[PR] SEO対策 いちご・いちえ: DQよもやま話(16/01まで)

2008年05月13日

こんな本があったら?

食堂スライムつむり』(新刊のご案内/違)
主人公ビアンカは、おさななじみトンヌラの冒険の手助けをしたにも関わらず、彼が「お嬢様」と結婚したことにショックを受け、声を失ってしまう。
父親の住む、山奥の村へ帰ったビアンカは、食堂「スライムつむり」を開く。一日ひと組のお客を迎え、村の農産物を使って、素材を生かし、心のこもった料理を作る。そのスタイルと味は、少しずつ、評判を呼んでいった。
そして、あるころから、食堂「スライムつむり」の料理を食べると、願いが叶う、といううわさが流れるようになった。
ずっと会えなかった人に再会できる、病気やけがが治る、恋が成就する・・・。
そうした、人々のうわさは、じきに、モンスター達にも広まっていった。
そんなある日、誰かが食堂のとびらをたたいた。
ビアンカがとびらを開けると、そこには、ベビーパンサーがうずくまっていた・・・。

感動の話題作!!食堂スライムつむり(定価:1200G)
お求めは、こちらから→behozon.co.dq(買えません/笑)


-----------
食堂かた●むりを読んでいて、ふと、こんなことが頭をよぎってしまいました。
原作ファンの方、スミマセン(^^;)
posted by きるしゅ at 18:17| Comment(0) | DQよもやま話(16/01まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

天空シリーズ

今ごろ気づいた私は、かなりボケボケなのでしょうけれども、「山奥の村」は、4にも5にも、あるんですね。
地図上では、全然別の場所ですが、よくよく考えてみると、どちらも、「天空」に関わる場所。(かたや、勇者のふるさと、かたや天空のヨメさんがいる)
で、6に山奥の村って、ありましたっけ?なかったような気がするけど、ライフコッドは、存在としては、「山奥」の村かな。

6をやっていたときは、4、5とのつながりが、あるような、ないような、でもあるような、でしたが、天空シリーズでくくられているのだから、あるのは、確定。さらに、時系列が6→4→5、と聞きました。4→5は、一目瞭然ですが、6がどこにくっつくのか、今ひとつわからずにいたのです。

ああ〜、6が気になる。
5よりも、6をプレイしたいです。初リメイクですしね。
DS版、たぶん6は買うと思います。しかし、まだまだ先、でしょう。
でも、もし、時系列が645なら、その順でDS版を出してくれたら良かったのに!!
posted by きるしゅ at 12:57| Comment(0) | DQよもやま話(16/01まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

こんなこと思っていたらしい

DQ8発売前の日記。

-------------------------------------------
2004年10月05日(火)(発売まであと53日)

DQ8の予約受付のお知らせが、アマゾンや、セブンイレブンからメールで届いている。楽天広場でも、「予約しました」という人たちがたくさん。友人も、予約した、という。

新しいDQ、興味がないわけはない。
ところが、どうも、今ひとつ、乗り気になれないのだ。
どうしてだろう。
自分でも不思議に思っていた。
DQ公式サイトのDQ8のコンテンツをながめていて、そのわけが、なんとなくわかってきた。

今回から、正式に、画像が「二頭身」では、なくなる。(変な言い方だが。)
登場人物の顔やスタイルが、「はっきり」してしまうのだ。
発表されているDQ8の画像を見るとよくわかるのだが、アレが自分(主人公)で、あの人と、あの人と一緒に旅をするのか。・・・と思うと、イメージがわきそうなものなのに、あまり、旅立つ意欲をそそられない。

自分=主人公に感情移入しづらい(あれが、私?)
あの女の子と、友だちになれそうにない(-_-;)
お兄さんが、かっこよすぎる(^^;)

考えてみると、4のトルネコとか、ブライとか、7のメルビンとか、けっこうおじさん系が好きなのではないか!
8のメンバーには、おじさんは、いないのか?(笑)

そんなわけで、予約は、まだしていない。
---------------------------------------------

上の日記を書いた時点で、まさか、こんなことや、あんなことになろうとは、夢にも思いませんでした。
あの女の子と、友だちになれそうにない
・・・プレイしてみたら、すぐに誤解が解けました。
お兄さんが、かっこよすぎる
・・・ある意味、1周目で、彼とうまく行かなかったことに、通じるのかも。でも、やっぱりかっこよかった!?
自分=主人公に感情移入しづらい(あれが、私?)
・・・感情移入、って、感情。別なところに入っちゃったじゃないの(笑)
それまで、主人公=自分、のスタイルを、くずしたことがなかったので、やっぱりこれが、一番のびっくり、です。二頭身だったら、たとえ思い入れが強くても、ここまでにはならなかったと思います。
おじさん好きに関しては、トロデがカバーしてくれました。
ヤンガスも、おじさんっぽいし。でも、この人、見た目よりも、けっこう若いのでは?兄貴と同じくらいか、少し上か下か、かな、と思ってるのだけれど、どんなものでしょう。
posted by きるしゅ at 10:16| Comment(0) | DQよもやま話(16/01まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

第三の選択 ふたたび

DS版DQ5の発売日(7月17日)が決まり、あとは待つだけ、ですね。
第三の選択のなかみは、まだわからないのでしょうか。
以前ここで書いたのは「めちゃめちゃな独身説」でしたが、あれからまた、少し考えまして。
お嫁さん選びの会場(部屋)は、出て行こうとしても出られない、密室です。
花嫁候補の二人の他に、女の人は、・・・あ、メイドさんがいましたよ。
メイドさんがアヤシイと思います!
話しかけると、たしか、人をからかうもんじゃありません、ってなことを言われますが、実は内心うれしくて、もう一回話しかけると、本当にワタシでいいのですか?、なんてことになったりは?(しませんかね、やっぱり)
でも、あのメイドさん、個人的には好きなんです。
念のために書いておきますが、そのお屋敷のメイドさんは、若い人と、そうでない人がいますが、今言っているのは、そうでない人の方です。
どうする5主!!(笑)
posted by きるしゅ at 13:00| Comment(0) | DQよもやま話(16/01まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

天空烏龍茶

メイドさんが天空人、というのも、ロマンがあっていいのではないかと思います。って、まだ、昨日の続きですか?

本題、天空烏龍茶です。
だいぶ前、発売になったとき、買おうとしたのですが、お店で見つけられませんでした。
しばらく忘れていましたが、先日、出先の自動販売機で発見。
でも、その時は、飲みたくなかったし、他のお茶を持ち歩いていたので、買わなかったのです。
それ以来、近所の店で探していますが、みつからない。
ないとなると、欲しくなる。
天空シリーズファンならば、一度は飲まなくては。
posted by きるしゅ at 13:25| Comment(0) | DQよもやま話(16/01まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

ラスボスの音楽

ラスボス戦の曲は、意外と覚えていません。
聞く頻度が少ないこともあるし、口ずさめるようなメロディーでない、ということもあるかもしれません。
交響組曲のCDをたくさん聞いたものは、そちらから耳に入ってきていますが、そうでもないものも。
久しぶりに、6のCDを聞いたのですが、こんな曲、どこで流れたっけ?
というのが、ラスボス戦でした。
だいたい、6のラスボスって誰よ(笑)
ダークドレアムの印象が強くて、ラスボスさん、忘れた。
6が好き、とか言いながら、ひどいものだわ。
気の毒な6ラスボス&すぎやませんせい、ごめんなさい。
posted by きるしゅ at 13:24| Comment(0) | DQよもやま話(16/01まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

何の病気

昨日、ラスボスの話をしましたが、そういえば、前に、ラスボスの名前について、ここで書いたのです。(こちら参照
「3と5が思い出せない」とあります。ってことは、6は覚えていたらしい。
で、その時、5のラスボスを覚え直したんです。それで、6を忘れちゃったわけ?
ひとつ覚えると、ひとつ忘れてしまうって、いったい?
posted by きるしゅ at 16:22| Comment(0) | DQよもやま話(16/01まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

メディさんの家に行ってきた

DQ8の2周目に見つけた、小さな名(迷?)場面。
ずっと前にお話した、「おっさんいつの間に・・・別バージョン」を、突然もう一度見たくなり、見られそうなデータを、あたってみました。
一番適当なのが、「これからライドンの塔&ゼシカ戦」のデータ。
いやなのを、2つもやらないと、たどり着けないのか(-_-;)
しかし、メディばあさんのためなら、えんやこらっ。
頑張りました。
すでに知っているのに、やっぱり大笑い。
こういうの、大好き。メディさんも大好き。
メディさんとは、もっと長く、おつきあいしたかったです。

なお、今回じっくりと見てみたら、以前の記述は、少し間違っていました。
メモしましたので、詳細は、こちら。(もちろんネタバレ)
posted by きるしゅ at 18:12| Comment(0) | DQよもやま話(16/01まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

Slime everyday!

時々立ち寄る、ドラッグストアでは、店内で、
♪〜スマイルエブリデー(Smile everyday) くすりの福●郎
という、歌が流れています。
買い物を終え、お店を出て、帰り道、ふと口ずさむ。
♪〜スライムエブリデー くすりのふくー●ろー
あれ、ちょっと違う?
確かに、ここのところ、ずっとDQで頭がいっぱいですが。
posted by きるしゅ at 21:44| Comment(0) | DQよもやま話(16/01まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

矢印の方向

今さら、こんなことを考えるのは、どうかと思いますが。
ククールが、兄貴を思う気持ちは、ゴルド戦のあとの、長い告白で明らかだし、その後の様子からもうかがい知れますが、兄貴がどの程度、弟を思っていたのかは、ゲーム上では、はっきりとはわからない。・・・・と、ずっと思いこんでいたのですが、あの指輪の意味を、今ごろになって、ひしひしと感じています。もしも、指輪を渡さなかったとしたら、と考えると、渡したことが、どんなに重いか。
さらに、さかのぼること、そもそも、ククールが仲間になったのは、兄貴が「ここにいる我が弟、ククールを同行させてはいただけませんか?」って言ったからでした。さらっと言ってますが、弟、って。我が弟って。
マルチェロの部屋を去るとき、念のために、もう一度話を聞いたら、「ククールをどうぞよろしく」と。本気で、お払い箱にしてせいせいしていたら、言わないですよね、こんなこと。
こうしてみると、やっぱり兄貴の方が数倍、大人なのかな−。
よけいにククが、いじらしく見えてくる。
うわ〜ん(T_T)、って、何言ってるんだろう、ワタシ(^^;)
posted by きるしゅ at 15:55| Comment(0) | DQよもやま話(16/01まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする