[PR] SEO対策 いちご・いちえ: エンディングショック

2008年05月23日

エンディングショック

DQ8(1周目)の再録が、通常エンディングを迎えました。
我ながら、壮絶な最後、でした!?
ホントにね、こんなに恥ずかしい記録を、掘り起こさんでもよかですたい(←どこの人?)
冒険自体、うまく進められず、戦いも下手だし、時間もかかっているし。
それに輪をかけて、姫さまと、バトルになろうとは。
でも、忘れていたこともあったので、自分では、色々と、へぇ〜、と思って読み返しました。
たとえば、兄弟にしても、自覚していたのより、かなり以前から、気になり始めているし、装備していた武器の選び方にも、そうだったっけ?と記憶が抜け落ちていたり。ブーメランを装備したエイトくんの背中を思い出して、ドキドキしたり。
冒険を始めた頃は、淡々としていたのが、だんだん熱くなってくるのが、たまらなくおかしいのだけれど、そこまで8にはまっていたんだな〜、とあらためて思います。

2005年の初めに、最終決戦を終えた後、何日かしてから、プレイヤーは、せんちめんたるじゃーにー(もう一つの旅)に出ました。
世間では、2周目と呼ぶのでしょうが、当時は、姫さまの呪縛から逃げたかった?というか、一から出直したい気分でした。
それに、ククールに対して、あまりにも誤解を重ねていたので、彼を優遇する冒険をして、おわびをしたかったのです。そして、正面切って、兄弟対決を見守りたいという、思い入れもありました。
その記録は、PC内のどこかに埋もれているはずです。
ただ、2周目は、ゴルド戦(兄弟対決)までしかやっていないし、途中で、また1周目の続きをしたり、プレイをお休みしたりしながら、進めたので、長期にわたりました。そのため、記録の形態が色々で、まとまったものにはなっていないのです。最終的に、ゴルド戦にたどりつくまでの、少し前からのことは、「DQ/いろいろ」に、パラパラと入っています。(たぶん、このあたりの、2006年2/17〜3/7)。

そんなわけで、なかなか通常エンディング後へ進めなかったのですが、あることをきっかけに、続きの冒険をすることになりました。
また、順にアップしていくので、よかったら、おつきあいください。
posted by きるしゅ at 14:04| Comment(0) | DQよもやま話(16/01まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]