[PR] SEO対策 いちご・いちえ: (2)紙芝居

2005年02月26日

(2)紙芝居

使命を背負って、[竜神王]と戦うべく、天の祭壇へ向かいます。

ところが、通常戦なのに、ものすごく苦労しているのです。
通常クリアは、たぶん標準よりも高いレベル(主人公46)で迎えたと思うのだけれど、なにか、力不足のような気がします。

心配になって、また錬金に走るプレイヤー。
「太陽のかんむり」を作ろうと、レティシアへ材料調達に出かけたら、スカウトモンスターのはぐりんちゃんに遭遇。宝箱そっちのけで、追いかけまくり。やっとつかまえて、お誘い。
材料の方も手に入れて、錬金しながら、竜神族の里へ戻り、エイト用のメタルキングのヤリを探します。

そうこうしながら、再び、祭壇へ向かいますが、途中、死人続出。
ククールがやられて、エイトがザオラル。ククールがよみがえったかと思いきや、今度は、エイトとゼシカが・・・・!!
すかさず、ククールがザオリクをかけて・・・。その間に、ヤンガスは瀕死の重傷。
と、こんなのの繰り返し。とても通常戦とは思えない(>_<)
心配しつつも、歩みは、奥へ奥へ・・・・。
とうとう、着いてしまいました。

苦戦覚悟で戦闘開始。
大変には大変だけれど、思ったよりは、戦いは楽。
ラプサンスーチョンの方が、ずっと大変だったし、嫌らしい戦いだったな。
誰もカンオケにならずに、やっつけることができました。

さて、いよいようわさの紙芝居が見られるのかしら。
すでに、その筋の情報として、エイトの出生の秘密はうすうす知っているけれど、やっぱりこうして、目の当たりにするとじ〜ん・・・・。
おじいちゃーーーーん!と、紙芝居屋さんに、抱きついて泣きたい気分です。
エイトをぎゅうっと抱きしめてやって!初めて会う、肉親ですもの。

その、おじいちゃんについて。
正体を知って、ショックだという人もいるようですが、私は、「あれ」がおじいちゃんだったことは、けっこう気に入っています。
むしろ、これからの旅(2周目も含めて)、楽しめそうな気がします。
単に私が、じいさんキャラが好き、ってことかもしれませんが。
おじいちゃん、バンザイ!

さてと、これで、もうひとつのエンディングを見られる条件は、そろったわけで、ああして、ああすれば、見られるんですよね、たぶん?
でも、それはもうしばらく、お預けにします。
もう少し、レベルを上げつつ、竜の試練を少しやってからにしよう・・・・。
まだ、やっぱり、決心がつきません(^^;)
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | PS2版DQ8(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]