンスーチョン
・・・・中国の紅茶で独特のスモーキーな香りがする。「正露丸の香り」と表現する人もいるほどの、インパクトがある紅茶。

各地の様子を調べてみようと、うろうろした結果、手に入れたもの。
ドラゴンのメモ、怒りの鉄球(借り物)。

ゲルダさんとヤンガスは、いい感じなんだけどなあ。お互い、素直じゃないね。
頑張れ、ヤンガス!!でも、尻に敷かれるタイプだな(^^;)

サザンビークへ行ったら、バザーが終わっていた。そして、大臣一家がゆくえ知れず。
鏡の前に立ったら、どこだかわからないところへ。
今、これをやっていいのかな、と思いつつ、やるつもり。

一方、素直すぎる姫さま。今日も言ってくれました。
[世界が平和になってものろいが解けなかったら、エイトと二人で旅に出たいな。お馬さんのままだと、たとえ婚約者がいたって、もうお嫁に行けないんだから]。
馬のままかもしれないって言うのに、妙にうれしそうに言ってますよ(>_<)

プレイヤー:ためる→ためる→メラゾーマ!

昨日から、ククールとマルチェロの関係が、ものすごーく気になっている。ククールの兄への思いは大きいよね。あのせりふ[・・・また何かしでかす気なら何度だって止めてやる]だもの。本当に嫌いなやつには、そんなことは言わない。
あれ以後、ククールは、少し穏やかになったように思うけど、気のせい?
サザンビーク城では、それまでのククールらしからぬセリフを言うし。少し丸くなったかね?

2008-05-18 補足
再録をアップしながら、自分でも中身を振り返っているわけですが。
姫さまが、何か言うたびに、やっぱりメラゾーマなのです(^^;)
なんでしょうね、これ。当時の気持ちに、戻っちゃうみたい。
3周目をする予定はありませんが、やらないほうが身のためだと思います(笑)
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | PS2版DQ8(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月05日

暗黒魔城都市(少しだけ その2)トロルの迷宮(現在Lv.42)

昨日の続きで、大臣の家の鏡台から不思議な場所(トロルの迷宮)へ。
危うく料理されそうな大臣たちを助けたら、種やら木の実やらをお礼にもらった。

できあがった紅蓮のローブを手に、パルミドへ行く。
おおおやぶんの盾をもらった。
ククール、何気なく、マルチェロを探している様子。ううっ、切ない兄弟愛。

小さなメダルのごほうびにもらった[あぶないビスチェ]。
おお、こりゃ、危ない!!(笑)
ええっ、守備力少ないですからね、ね、ね、あぶないよ〜〜(^^;)
ッて言いながら、錬金釜へ放り込む前に、しっかりお姉さんを拝んでみたりして。
あ、べ、べつにそーゆー趣味があるわけではないんですよっ、なぜか、焦りまくり(笑)

暗黒魔城都市も、少し進めた。やたらにタルがある部屋で、かたっぱしからタルを壊す。あれだけあると、けっこう疲れるな。
どこにおるのだ、ラプサンスーチョン。(だから、それは紅茶だってばっ!)
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | PS2版DQ8(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月06日

暗黒魔城都市(少しだけ その3)(現在Lv.42)

ボス戦をする意欲はないので、とりあえず、少し奥まで行ってみようと、先へ進む。
切り替えポイントのようなものの二つめを動かして、もう少し進んだところで、錬金釜がチ〜ンと鳴った。
で、いそいそと、帰ってきてしまった(^^;)
神秘のビスチェのできあがり。

暗黒魔城都市では、「にこにこバトルだん」ばかり呼び出していて、自分たちは、ほとんど戦っていない。戦っても、おじさんたち・・・?
オート戦闘でも、ヤンガスは、おっさん呼びをしてくれる。
よそ見をしながら、コントローラを操作していると、画面にいきなり、おっさんたちがいて、びっくりすることがある(笑)

まだまだ、会いたくない、『正山小種』(漢字で書いてみた。ラプサンスーチョン)。

2008-05-20 補足
ヤンガスのおっさん呼びは、ずいぶん役に立ちました。
どこからともなく、おっさんたちが、わらわらとやってくるのはすごい!
どうすごいのかは、まあ、いろいろです(笑)
トロデが参戦しているのも、お気に入りでした。
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | PS2版DQ8(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月07日

モンスターバトルロードランクS(現在Lv.42)

今日は、時間確保が難しいため、少しみちくさと、バトルロードに三度目の挑戦。
「アポロン、ギーガ、リー」で、やっとこさ、勝ち抜いてチャンピオンに。
賞品は[ドラゴンローブ]。
対戦を終え、階段を上がったら、おおーーーーーーー!
あなたは、トルネコさんっ!!
あなたとお話しできるなんて、この上ない喜びでございますよ。
ドキドキ、話しかける。握手する。サインをもらう。(あとの二つは、妄想)
トルネコさんがいるってことは、ライアンさんもどちらかにいらっしゃる?
会場へ戻ってみると、いました、いました。
で、こちらも、話しかける。握手する。サインをもらう。ホイミンさんにも、よろしくねぇ(^o^)

電源を切ってからも、にた〜〜〜〜〜っとしているプレイヤー。
DQ4(FC版)「導かれし者たち」は、DQ3(FC版)についでプレイした作品。(私にとって2作目)
3は、DQそのものが初めてで、要領を得ないまま終えてしまったのだが、4は、DQのツボを初めて知った作品であり、登場人物も大好き。
その後の作品を合わせても、自分の中では最高傑作だと思っている。

いや〜〜〜、本当にうれしいです。
このハイテンションのまま、暗黒魔城都市へ突撃ぃ〜〜〜!(できるといいな)


番外編:ハイテンションついでに、アホ話

昨日できあがった、神秘のビスチェ。戦闘中に、お姉さんの姿を、初めて見ました。
!!!なんという・・・美しい・・・輝いてます・・・おねえさま・・・。
あぶないビスチェ・改っていう気がしないでもない(笑)

何の因果か、その姿のまま、サザンビーク近くのテントへ行ってしまった。
みんなでテントに入ったら、見れば、防具屋?と旅商人が、抱き合ってる!ありゃっ、まずいところへ入ったか(^^;)
と思ったら、私たち、魔物と間違われました。おびえていたようです。
で、そこでの仲間の会話。かなりのネタバレ、内容的にも人によっては、ええっ?という感じなので反転。

ここから----------------------------------------
ゼシカ 「小さい男の子なら、かわいらしいけど、オトナの男どうしなんて、うげーって感じよね。」
ヤンガス 「大の男がびっくりして抱き合うなんて、情けねえでがす」
ククール 「男どうしが抱き合うなんてめずらしくもなんともねーや。修道院ではもっと・・・・。いや、この話はよそう。」
・・・・・・ちょ、ちょっとククール、◇○×△※◎〜

------------------------------------------------ここまで
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | PS2版DQ8(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月08日

暗黒魔城都市(少しだけ その4)(現在Lv.43)

プレイヤーがハイテンションになったところで、一気に攻め込もうかと思ったが、小耳にはさんだことが気になって、そちらを優先。
ここに、もうひとつ、[オリハルコン]があるらしい。
しかも、あとからは、取れないという。(真偽のほどはわからないが)
これは、取っておくべきものでしょう。
そんなわけで、貴重な物探し。

この間レバーを動かして便利になったことをすっかり忘れ、
ぐるーーーーーーーーーーーーーっと、一周してしまった(^^;)

目指すべき所への偵察も、少しした。
あそこに入ってしまうと、出てこられない、ということなのかな?
次回は、いよいよ、行きましょうかね?
もう一度、トルネコさんに、握手してもらってから。(まだ、いるかな?)
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | PS2版DQ8(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする