[PR] SEO対策 いちご・いちえ: PS2版DQ8(1周目)

2004年11月30日

★はじめに★

DQ8(1周目)」は、2004年11月30日〜2005年3月22日までの、プレイ日記(再録)です。
当時、ねたばれ防止のために伏せていた事柄は、すでにねたばれ解禁とみなし、伏せることなく載せてあります。
記事アップの作業を進める中で、古い記録なので、カンリニン自身、解読不明(意味不明?)な事柄が出てくるかもしれません。
原則、当時の文章のまま、コピペしますが、あまりにも、つじつまがあわない、とか、意味不明なところは、注釈を入れる、あるいは、削除することがあります。
主人公の呼び方は、主人公、またはエイト、になっています。(本当は、違う名前でした)
つっこみどころ満載かと思われますが、どうぞ、あたたかい目で見守ってやってください。
一緒に楽しんでくださる方、大歓迎(^o^)コメントもお気軽にどうぞ。

-------------
メモ:再録作業2008-05〜06頃 (お知らせ「今さらDQ8」参照
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | PS2版DQ8(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冒険の始まり(オープニング〜Lv.7 3時間43分)

さあ、冒険に出発!
最初から、いきなり馬車が登場。
しかも、妙なオジサンが王で、馬が姫、だという。
いったい、・・・・?

最初の町、トラペッタ。
さっそく、町の中で、迷子になる。
町の地図が見られることに気づいて、ほっとしたのは、ゲーム開始一時間後。
家主の見ている前で、タルを壊すのは、気が引けるが、やっぱり壊す。
たんすを開ける。スミマセン。
空かない宝箱あり。メモメモ・・・・。

さて、水晶玉を探しに行くことになり、町の外へ。
滝の洞窟へ行ってみたが、奥へ行く勇気はなく、入り口付近と外でレベル上げ。
スキルポイントを振り分けて、ヤンガスが、口笛を覚えてくれた。
うろうろせずに、レベル上げできるのは、迷子になる心配がなく便利。
しかし、「さそうおどり」につられて踊っているうち、主人公はお亡くなりに・・・・(>_<)
残っているモンスターを、ヤンガスに「おどかしてもらって」追い払い、えっちらおっちら、
町まで戻る。
ルーラを覚えてしまいたかったので、説明書にヒントを得て、主人公のスキルポイントは、
「ゆうき」につぎ込む。おかげで、すでに、ルーラ習得。
次回は、洞くつ探検の予定。
posted by きるしゅ at 01:00| Comment(0) | PS2版DQ8(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月01日

滝の洞くつ〜リーザス村(現在Lv.8リーザス村)

滝の洞くつにて、水晶玉を探す。
ブーメランを装備したので、戦いがとても楽になった。
たいまつの明かりがあるせいか、洞くつでも、あまりこわくない。
気持ちの余裕があるので、つい、洞くつ内でもふらふら。
途中で、「戦いの記録」を見たら、トロデ王に「いつまでフラフラしとるんじゃ!」と怒られてしまった。
水晶玉を、わりとすんなりいただいき、二人ともレベルアップ。
ヤンガスは、人情スキルアップ「やさしい人」になり、ホイミを覚えた。
現在、二人しかいないのに、二人ともホイミがあるって、心強いな。

リーザス村へ向かう前に、「赤い木」の根元で拾いもの。
山の上のあらくれさんにお届けしたら、「ふつうのチーズ」をもらった。

みちすがら、スライムピアスなんか見つけちゃって、うれしいな。
ようやく、リーザス村。またまた事件が!
アルバート邸で、迷子になる(>_<) ←事件は、これではない。

★気になるメモ
・・・「季刊 冒険大王」今のところ、2冊発見。どちらも宿屋に。
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | PS2版DQ8(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月02日

リーザス村〜ポルトリンクへ(現在Lv.11 リーザス村)

