[PR] SEO対策 いちご・いちえ: HPいちご・いちえDiary

2003年09月19日

シッタカブッタとピアニスト

月の月28日 1・月の日 KIN:209

注文してあった2冊の本が、届いた。
「ブッタとシッタカブッタ2」は、図書館で借りて読み、
手元に置いておきたくて購入。
読むと、とても楽になれるし、穏やかになる。

「ピアニスト」は、音大卒の著者が、書き下ろしたピアノマンガ。
「現場」を知るものだからこそ書ける部分が、多いと思う。
なかなか、おもしろい。

いちご・いちえの本屋さん、本が増えてきた。





月の月最終日。
あっという間に、ひと月たってしまった。
すべきこと、しているのかな。
大切にしなければいけないことを、おろそかにしているかもしれない。
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | HPいちご・いちえDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年09月20日

電気の月が始まる/台風

白いスペクトルの魔法使いの年 電気の月1日2・犬の日 KIN:210

今日から電気の月。
「私はどうしたら ベストの方法で仕えることができるのか?」
キーワードは、「奉仕」

今の私には、ぴったりかも。奉仕に徹します(笑)
長い巻物のような「カタログの歌」も、ようやく先が見えてきて、
少しほっとしている。
一気に、2,3時間弾くのは、つらいので、午前午後に分けて練習しないと
だめかも・・・。
腰だけでなく、目もつらいのだ(^^;)





雨がだんだん強くなってきている。
ベランダの掃除と植木鉢の整理をして、台風に備える。
しそが入っていたプランターを動かしたら「ベキッ!」
こわれた(^^;)
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | HPいちご・いちえDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年09月21日

あと三分の一

電気の月2日3・猿の日 KIN:211

「おくの細道を歩こう」歩数計が、やっと酒田に到着。
残りの道のり、ようやく、約三分の一となった。
記録を見ると、1年がかりで三分の一行程を歩いている。
・・・ということは、大垣に着くのは、来年???
本物の芭蕉だったら、何往復もできてしまうなあ(^^;)

ウォーキングのページ
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | HPいちご・いちえDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年09月22日

画像の引っ越し

電気の月3日4・人の日 KIN:212

思いきって、画像倉庫の引っ越しをしている。
一気に片づけるのは、とても無理なので、しばらくの間、
画像が表示されないページが、あちこちに散らばることと思います。

なんで、こんなことになったんだろうなあ(笑)
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | HPいちご・いちえDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年09月23日

「いぬ」

電気の月4日5・空歩く者の日 KIN:213

詩:金子みすゞ 曲:中田喜直 の、この曲の楽譜が送られてきた。
ソプラノの方の、伴奏をするのだ。
とてもよいピアノの響き。最後で胸が、きゅっとなる詩。
金子みすゞの詩は、折にふれて、目に入ってくるけれど、
あらためて、読んでみたくなった。
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | HPいちご・いちえDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年09月24日

工藤重典シンクロニシティ

電気の月5日6・魔法使いの日 KIN:214

本当に久しぶりに、工藤さんのCDを聞いた。
グリーンスリーヴス、いいなあ。
クルムフォルツのソナタ、またあらためてやりたいなあ。
ハープと一緒にできたら、もっといいなあ。(かなり大胆)

こんなことを思って聞き、夕方郵便受けを見に行くと、
「そでの会」から、封書が届いていた。
昨年、工藤さんのチャリティーコンサートを聴きに行ったのだが、
その主催団体である。
(その時の様子は、こちら)
昨年聴きに行ったとき、来年(つまり今年のこと)は、11月に行うという
予告を聞いていたが、コーラスの音楽会と重なりそうだな、と思っていた。
やっぱり、重なってしまった。
11月16日(日)なのだ。
今年のプログラム(そでの会のHP参照)も魅力的なのに、残念。
実は、この日は、自分のフルートの発表会の日、なのである。
仕事(コーラス)優先なので、当然のことながら、参加できない(T_T)
今年の11月16日は、とても密度が濃い日、のようだ・・・。





ここ3日間くらい、13の月の暦のツォルキン(260日周期の日付)を、
間違えて記入していた(>_<)
今は、直してありますが・・・。
なんか、ぼーっとしているなあ。
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | HPいちご・いちえDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年09月25日

様々な行事

電気の月6日7・鷲の日 KIN:215

目の前にあるのは、10/4の声楽の伴奏。
かなり、せっぱつまっている。
あさっては、合わせがある。
ご一緒するのは初めての方なので、ちょっと緊張(^^;)
カタログの歌・・・のお方である。
そのあと、コーラスと、自分の教室の発表会と・・・・
もしかしたら、コーラスで11月末に、クリスマス行事。
そして、父の法事・・・。

焦ってもしかたない、とはいうものの、
忙しそうな割には、PCから離れられずに、漫然とマウスを動かしたりして、
我ながら、矛盾にあきれるばかり。
ううむ、しかし、あと一週間は、ちと、頑張らないといけない。

Diaryは、つけていきたいのですが、掲示板のレス等、
遅れるかもしれませんm(_ _)m
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | HPいちご・いちえDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年09月26日

16日間の戦士の知性の旅

電気の月7日8・戦士の日 KIN:216

毎月の7日から22日までの期間は、このように位置づけられているそうだ。
時間を学ぶ教材のひとつ「テレクトノン」の中で、
自分自身がゲームの中で、武器を持たない、争わない戦士となり、
知性の力を使って、目の前の現実に積極的に取り組んでいく期間、とのこと。

今日は、旅の始まりだ。

明日の合わせは、初めてうかがう場所。
さきほどから、地図とにらめっこ。
迷子になりませんように・・・・(^^;)
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | HPいちご・いちえDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年09月27日

伴奏合わせ

電気の月8日 9・地球の日 KIN:217

それほど迷わずに、お宅へうかがうことができて、まずは一安心。
シューベルト:冬の旅から、「あふるる涙」
モーツァルト:ドン・ジョバンニから、「カタログの歌」
歌うのは、アマチュア合唱団でご活躍のおじさま。
声楽歴は長く、合唱でもソロを務めるほどの「実力派」だそうだ(*^_^*)
なかなか、楽しかった。
というと、余裕がありそうだけど、私自身の細かいところは、
あと一週間のうちに、もっとちゃんと弾けるようにしなければ(^^;)

指導している人は、知人の姉君。
大学の同窓生であることは知っていたけれど、
ピアノの先生まで一緒だったとは、知らなかった。
音楽の世界は狭いと言うけれど、ほんとに、せまい(笑)





13の月の暦を使い始めて、ちょうど一年。
ほとんどながめているだけで、使っているとは言えないが、
ふとしたところで、気づきがあったり、シンクロを楽しんだり。
こよみを知らなかった頃よりは、多少は何かが、変わってきているかしら。
ちょっとしたことだけでも、楽しめたら、それで良いのかもしれない。
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | HPいちご・いちえDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年09月28日

父の友人の本/お見舞い

電気の月9日10・鏡の日 KIN:218

「風と歩いた二年間  私の伊能ウォーク」(西川阿羅漢:著)を読み始める。
母から借りてきた本だ。
著者は、父の友人である。
私は、面識はないのだが(覚えていないだけ、かもしれないが)
父から、時々話は聞いていたし、父宛の年賀状をよく目にしていたので、
なんとなく、知っている人のような気がしている。

伊能ウォークについてはこちら



先日来、母方の伯父が入院しているので、お見舞いへ行く。
母から朝、誘いの電話があり、予定外の外出。
気持ちは焦りぎみだが(伴奏の練習がせっぱ詰まっているので)、
行ってきてよかった。
父と同い年の伯父は、父が生きていればこんな感じ、と思える存在の人
なので、まだまだ元気でいてもらわねば・・・。
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | HPいちご・いちえDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする