[PR] SEO対策 いちご・いちえ: 3DS版DQ11

2020年03月10日

ふらふら寄り道(クエストなど)

魔法の鍵を手に入れたトンミたち。
ロウが「バンデルフォン王国跡や北のクレイモランに、それを使って開ける扉があったはず」と言うので、バンデルフォン王国へ行くことに。
虹色の枝が光ってオーブが近くにあることを教えてくれる。山彦の笛はもういらんのか。パープルオーブを手に入れた。
トンミがレベル32になり、しばらくほったらかしだったスキルパネルを開いて、それぞれ振り分け。
と、バンデルフォンの東側の島を思い出し、木彫りの女神像を取りに行こうと思ったが、ここからだと内海で、行きたい島には行けず。
結局ナギムナー村へ飛んでそこからはるばるやって来て、探したけどやはり見つからず。
キングスライムだったかをやっつけて、スライムゼリーをもらったが、食べられるの?グミみたいな物?
そろそろ帰ろうかと思ったら島の北側にキラキラが。
やっと見つけて、ナギムナー村の漁師さんへ渡す。お母さんの形見だそうで。それ見て勇気を出して漁に出かけるんだと。いつかはホンモノの強い漁師におなり!頑張れよ〜。
もうひとつの人魚に頼まれたクエスト。ダーハルーネにたたずんでいたおじいちゃん。話しかけたら、もう自分はいけないから歌を覚えていって人魚に歌ってやってくれと。で海底王国へ歌の伝書鳩。お礼にグラコスのやりをいただき、マルティナが装備。
なんとなくメダル女学園へ行ったら、ここにも無料宿泊所があった。
壁新聞を読んできて欲しいというクエスト請負。なんと壁新聞は谷に飛ばされてしまったとかで、読めず。谷の掲示板に貼られているかもと言われて、またあの谷へ行くのか。
ふと、そう言えば、初めて内海にこぎ出した時、イシの村へ行けそうな感じで、でもお尋ね者だからあちら方面は行かない方がいいのかと思い、やめておいたのだが、ふらふらグセがついて、行ってみることに。
滅びた村を見るのは悲しいけど、魔法の鍵の扉があったような気がして(笑)ここにも無料宿泊所。泊まってみたけど、やはりちょっとさびしかった。
で、ここまで来たらデルカダールまで行ってみようということに。
城下町に着いたらカミュがおれたちお尋ね者だよ、みたいに言われたが気にせず城下町へ入るトンミ。
ここに初めて来た時は、3Dでやっててうまく歩けなくて、途中で2Dにしてみたりしていたっけ?
でも3Dで頑張って歩いた思い出が。で、デクの家に寄って、ついでに城へ入ろうとしたらカミュに引き留められて、強制的に「入れない仕様」になっておりました。ひょっとして入ったら兵士に捕まって牢屋に入れられ、牢屋から逃げる最初頃の場面に逆戻り……とか、はたまたまさかのゲームオーバーとか、なったら面白いなーと思ったのだが、まあそれはないね。
だんだん自分がお尋ね者だということがどうでもよくなってきたトンミ。カミュがいてくれて本当に良かった。カミュ、大好き。(ここでコクってどうする)

そんな感じで、次はクレイモランか壁新聞探しか。
そうそう、ルーラでイシの村へ行けるようになっていた。
デルカダールはどうなんだろう。まだ確かめてない。
あと、ダーハルーネの歌自慢のおじいちゃん、後から思ったのだが、最初にダーハルーネに来て話しかけた時も、船に乗って歌っていたとか言っていたような。あのセリフ、前に聞いたことがある気がして。気のせいかなあ。
それから、メダ女の制服、魔法の鍵で部屋に入ったら見つけてしまったのだが、あと1コメダルを集めるともらえるみたいなんだが。ひょっとして、メダルのご褒美をしまってあった宝箱開けちゃったか?ってそんなことないよね(汗)
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | 3DS版DQ11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

寄り道(クエスト)〜クレイモラン

気になっていたいくつかのことを確かめに行くことに。
まず、ダーハルーネの歌自慢のおじいさん。
古い(レベル23くらいだったか)の冒険の書を開いてダーハルーネを訪ねると、いたいた、おじいさん。んで、同じことを話してくれた。
やっぱり一度話を聞いていたんだね。これですっきり。
いったん冒険を終了して、いつもの「中断」からスタート。
ルーラでデルカダールへ行けるのか案件も、デルカダール城下町が登録されていた。
カミュは行きたがらないけれど、あの町、一応全部探索したはずなのだが、3Dの操作に手間取ったり、慣れないこと続きで、あまり印象がないんだよね。どうせ捕まらないなら、もうちょっとよく見てこようかなあ。(意味ないかもしれないけど)
さて、本筋の旅は、白の入江から海を北上。途中から雪が降ってきた。クレイモランに到着すると不穏な曲が流れていて、町ごと凍り付いている。町の外にいる人から西から入れると聞いて、西側の魔法の鍵扉(ってことは、壁画退治をしないとここへ来ても話が進まないってコトか。その時点で来てもすでに凍っていたのか?)から町へ入る。
女王様だけ凍っていなくて、東の平原の森に魔女が潜んでいて、魔獣も手なずけているから気をつけてください、とのこと。
ロウじいちゃん、ここの王様と知り合いだったみたいだけど、王様はすでに他界。でもブルーオーブはここにあるらしい。
魔女は怖いので(え)、メダル女学園で請け負った、壁新聞クエストをやることに。
行ってみて思い出したが、この看板、シルバーオーブを取りに来た時、あったよね、たしか。
なんだろう、って思ったけど。で、書かれていたのは、なんとトンミへの恋煩いの相談だった。大切な旅が終わるまで待っていますみたいに言われたけど、いやいやいや、ブリジットさん(リップス?)は遠慮しておくよ(滝汗)ちょっと、おじゃる丸のおかめ姫を彷彿させるキャラ(個人の感想です)。お礼はメダ女の制服。3つ目。仲間の女子3人みんなで着られるように、かな。現在双子が着ているんだけど(前回のプレイメモで、これからメダルのご褒美でもらうように書いたけれど、すでにもらって二人で着ていた、おっさんいつの間に。いやオッサンは関係ない)、2Dで見ててもかわいいので、マルティナにも着せて3Dで見てみようかなあ。
そうだ、もうひとつ、メダ女のクエストがあるのだが(女王のムチを作るヤツ)、材料(かがみ石)が足りなくてできない。
かがみ石、どこかで売ってるんだろうか。
と、ここまでやって、クレイモラン東の平原へ行ってみた。氷の上はすべってしまい、これはかんじきでも買わないといけないのかと思ったが(思考回路が桃伝)、クレイモランは凍り付いているし。滑ればいいみたいなのでやってみたら、少し奥まで進んでしまい、リアルに夜も更けてきたので中断した。
デルカダール兵士が助っ人で入っているみたいなんだが、隊長が寒がりでどうのとか言っていたな。隊長ってだれ?グレイグ?ここで仲間になるのかなあ。このまま突っ込んでいっていいのだろうか。レベル32か33のトンミ。
次回の冒険に続け!ってか、冒険じゃなかったっけ(今回の旅)。逃げつつ冒険しているんだっけ?
何しているんだか、わからなくなってきたでござるよ(汗)
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | 3DS版DQ11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

クレイモラン〜魔女退治

トンミLv33 46:22 ミルレアンの森、と中断のデータ。すでに46時間もやったのか(汗) 
魔女退治の続き。森の中を進むと吹雪に遭い、仲間とはぐれたトンミ。
すぐに戻ったらまた合流できるけど、進むとまた吹雪で結局一人に。
グレイグが魔獣と戦っているところへ出くわして、トンミがやっつけ、グレイグがとどめを。
するとグレイグ、今度はトンミを狙ってくる。えー、ここは一緒に退治してくれてありがとうじゃないの(泣)
と魔女がふたりを凍り漬けに。そこへベロニカがかけつけ魔女に一撃(魔法)。
魔女が自分を襲いペンダントを奪おうとした理由から事情を察知したグレイグは、トンミを狙わずに立ち去る。
一方、低体温症で倒れた?トンミは森の入り口の学者の家に運ばれ仲間の(特にベロニカの手厚い)介抱を受け元気に。
魔女の情報を得るために東にある古代図書館へ向かう一行プラス魔法学者のだれだっけ、エッケハルトさん。
主要メンバーにベロニカは入れていないのになぜか勝手に行列に加わるベロニカ。
他の人に入れ替えても、何かの拍子に出てきているベロニカ。魔法がらみだからか、寒い地方なので炎系魔法を持っているから、なのか。
メダ女の制服を着て、帽子もかわいいベロニカだからいいんだけど、通常戦は他の人の方が使い勝手がいい気がするんだが(汗)
で、図書館内部を、色違いの本棚を動かしながら進んで、お目当ての本を読むと、魔女の封印には聖獣が必要……とあって、さっき倒しちゃったヤツと同じ絵が描いてあった。あらら、ダイジョブなのかな。
クレイモラン城下町へ戻って女王様と話をして……女王は氷の魔女ってことでエッケハルトさん呪文を詠唱するも途中で途切れて、それでも魔女を本に封じ込めて、町が元通り……でもなんかへん。本からヘンな声がして、ってホントに変なのはなりすまし女王(魔女のリーズレット)。
本の中の人となりすまし女王と、ホンモノは誰だ?ってことになり、中の人がホンモノのシャール女王ということに。
めでたくブルーオーブをいただき、全部そろった。
あれ?6コそろったっけ?グリーンオーブ持ってたっけ?(うろ覚え)と確かめたら持ってる。誰にもらったっけなー(いいかげん)。
あとで調べたら、海底王国でもらったようでした。

ところでカミュ。クレイモランの中に入らず、港で待っていた。
ずっと前に、海辺の町がふるさと、みたいなことを言っていた気がするし、雪国(北国)での注意事項みたいなことを言ってくれるし、もしかしてクレイモラン出身なのだろうか。
レッドオーブは、そもそもカミュが欲しくて(必要で)、デルカダール神殿から取ってきたんじゃなかったっけ?
もしかして、ここのブルーオーブと二つ揃えてどうかしたかったんじゃないの?
考えてみると、メンバーの中でカミュだけ盗賊で、なんだかちょっと異質なんだよね。
ユグノア元王、王子、それを守るべく遣わされた者達、デルカダール王女、騎士道を伝える名士の息子(らしき人)、と言うメンバーの中、盗賊って。職業に貴賎無しとは言うものの、ヤンガスが山賊なのとはちょっと違う気がする。カミュもクレイモランの王族なのかなあ。

さて、魔女退治の森の中で、かがみ石を見つけたので、請け負った女王のムチを作れるようになった。
次は、このクエストをやって、本筋の旅を進める予定。
しかし、今回のプレイは、途中の宝箱やらなにやら、かなりの取りこぼしがある。
でも、そういうのを回収しなくても、物理的にも金銭的にも、何も困らずに冒険が進んでいる。
たぶん2週目はない。
そう思ってプレイしているから、取りこぼしや、町の人の聞きこぼしもなるべくせずに、やっていきたい気もしているのだけれど、もういいかげん取りこぼしてるよね(汗)
んー、まあ、いいか。テキトーにやろう、テキトーに。
(テキトー言ってるわりに、毎日せっせとプレイメモを書いているヘンな人です)
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | 3DS版DQ11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月15日

クレイモラン後〜そしてオサカナに!?〜最後の砦

えー、これを書いているのは3月16日で、実は先ほど、えらいものを見ちゃいましてかなり動揺しました。(汗)
そのため、それ以前のプレイ記である下記の記事も、もしかするとその動揺が隠しきれずに影響が出るかもしれませんが、悪しからず。

200314
さて、前回のプレイ。クレイモランが解決してオーブがそろい、いよいよ捧げに行こうというところ。
この間、カミュの出自の話を少ししたのだが、あれから考えたのは、王族じゃなくてあの子はどっちかというとバイキングがらみだろうか?ということ。
クレイモランの西にバイキングの洞くつがあるよね。あっちかな、と。わかんないけど。
現在トンミレベル35。このまま進んでも、まあ大丈夫かなと思っている。
本筋を進める前に、手に入ったかがみいしを使ってクエストの品(女王のムチ)作成。メダ女へ届けると、ちいさなメダル3枚もくれた。
ついでに、うちの女子3名に制服を着てもらい、3Dにして女学生気分を味わってもらう。
うん、やっぱりベロニカが一番似合っているしかわいいなあ。
セーニャは真面目な優等生っぽいけどちょっと天然な子で、マルティナはスケバンっぽい。あ、いやごめん、武器を装備しているから余計そう見えるんだろうけど。マルティナ、けっこう好きなんだよ。
昔(DQを始めた頃)だったら、たぶん、セーニャが一番好きだったと思うんだけど、時とともに好みも変わっていくね。ジブンも変わっていっているんだろう、きっと。
なにかやっぱり落ち着かないので、ベロニカだけそのままで、後の二人は元の装備に&2Dに戻した。

次。始祖の森を目指そうとクレイモランへ。
町をうろうろしていたら、クエスト請負。バイキングの様子を見てきてくれ、って言うの。
バイキングの所へ行ったら、仲間が北の海に行って帰ってこないっていうからそれを探しに。
海に円柱があったから入ったら、クレイモランへ戻って来ちゃって、あらぁ〜。
もう一回出かけたけど見つからなくてあきらめた。

やっと本筋。
聖地ラムダを目指して出発。
自動的にキャンプして、ベロニカとセーニャの会話が。なんだろうこれ。どこにつながる?
道すがらベロニカが「ラムダに着いたらトンミがビックリするよ」みたいにいうので、楽しみにしていたのだが、到着したらラムダで流れていたのはモリーさんとこの曲(バトルロード格闘場で流れるヤツ)で、ビックリしたのはプレイヤーだったでござる(汗)
よく考えるとあの曲はサヴェッラのだよね、たしか。だから聖地ラムダでもいいんだが、ワタシの中ではあれはモリーさんなので、違和感に満ちており、これまたデジャヴ問題に引っかかるところ。
で、トンミが何に驚いたのかはわからずじまい。勇者が優遇されるってコト?それとも何かあったっけ?
あと、ベロニカとセーニャが双賢の姉妹と呼ばれていることがわかって(びっくりってこれのことか?)、カミュが、この中ではもと盗賊のオレだけがありふれた存在……みたいなことを言っていたので、やっぱり王族じゃないのかな、と思ったり。

200315
さて聖地ラムダの続き。
里の人たちに話を聞いて回り、ベロニカとセーニャの家に。両親がいたが、子供たちが帰ってきたわりにはそっけない。
やたらに速く歩くおばあさんがいる。元気元気。
おじいさんからだったか、赤き始祖の葉と取ってきて欲しいと頼まれた。あかきしそのは……て。
もうひとつ女の子から頼まれごと。なんかの種だったか、花か?うろ覚え。
どこかでちらっと見た情報だと、祭壇まで行くとしばらくクエストができなくなるらしいので、一度戻ってくるか、後からでもいいか、迷っている。(後からでもできるらしいので)
んで、まあ、ずんずん進んで、オーブを捧げ、虹の橋を進み、命の大樹(葉の一枚一枚は人々の命だそう)の中に入って?、というところで、ホメロスらしきヤツがやってきて戦いに。ヤツはあやしい空気に包まれていて全然歯が立たない。わりとすぐ全員ゾーンに入ったので、こりゃ何かある=このまま負けるんだなと。
2Dでやっていたのだが、勝手に3Dになって、怖い魔王が出てきたり。こういうのは2Dでいいのよ、2Dで(意外に怖がり)。
ウゴルーガ(じゃないな)ウルガーノだっけ?こわいよ。勇者の剣を変なのに作り替えられちゃうし、世界がめちゃめちゃに……

ここで「冒険を記録しますか」と言われて、2つ目の冒険の書を作った。
1つ目はレベル23くらいのが残っていて、その後はずっと中断でセーブしてきた。
最後に中断したのはどこだろう、始祖の森だったかな。

気づいたら、トンミは虹色の魚になっておった。セレン様が魔王から見つからないよう姿を変えてくださったそうな。
海底に落ちてきてからずっと何ヶ月も?眠っていたのだとか。
仲間のみんなはどこへ行ったの?急にさびしくなったでござる。
でも、オサカナ状態がけっこうきれいだったので、3Dにしたらさぞ美しいだろうと思い切り替えてみたが、なんと2Dの方がかわいらしくてきれいだった。こういうこともあるのね。
女王様の宮殿の奥へ進んだところの守り人の海で、海底王国の女王様に見せられたのは、地上の現実。大変なことになっておる。
そうこうしているうちに、海底王国も狙われて、女王様に見送られつつ、トンミは地上へ戻ることに。
釣り糸のエビにぱくっと食いつくと、元銀行員(後からわかったのだが)の漁師アラーニに釣り上げられた。
夢うつつで、漁師の小屋でチビトンミと母ちゃんの会話。
起きてから漁師に教わったとおり、旧イシの村方面へ。
今は「最後の砦」と呼ばれる村になっていて、犬がお出迎え。続いて、誰だっけ?
エマと名乗る女の子。だれだっけ?
かなりの健忘症なトンミだが、エマと別れたのは、リアルに年単位で前のことなので、実のところだれだっけ?状態(ごめんよ)。
母ちゃんはさっき夢で見たからなじみがあったけど。
ここを守っていく先頭に立っているのは、どうやらグレイグのよう。
さるえらいお方のテントには、きっとデルカダール王がいるんだろうな(まだ会ってない)。
マルティナ、会わせてあげたいけどどこにいるのだろう。
ってか、みんなどこにいるのーーー?(泣)
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | 3DS版DQ11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月16日

ネタバレを見て初めて後悔したこと

ワタシは基本的にネタバレOKな人だと思っているのだけれど、
今見ちゃったヤツは、心底見なければ良かったと後悔しています(泣)
まあ、これを知りつつ進めれば、その場面が来た時のショックは和らぐのだけれど。
うーーーーーーーーーーーーーーーーーーん。
でも、
見なければよかった。
しかも、自ら見に行ったのではなくて、ふいに見てしまった……だったので、けっこうダメージが大きいです。
ううっ、悲しい……

posted by きるしゅ at 10:41| Comment(0) | 3DS版DQ11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後の砦〜デルカダール城〜仲間になった

世界に異変が起きて、結局請け負ったクエストは頓挫している。
大樹での戦いで勝手に3Dになったのは、プレイ中は、魔王を見せるためと思ったけれど、今にして思えば「あの人」を印象づけるためだったのではないか。プレイ中も一瞬、なんで(この人がアップ?)と思った気がする。
それから、始祖の森でヨッチをつかまえたら、すでに50人いるらしく、送ることができなかった。ってことは、ここらでヨッチをやれということなのか?仲間がいなくなっちゃったけど、ヨッチへ行っていいのかなあ。まあ、この大変な時に、ヨッチをやっている場合でもないけど。

さて本筋の冒険。トンミレベル36。ひとりでさびしい。
旧イシの村=最後の砦には、避難民とデルカダール兵士?騎士団?が集まっている。
デク夫妻も避難してきていて、デクは道具屋をやっている
王様から、グレイグを助けてやってくれと頼まれた
砦を魔物が襲ってきてグレイグと一緒に魔物退治 ゾンビ師団長+(スカルナイト2)×2
王様よりデルカダールの鍵を預かり、グレイグとデルカダール城へ行くことに
あの、トンミとカミュが脱走してきたルートから入るそうだが、よく覚えておらんぞ(汗)
でも、入るところは自動的?に入れたから、迷わずに。
後は中でぐるぐる。ドラゴンがいたようだけど無視して、目的地(玉座?)目指してまっしぐら。
いや、まっしぐらに行きたかったのだが、迷っちゃって、また同じ所へ出てきたでござる。
グレイグ、城の人だったのに、水路にはあまり来たことがないそうで、二人でぐるぐるしたでござるよ。
途中、グレイグの回想を見つつ、ルート発見。
で、玉座にホメロス。グレイグへの嫉妬と誤解みたいなことから、魔王に魂を売るようなことになったよう。
戦ったのはなんか魔物だった。ばっちりガンバレではらちがあかず、めいれいさせろにして対戦。でも、やってたのはずっと渾身斬り。パープルオーブ回収。
ホメロス、グレイグに、お前はいつも前を行って邪魔する、というようなことを言っていた。
前を行くのは、出世が早いとかそういうこともあるんだろうけれど、道筋をつけるとか、盾になるとか、そういう意味もあるんじゃないか。
でもホメロスにとってはそれが煩わしく、ねたましく思えたのかも。
かつて親密だった人を敵に回すのはつらいだろうなあ。
王様から、一晩だけ砦を持ちこたえられるようこちらも頑張るから、城の方をふたりでやってきてと言われて、まあ一晩で最後の砦へ帰ってきたってことだった。
砦は砦で、こちらへ魔物を引きつけ、城を手薄にする作戦(王様発案)だったから、大変だったようだが、無事に守り切った模様。
そんなこんなで、グレイグが仲間になり、王様の助言により、ルプガーナ密林からソルティナ方面、なんとか山へ行くことに。
あれ、ルプガーナじゃないな、ナプガーナか?
かあちゃんにあいさつしてから出かけようと、探しまわるも、見つからず。あきらめて出かけようとしたら入り口(出口)にいました、かあちゃん。
ともかく、しばらくは男ふたり旅。さらさらヘアーと質実剛健。どんな旅になるやら。
なんかもう、もりもりプレイしているでござる。
そして、プレイ記がもうぐちゃぐちゃなんだが、とにかく書くだけ書いておくというスタンス。
ここから先、ますますぐちゃぐちゃになる予定(え)。
posted by きるしゅ at 20:47| Comment(0) | 3DS版DQ11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナプガーナ密林〜ソルティアナ海岸〜ドゥーランダ山へ

200316 その2
グレイグとのふたり旅となったトンミ。
かつては命を狙ってきた男が今度は盾になってくれるという。
信頼して良いはずだが、正直、まだしっくりこない。
グレイグ、両手剣を持っているけど、個人的にはなぜかオノを持たせたいと思うプレイヤー。何も根拠はないのだけれど。
だからまだスキルはいじっていなくて、ワタシの中での彼のキャラクターが決まっていないのだ。
それにオノ、あまり売ってないし。

さて、最後の砦を出発してナプガーナ密林へ。
グレイグ は虫が苦手だそう。早く密林を抜けよう、という。顔に、というか体に似合わず、ちょっとかわいい。
途中、空き家があって、これ、きこりのおじさんの所だよね?
最初の頃やったところだから、あまり覚えていないのだが、トルネコ族のマンプクさんだったよね?
どこ行ったんだろう、マンプクさん。

わりとすんなり密林を抜けて、ソルティナ海岸へ。
南へ行けばソルティコの町に着くだろうと思って、行ってみた。
以前訪れた時はデルカダール城へ行って不在だったジエーゴは帰ってきていたが、怪我の治療のため会えず。
でも、グレイグを懐かしんでくれた執事?の人。(水門を開けてくれた人だった、たしか)
グレイグはここで修業したんだものね。

西の方でにぎやかななんとかがどうの(全然わからないじゃん)と言われたのと、もしかしたらメダ女へ行けるかと思い、西へ行ってみたが、メタルライダーに全滅させられて、最後の砦の教会に戻されてしまった。
よかったよ、先にソルティコへ寄っておいて。
ルーラでソルティコに戻り、今度は真面目に北にあるはずの山へ。

北のなんとか山(郷?)=ドゥーランダ山に入ってドゥルダ郷へ。
ネパールとかチベットとか、そんな感じの仏教っぽいところ。
入り口でグレイグが敵だと思われて一悶着あったが、勇者だとわかって入れてもらえることに。
ダライラマみたいな(個人の感想です)小さな僧侶が、ここのえらい人らしい(サンポさん)。
2Dなもんで、よくわからないのよ、どんな顔なのか(汗)
中に入って、だいたい一回りして、本日の冒険は終了。

以下、ちょっと前のことだがメモ書き。
トンミがまだ魚だった時、セレン様から勇者とは決してあきらめない人です、みたいなことを言われたのだが、これは堀井さんが言ってるよね。そのままゲームに出しちゃったんだ。まあいいんだけど、個人的にはちょっとさめてしまった。ジブンでも理由はわからない。でも、なんだろう、根底にある深い深いところにあるものという気がしていたから、11というゲームの中で使ってしまって良いのかな、とか、そんな感じなのかもしれない。ゲームの中では言って欲しくなかったかなあ……まあ、いいんだけど……

そうそう、最後の砦で、赤ちゃんの名前をトンミにちなんだ名前にしていいかと言われて、はい、と返事をしたら、赤ちゃんは、トンミ・トン・ヌラリア2世になりました。ええっ?

あと、ファーリス杯をやってたころ、バクラバ石群でクレイモランの学者が来ているとメモしてあったんだけど、誰だったんだろう。
図書館へ一緒に行った魔法学者のエッケハルトさんだったのかなあ。あの頃、名乗っていたかなあ。
レベル23のデータを見たけど、そこには学者は一人しかいなくて、エッケハルトではないみたいだった。(最初訪れた時は、ふたりいたような記憶があるのだが、気のせいか)
11をやっていると、個人名(町の人とかでも)が出ることが多いように思う。覚えておくと、おもしろいのかも。っていうか、これ、異変前にちゃんと覚えておいて、これからまたその人たちに会って何か必要だったりするんだろうか。かなりスルーして来ちゃった(汗)
posted by きるしゅ at 23:00| Comment(0) | 3DS版DQ11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月17日

ドゥルダ郷〜ソルティコ〜プチャラオ村

200317
2.トンミ レベル38 55:35 ドゥーランダ山

ある情報で、祖父と戦うことになるらしいことを知ってしまってから、ここへ来た。
仲間が敵になるのは、ゼシカ戦があったけど、あれ、ものすごく嫌だったのだ。
だから、今離ればなれになっている仲間とそのパターンで再会するのは気が進まないのだった。

さて、山頂に向かった修行者を助けに行くことになり、ダライラマ(じゃなかった、サンポ)も一緒に行くことに。
すると、ほとんどミイラっぽい苦行の修行者、の隣になぜかムフフ本。
2Dのため、修行者はよく見えないけど、ムフフ本は、間違いない(笑)
そしてなぜか、ムフフ本に妙に詳しいグレイグ。タイトルまで知ってるておぬし(以下略)

でもって、トンミは半分死にかけた感じにしてもらって(違うけど)、修行のためにロウと戦うことになった。
ああよかった。こういう戦い方で。
覇王斬(はおうざん)習得。
実は一度負けてしまって、やり直した。ゴールド、減っていなくて良かった(そこか)。
この時も、最後の砦の教会へ飛んじゃって(汗)、ルーラで戻ってきたさ。
でも、もう一度山頂まで登ってきて、今度は山頂の女神様にお祈り。ついでに、さっきは2Dだったから、3Dにしてみた。
(ここならあまり歩かないから、操作できそうだし)
ロウと戦うことを知った攻略サイトは、本来戦い方を見ようとのぞいたのだった。
覇王斬の修業は、装備の剣は関係ないそうなので、いつもの両手剣を外し、グレイグがもらったデルカダールの盾を拝借。
でも、結局負けてしまって。
2度目も同じ装備で、途中、今度は防御も入れながらやったら勝てました。
あら、直前の女神様に祈らなくてもダイジョブだったね。
でもまた魔王がちょっかいを出してきて、すでにあの世にいるニマ大師様……
会えないと思っていたのに会えて、技を伝授してもらって、いい人だったのに、すぐに、もう会えなくなってしまうのか?
ニマ大師様、かっこよかった。なんかね、全然関係ないけど、“鋼”のイズミ・カーティスを思い出した。
覇王斬とロウのグランドクロスで、なんだっけ?(もう新しい言葉は覚えられんのよ)、連携も使って頑張ります。

しかし、ロウがグランドクロスを使うというのは、イメージがちと違う気が(個人の感想です)。
そのうち慣れると思うけど、これはやっぱりククさん、なの。
あとね、3Dで見たダライラマ(笑)、誰かに似ているけど思い出せない。誰だっけ?うん、ダライラマじゃない、サンポ大僧正。

さて、ロウが合流して3人旅に。
仲間を探しつつ、神様の乗り物?を探しつつ、メダチャット地方へ行けるようになっているみたいだから行ってみよう、とロウ。
はい、行ってみて、すでに一度全滅したでござるよ、じいちゃん……(汗)
今度はもうシナリオ通りだし、3人いるから大丈夫だろう、と思う。
が、せっかくソルティコの近くにいるので、ロウだってジエーゴと知り合いなのだから行ってみよう、ということで行ってみたが、この間グレイグと訪ねた時と同じだった。ロウはスルーされた……(哀)
そうそう、執事?、水門を開けてくれた人はセザール、でした。
ここで装備を点検したら、なんとロウは何も身につけておらず。
ゼシカの時と一緒だ……
でも以前持っていたものは、すべて袋に入っているようで、それらプラスお店で購入。
他にも何か買ったような。オノ、売っていたけど、まだ迷っている。グレイグに持たせていいのかなあ。

で、ようやくメダチャット地方へ。
まずは、メダル女学園。
様子が少し変わっていたが、みなさん元気な様子で何より。
たまっていたメダルを校長へ渡してごほうびをもらったけど、もう持っているヤツだった(はやぶさの剣?だっけ?)
ここから、やっと、プチャラオをめざすことに。
……と、なんと世助けパレードしているシルビアと再会。
2Dなんですが、それでもまあ派手なこと(笑)これ、3Dでも見ておかないとね。
前に、西の方でにぎやかな、っていうのはこれだったのかしら。サンバカーニバルみたいな感じ(2D)。
トンミも、はいって返事したら、羽のついた衣装を着せられました。
魔物に襲われていた、プチャラオ出身のバハトラさんを村まで送り届けるパレード一行。
なんかもう、魔王もビックリ、じゃないかこれ(汗)

でも、村に到着して話を聞いたら、フールフールというヤツが、村人をだまして、大切なもの(人、物、金等)を奪っていったそう。
壁画騒動の後、あれだけへこたれなかった人たちが、今度はかなりへこんでいる。
これは、助けてあげなければいけない。
……が!
 
・外に出るとパレードついて来る
・中断できない
・(他の場所へ行ったら中断できるかと思い、やってみたが)ルーラもできない
しかたがないので(なるべく中断セーブでつないでいきたいのだが)プチャラオの教会でセーブして、本日の冒険終了。

しかし、あの世助けパレード、夢に出てきそうだな(汗)
posted by きるしゅ at 14:33| Comment(0) | 3DS版DQ11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月18日

プチャラオ村〜岬のほら穴〜ソルティコ

シルビアの世助けパレードがついてくるようになってから、ルーラができなかったのだが、ゲームを再開したプチャラオ教会前から、やっと飛ぶことができた。
昨日は何で飛べなかったんだろう。フィールドからだとダメなのかな。
で、飛んだ先はヨッチ村。
少しだけやって、合い言葉を持ってきて、たしかムーンペタに行けるようになったはず。

プチャラオ村に戻り、3Dにしてみた。
あれ、山車みたいに引いているのだと思ったら、おみこしなんだね。みんなでかついでいるの。
それになんだかもう、世界観が変わっちゃう感じ(笑)
2Dが本来ドラクエっていうのは、あながち間違いじゃないと思う。
8で3Dの画面は体験したはずで、あれは最初は戸惑ったものの自然に慣れて、画像も操作も違和感なくプレイできた。やっぱりきれいな映像画像だなあ、という印象だった。
でも、なんか今回のはしっくりこない。オサカナの時もそうだったし、3Dにしてみても、3Dの方がいいなあとは感じないのだった。
見慣れていないせいなのか、絵のタッチが私の好みでないからなのかはわからない。
操作しながらだと、操作性が悪いこともネックになるのかもしれないから、メダ女で見られる過去のイベントを今度見てみよう。

話がそれたが、装備をととのえてフールフール戦へ。
グレイグは、ナイトアックス(もともと持っていたらしい。今気づいた)とデルカダールの盾。
やっぱりオノ装備にすることに。スキルは、今持っているポイントをオノにつぎ込んでみた。
岬のほら穴へ行く途中、バハトラの息子チェロンも、お母さんの形見のペンダントを探すというので一緒に行くことに。
フールフール戦は、ばっちりガンバレで。
バハトラ親子の一件で、シルビアはなにやら決心したよう。
またトンミたちと旅を続けるために、父親にパレードのみんなを頼むべく、ソルティコへ行くことになった。
でも、プチャラオは解決したけれど、トンミの衣装がそのままなんだよね。どうしたらいいの?

わかんないから、パレードの服のままソルティコへ行き、シルビア父(ジエーゴ)と面会。
初対面なのにこんな格好ですみません。はずかしい。
色々あって、パレードのみんなはジエーゴが引き受けてくれ、シルビア親子の確執も解決し、シルビアがまた仲間になったのだが、この衣装どうしよう(滝汗)
と思って装備を見たら、これ、装備なんだ。
あつでのよろいを着ていたはずなのに、「パレードの服」になってる(笑)
はずかしいけど、守備力には問題ないみたいだからこのまま行こう(え)
3Dでは耐えられないかもしれんが、2Dだから、ちょっとかわいい感じも。しかし、はずかしい(汗)

シルビアが再加入して、また船が使えるように。
こうなると、どこへ行けばいいやら。
戦闘で苦戦しない限り、どこへでも行ける。
シルビアとグレイグはもともと知り合いだし、ロウとグレイグは共通の趣味がありそうだし(アレは趣味なのか、アレは/汗)、4人で楽しくやっていけそうだ。
あとは女性3人とカミュか。
そう考えると、まだまだだな。

今後の予定
メダ女で請け負ったクエスト(荒野の地下迷宮へ行く?)
行方不明のバイキングを探す(クエスト途中)
グレイグをバンデルフォン城跡とグロッタへ連れて行く(なんとなく行った方がいいんじゃないかと)
ドゥルダ郷で請け負ったクエスト(スノードラゴンのやつ)
デルカダール城のドラゴン(まだいるのかな)
ヨッチ村もあるな

というわけで、やることがたくさんあるのだが、思いっきりプレイしてしまったので、少しペースを落としつつちまちまやる予定。
今年中にクリアできれば(というか遊び終われば)いいかと思っている。
posted by きるしゅ at 22:59| Comment(0) | 3DS版DQ11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月19日

ソルティコから外海へ〜ヨッチ村(ムーンペタ)〜サマディー〜ホムラの里

2:トンミ Lv.39 59:34 ソルティアナ海岸

一緒に冒険するのは初めてとはいえ、知らない人ではないので少しは気が楽なのかと思ったのだが、グレイグはシルビアとやるのは少しやりづらいらしい。そうか、以前はゴリアテだったのだものな。

アリスの情報。
バンデルフォン地方のネルセンの宿屋に泊まると皆が同じ夢を見るらしい。
ロウはそこへ行こうと行ったが、無視して外海へ出ることに。(じいちゃん、ごめん)
行方不明のバイキングを探すのが目的なのだが、魔物の強さが少し心配ではある。
ソルッチャ運河を抜けたところで、船底から音がしている?ということで、
行ってみると、なんとカミュがいた。ええ〜、もう合流?と思ったら、
カミュは名前はわかるのもの、記憶を失っているようだ。
妙に他人行儀で丁寧な言葉づかいのカミュ。
会えたのはうれしいが、うれしさ半分……だ。
少しでも近くにいた方が、記憶が戻りやすいかと思って、戦闘メンバーに加えたけれど、スキルが全然なくなっていて心もとない。
死んでしまってもかわいそうなので、控えに回ってもらった。早く元通りのカミュになりますように。
どこかでキャンプした時、シルビアが「みんな仲間だけど、中でもカミュはトンミの相棒って感じ」と言っていた。
最初から一緒だったし、相棒という言葉はぴったりだと思うでござるよ、カミュ……(涙)

で、南回りで北の海に行き、少し回ってみたのだが、迷子のバイキングは見つからず。
魔物もやはり強く、どこかの島か陸地に上陸したら全滅してしまい、リセット。
直前に中断セーブしておいてよかった。
これはダメだと言うことで、とりあえず、メダ女へルーラ。一泊することに。
夜だったので学生たちはネグリジェ。 カルバン・ジャンポルテのデザインだそう。
制服もそうだったかな?(うろ覚え)

さてどこへ行こう……と迷った時はヨッチ村(笑)
9の方の祭壇にも行けるようになっているのだが、なじみがないので(9は未プレイ)、ムーンペタの町へ行く。
町の人が犬で、ムーンちゃんだけ人間、というムーンペタ。
シャナクを使うために、まほうのせいすいが欲しいというムーンちゃんのために持っているそれを差し出す。
結果、町の人は犬から人間に戻ったけれど、ムーンちゃんは犬になってしまって。
2のストーリー通りだからしかたないけど、ムーンちゃんも呪いを解いてあげたかった。

ヨッチ村から戻る時、旅の扉を抜ければホムラの里の近くに出るかと思って、これはちょうどいい、クエストで荒野の地下迷宮へ行かないといけないのでラッキー……が、なんと抜けた先は、デルカコスタ地方だった。あれ?ヨッチいつの間に移動した?それとも前からそうだったっけ?

まあ、そこから少し行ったところに船があったので乗り込んで、ホムラの里方面へ行ければいいかなー、うまく上陸できなければ、ネルセンの宿屋まで行ってしまってもいいなー、と思いつつ進むと、なにやら気球のようなものが空に浮かんでいる。
上陸してみると バクラバ石群の上空に球体が浮かんでいる。と、ボス級に強い魔物が出てきてあやうく死にそうに。どうにかやっつけて、でもここまで来たのだから、サマディーまで行こうとして、関所に入ったら、こんなところで何してるんですか!と怒られ、王様の命令で関所は閉めているとのこと。ってか、砂漠側から入っちゃったんですけど(汗)
で、サマディー城で王様とファーリス王子に面会。ファーリス、王子として頑張っているみたい。
そして砂漠へ見に行き、ロウがニズゼルファという古代文字を勇者の星から読み取り、なんと星は割れてしまった。何か出てきた?
サマディーに入った時に、変な黒い影を見たけど、それは石群にもいて、しかもトンミにしか見えないようだった。
アレは何?

えー、ものすごくテキトーに旅していて、たぶん順番がめちゃめちゃなのだけれど、ここで勇者の星(トンミたちにとってはわけわからんのだが)が壊れてしまい、ストーリー的にダイジョブなのか心配になってきた。
(あとから攻略本を見たら、レベル47と書いてあり、一方トンミは40くらい。こんなに飛んじゃってよけい心配に)
が、ここまで来たら歩いてホムラの里へ行けるでしょ。魔物が強くて死んじゃったらリセットでいいよね。
しかし運良く、元気にホムラの里に着いた。でも、ここでも問題がおきていて、化け物が出ていて儀式ができないとか。
こりゃあ、荒野の地下迷宮に行ったら死んじゃいそうだな。クエストお預け。
それと、人食い火竜がいなくなったら、今度は化け物が……みたいなことを村人が言っているのだが、火竜って何だっけ?そんなのやったっけ?
そんな状態なのにヤヤクから化け物退治を頼まれてしまったトンミたち。
火竜はやらんでいいのか?もうやったことになっているのか?それともトンミに記憶がないだけで、もうやったのか?
カミュの記憶喪失を心配している場合ではないな、これは(滝汗)

とまあ、行方不明のバイキングを探すだけのつもりが、勇者の星まで壊れてしまい、ものすごく不安になっているプレイヤーでござる。
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | 3DS版DQ11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする