[PR] SEO対策 いちご・いちえ: DQ余話&音声入力

2020年03月26日

DQ余話&音声入力

主人公のオート戦闘(DQ余話)
現在、DQ11(3DS版)をやっていて、便利と言えば便利だけどなんだかなーと思うのは、主人公(自分)もオートで戦えてしまうこと。
過去にはここで、戦闘時、主人公が馬車の外にいるとボタン操作が多くなって面倒(DS版6)、という話をしているが、実際にその必要がなくなったら、これまた主人公(自分)の意思とは関係なしに事が進んでしまうことに、不満と戸惑いがないといえばうそになる。
わがままというか、あまのじゃくというか(苦笑)
まあ、11だって以前のようにしたければ、主人公だけ「めいれいさせろ」にすればいい話かもしれない。
と考えると、操作性が良くなったことになるのでは?
聞くところによると、主人公もオートOKになったのは、3DS版8から、だそうな。
ということは、DS版9は、従来通り?
9は未プレイで、いつかはやるつもりでいるのだが、その時になったらまた「面倒」と言い始めかねないワガママなプレイヤー(汗)

音声入力
話は変わるが、最近、ようやく音声入力に抵抗がなくなってきた。
誰でも音声入力がしやすくなった当初は、私の話を認識してもらえなくて、以来ずっと避けてきた。
それに、スマホに向かって一人でしゃべっている姿を人に(たとえ家族にでも)見られたら、聞かれたら、と思うと恥ずかしくてできなかったのだった。
ところが、ある時イイマ先生がメールを打つのに音声でやっているのを何かで見て、それがけっこう衝撃的で、試しに自分でもやってみたら、ちゃんと正しく文字にしてくれた。
いつの間にこんなに進歩したのか!と感動的ですらあった。
それ以来、時々使うようになったのだが、これがまた、意外に難しい。
考え考えしゃべっていると、いつの間にか切れていて、録音されていなかったり(それこそ一人でしゃべっているだけ状態)、長い一文の途中で修正しようにも、そのまま、か、全削除かの二者択一になってしまったり(このあたりは、まだ仕組みがよくわかっていない/汗)。
それでも、DQプレイメモが格段に便利になったのは言うまでもない。
っていうか、これ、つい4、5日前から使うようになったのだ。
相変わらず、だらだらしたプレイメモだが、ブログ記事にするのはかなり時短でラクだ。
しばらくは、この方法でやっていこう。
でも、人前でオッケーグーグル、とかいうのは、やっぱり言えないかな。
posted by きるしゅ at 14:43| Comment(0) | 日常2003〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]