[PR] SEO対策 いちご・いちえ: 鉱山(発掘)のやり方 初歩の初歩(自分メモ)(牧場物語キミと育つ島/女の子編)

2020年06月25日

鉱山(発掘)のやり方 初歩の初歩(自分メモ)(牧場物語キミと育つ島/女の子編)

こちらの続きです。


「メーカー設置のためのアダマンタイト獲得」という目標ができて、
鉱山へ向かうモチベーションが高められたタマコ(プレイヤー)。
目指すは25階のアダマンタイトですが、
まずは、日々の空き時間にちょこっと発掘作業をやってみることに。

その前に、そもそも、どうしたら鉱山へ行くことができるのでしたっけ?
おさらいです。

■まずは、鉱山へ行けるようにしよう
最初の最初、ひなた島へ漂着した時点では、鉱山がある森林エリアへつながる橋がなく、
鉱山へ行くことができませんでした。
1)大工のゴランが島へ来るイベント(1年目春の月11日)があり、「街2エリアへ行ける」ようになります
こちら参照
2)「街2と草原エリアへの橋を建設」(タマコの場合、1年目秋の月1日でした)
……と段階を踏むと、ようやく「街1と森林をつなぐ橋の建設」ができるようになります。
タマコは、1年目冬の月13日に街1と森林をつなぐ橋が完成。
これで、行きたい時にいつでも鉱山へ行けるようになりました。

●鉱山超初心者(=プレイヤー/笑)の悩み
・すぐに落とし穴に落ちて強制帰宅してしまう
・どの食料を持って行けばいいかわからない
・ちまたで言われている「必要なアイテム」が手に入らない
これらを解決しつつ、発掘、頑張ります。
意見には個人差があるところですが(笑)、ワタシはこんな感じでやっています。

■初めての鉱山 初歩の初歩(日々の牧場作業の合間に“少しだけ発掘”する)
1)セーブとロード(これは初期だけでなく発掘作業には欠かせないかと)
発掘作業で一番大切なのは、セーブとロードだと思っています。
食料とかハンマーにつけるすてきとか、体力が増えるアイテムとかではなく、「セーブとロード」です!!
誰も教えてくれなかったけれど、やっとこれに行き着きました。
あ、え?当たり前すぎですか?そうですか(汗)
鉱山へ到着したらセーブ。
少し発掘作業したらセーブ。
落とし穴に落ちて強制帰宅したらロード。
階段を降りたらセーブ。
リュックの中身を整理したらセーブ。
食料をたくさん食べた直後、落とし穴で大幅に体力消耗したらロード。
……こんな感じです。

たぶん、ぼくもの愛好者やシミュレーションゲームに慣れている人にとっては当たり前なのでしょうけれど、へっぽこDQプレイヤーのワタシとしては、セーブはゲームを終わりにする時、リセット(リロード)はよほどの失敗をした時やむなく、という場面だけ。
こんなに頻繁にセーブ(ロード)してよい、というのが目から鱗、でした。
大切なのは、生還すること。
“強制帰宅”すると、有無を言わさずベッドで休むことになり、翌朝の体力が半分しか回復しません。
よほどの理由がない限り“強制帰宅”は避けた方がよいと思います。

2)ハート型の草を拾いまくる
ゲーム冒頭から調達できるハート型の草。
初期は貴重な食料のはずですが、鉱山へ行く行かないにかかわらず、色は気にせず拾いまくり!!
最初のうちは、日々の食事で使い切ってしまうけれど、そのうちだんだん備蓄できるようになるはず。
体力回復には、藍の草、青の草が良いようですが、他の色も、ゆくゆくは、リラックス茶の葉の材料になるので、拾っておいて損はないです。
日々の牧場作業の合間にちょっと発掘……というだけなら、青っぽい草を持って行くだけでも大丈夫かと。
さあ、青っぽい草をリュックに入れて(もちろん、クワとハンマーも)出発!

“少しだけ発掘”のやり方
・なるべく体力、満腹度を満タンに近い状態にして鉱山へ行く
・入り口でセーブする
・クワで掘って階段を見つける(なかなか見つからない時は、体力が無駄になるのでロードした方がいいかも)
・発掘作業(+体力確認+栄養補給)
・適宜セーブ
・落とし穴で強制帰宅してしまったらロード
・クワで掘って〜を繰り返す
※体力、食料が尽きそうになったら、あるいはリュックがいっぱいになったら地上へ戻ります
こまめに食べる&こまめにセーブ、が“生還”の秘けつかと思います。
食料は、すでにゆで卵などがあるなら、もちろんそれも使って。
草しかないよ……という方も、セーブとロードで、レッツ、チャレンジ!!(笑)

さて、タマコは、やり方に少し慣れて、並行して食料調達も進んできました。
次は、アダマンタイトを取りに行きます。
posted by きるしゅ at 11:14| Comment(0) | 牧場物語キミと育つ島/女の子編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]