東の塔へ行くことになり、ポルクが塔の扉を開けてくれるとかで、彼もついてきた。
意地悪する気は毛頭なかったのだが、ふと遠くに海が見えたので、塔に入らず、ポルトリンクへ向かうことにした。
港町に着くと、ポルクはカンカン。
ヤンガスには、「これほどまでにポルクに嫌がらせをするとはさすが」などと言われてしまうま。
しかし、おかげでレベルアップ。これこそ、「みちくさ推進委員会」の目指すところだ。

さて、戻ってきて、リーザスの塔では、思わぬところで手こずってしまった。
直進できるはずの階段が、どうしても上れない。
何か仕掛けが?隠し階段か?
しかし、ゲーム初っぱなから、それほど凝った仕掛けがあるとは思えず、何度もやり直す。
何度目かで、やっと、端の方からのぼることができた。いや〜、焦った。
あとは、レベルは十分なので、一気に上りつめ、ゼシカと対面。
そして、次にめざすは、やっと港町。ポルトリンクだ。

★気になるメモ
・・・ポルトリンクの宿屋には、「季刊 冒険大王」はなかった。がっかり。
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | PS2版DQ8(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月03日

ニュルニュル者退治〜船着き場〜マイエラ修道院〜ドニの町〜旧修道院跡地(現在Lv.14)

おわぁ〜、こうして書いてみるとすごい進み具合。
修道院へ向かう途中、力は十分、と油断していたら、全滅した(>_<)
いつの間にか、ガンガンとばしていたようで、トロデは、
「ろくに鍛えもせず、よう戦っているが危なっかしくて、見ている方はひやひや」だとのたまう。
「石橋を叩いてワタル君」と言われたのは、今は昔、だ。
その後、もう一度、全滅。すごいやつが現れた。山のテンション王!

現在のマイブームは、錬金釜。色々投入してみるものの、成功せず。
上薬草と、盗賊のカギができあがった。他にも、何か、作れるのだろうか。
バンダナと盗賊のこしみので、何かができるみたいだが、両方とも売っちゃったよ(>_<)

盗賊のカギが手に入ったので、今まであけられなかった宝箱を、開けにいった。
ヤンちゃんの「とうぞくのはな」を駆使して、取り残しのアイテムもついでにいただき。

本日手に入れた中で、一番気に入ったアイテムは、「ゼシカの普段着」。
着替えると、彼女と出会った当初の服装になる。露出度が低いので、
どうみても、こっちの方が、防御力がありそうなんだけど・・・・。

旧修道院跡の探索は、まだまだこれから。
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | PS2版DQ8(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月04日

旧修道院跡地→マイエラ修道院〜アスカンタ城(現在Lv.15)

錬金釜に、かなりはまってきた感あり。
できあがると、「チン!」となるのが、さながら電子レンジ。
こういうの、大好きなのだ。
放牧されている牛が、おいしいミルクを出してくれるのは、牧場物語のようで、またまた、ツボ。
ドラクエがあるが故、牧場物語を我慢している身には、ありがたいプレゼントである。

旧修道院跡地は、思ったよりやさしく、あっという間に、ボスさんの前。
あまり余裕はなかったが、苦戦でもなく、戦いを終える。
そのあと、重要な場面が続く。重苦しい雰囲気の中、院長のだじゃれを読んで回る。
(これがあるから、DQには救われるのだ。こわいのとか、悲惨なのは苦手なので)
長いイベントを経て、世界地図をもらい、ククールが仲間になり、地図を頼りに出発。
アスカンタ城は、遠かった。

ところで、ククールは、どうしても、DQ5の「クックルー」(仲間モンスター:クックル)を連想する名前。髪型も、心なしか、クックルみたいじゃない??前世は、きっと、クックルーだったのよ・・・と、勝手に想像。(ククールが好きな方、変なこと言ってたら、ごめんなさい、です)
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | PS2版DQ8(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月05日

アスカンタ城(→願いの丘)〜パルミド(現在Lv.19)

服喪中の城下町。お店の人たちも、元気がない。
2年間も喪に服していては、気も滅入るであろう。
城に仕えるキラの願いを聞き届けるために、ひと肌脱ぐことに。
キラの祖母の家から、丘までの道で、不覚にも迷う。
おじいさんの話をちゃんと聞いてこなかったからだ。人の話はよく聞こう。
丘では、思ったよりは迷わずに、目的の丘の上に。
(丘の地図は見つからず→後ほど発見)
謎めいた人物、イシュマウリと共に、お城に向かい、ファンタジックなイベント。
サイドストーリー的な、寄り道?は、これまた、ドラクエの楽しみ。
イシュマウリさん、すてきでした。(ヤンガス的には、ヘチマ売りさん!?)

キラの祖母の家の橋の向かい側に、「川沿いの教会」がある。
宿泊10ゴールド。もちろん、セーブもできるので、定宿にしたい。

ヤンガスの提案で、彼の故郷、パルミドに向かうことになった。
アスカンタ城の宴に出られなかったトロデ王はすねていて、「たびのきろく」を見ると、後ろ向きになって、愚痴をこぼしている。

パルミドへの途中、「湖畔の宿屋」に立ち寄り、さらに進むと、妙な建物を発見。屋上に、これまた妙な人「モリー」と出会う。どうやら、スカウト関係の人のようだ。
さらに進むと、やっとパルミドに到着。

物騒な雰囲気の町で、やっぱり、やられた。馬姫様が、さらわれた。
ん〜、もう〜、私の錬金釜 馬車を返してよ!!
ここから、南西の盗賊のアジトをめざすことになった。

その前に、モリーから渡されたメモにあった、「ロンリージョー」を探しに行く。以前、一度対戦しているので、すぐに探し当て、モリーに送り届ける。
一匹届けただけでは、何も起こらないようだ。
錬金釜をとられちゃったので、しばらくは、スカウトしなさい、ということなのだろうか。
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | PS2版DQ8(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月06日

パルミド→ゲルダのアジト〜剣士像の洞窟〜パルミド→ポルトリンク〜古代船→トロデーン城(現在Lv.22)

すさまじい勢いで、進んでいる。やりすぎだ(>_<)

女盗賊から馬車を取り返すため、「ビーナスの涙」を求めて剣士像の洞窟へ。
今までのDQにない「操作」に悪戦苦闘。像の移動は「押しでダメなら引いてみな」。
洞窟の大詰めの場所では、「み〜あ〜げてごらん夜のほ〜しを〜♪」といった感じか。
知らなかった、上を見上げられるなんて。コントローラの操作がわからず、取扱説明書を見てしまったよ(T_T)

ヤンガスの青春の苦い思い出とともに、無事、錬金釜を 馬姫様を救い出す。
次なる情報を得て、ポルトリンクから、てくてくてくてく・・・。
途中の荒野の山小屋では、人助け、いや、スラ助け。
キングスライムの王冠は、ただの王様の印ではなかったのだ。
いや〜、びっくり。
王冠を取っちゃうと、スライム8匹バラになっちゃうのね。

船を求めての旅だが、船に乗れるようになるのは、もう少し先のようだ。
トロデ王の提案で、トロデーン城へ。錬金釜が、パワーアップした。

★本日のツボ
・「とれたてチビチビ」をスカウト。
・ヤンガスの青春のメモリーと彼の男気にうるうるした。いいヤツだよ、ヤンガスは。
・呪いをかけられているトロデ王。
はやく格好良かったあのころの姿に戻りたい、と言っていたので、ちょっと期待していたのだが(^^;)本来の姿も、背格好はあまり変わらない模様。
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | PS2版DQ8(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月07日

トロデーン城(図書室)→月影の窓〜*〜モグラのアジト〜**〜メダル王女の城(現在 Lv.24)

トロデーン城図書室は、大変魅力的。錬金のレシピがどっさり。
と、ああ、またやってしもた(>_<)
あるアイテム(たぶん、シルバートレイ)があれば、錬金できたものを、私はまた、売ってしまったらしい。バンダナで、懲りているはずなのに、次は、どこで手にはいるだろう。
[12/18追記:これはどうやら、私の勘違いのようだ。なぜなら、アイテムリストに載っていないのだ。とても不思議なのだが、これを手にしたのは、幻だったらしい。うーん、謎だ。]

古代船のなぞは、少ししか解けず。しかし、また「ヘチマ売りさん」と会うことになる。
いつ見ても、すてきなお方。
そして、月影のハープを求めて、たどり着いたのは、モグラの親分さんの所。
この親分さん、まるでドラえもんの、ジャ○アンではないか。子分のモグラも迷惑している。
なのに、戦闘になったら、子分モグラは、親分の味方かい?そりゃないよ〜〜(T_T)
とにもかくにも、ハープを返してもらって、いざ船をば・・・・。

ヘチマ売り イシュマウリさんとミーティア姫のアンサンブルにて、古代船はよみがえり、
めでたく大海原へ。

★本日の感動
満月のトロデーン城。主人公、空を見上げる。なんと美しい月夜だろう。
満月が、ゆっくりと動き、時が刻一刻と過ぎていく。
(・・・おっと、このままお月見していると、月影の窓が消えてしまう!あわてて、部屋へ・・・)

★本日のツボ
・主人公は、トロデーン城の近衛兵だったらしい。姫にも一目置かれていたようで、これは、ひょっとすると、ひょっとする?(一人でニヤニヤする私)
・モリーさんの所は、バトルロード格闘場になった。チームの名前は、「にこにこバトルだん」。
強そうじゃない、と言われたが、ほんとにそうだから、反論はしません。
とりあえず、「スラリン・ジョー・ドランゴ」でクラスG突破。勝つとイイモノがもらえそうなので、錬金釜ほどではないが、たぶん、はまるであろう・・・・
ものにつられやすい、プレイヤーである。

追記:このあとクラスFに参加。「うっしー ドランゴ ヨシキィ」で勝利。なんか、すごいの(バニースーツ)をもらっちゃった。トロデ王は喜んでいるだろうが(^^;)
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | PS2版DQ8(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月08日

メダル王女の城〜ベルガラック〜闇の遺跡〜ラパンハウス(現在 Lv.25)

モグラのアジトの取り残した宝が気になりつつも、先へ行くことにした。
途中、スカウトしてみたり、関係ない陸地へ上がり、全滅してみたり。
みちくさ推進委員活動、パワー全開である。

ラパンハウスで、借り物のキラーパンサー。操作ミスで、何度取りに帰ったことか。
目指す木のある場所の少し手前でキラーパンサーがいなくなってしまったので、徒歩で探し回る。トホホ・・・(さむっ)
そこにたどり着いたとき、まさに明け方で、目的のものが見えた。やった〜!と思い、近づいたら夜が明けてしまって、消えてしまいましたとさ(T_T)
一日、待ちぼうけ・・・。
でも、ファンタジックなイベントはお好みなので、問題なし。
「キラーパンサー友の会」会員になった。

錬金は、少しずつ成果が現れている。「チン!」が鳴るのが楽しみ、楽しみ。
バトルロード、クラスEは、「うっしー ウコッケ ドランゴ」でのぞみ、優勝。
おそるべし、にこにこバトルだん!
賞品「理性のリング」をもらい、「このチームを戦闘時に呼び出せる技」を会得した。

★うっしースカウト秘話
草原を歩いていると、いつもと違う牛が見えた。あれ?新しい牛かな。
もしかして肉牛???(ホルスタインではなかったので・・・・)
わ〜い、うしだ、うし。プレイヤー、実は牛が大好き。だから、牧場物語もやりたいのだ。
うきうきして、近づいたら、ありゃ、戦闘だ(>_<)
冷静に考えたら、「肉牛」はたぶん、おいしいミルクはくれないだろう。
今やっているのが「ドラクエ」であることを、その瞬間、忘れてしまったのだった・・・(-_-;)
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | PS2版DQ8(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする