[PR] SEO対策 いちご・いちえ: 寄り道(クエスト)〜クレイモラン

2020年03月11日

寄り道(クエスト)〜クレイモラン

気になっていたいくつかのことを確かめに行くことに。
まず、ダーハルーネの歌自慢のおじいさん。
古い(レベル23くらいだったか)の冒険の書を開いてダーハルーネを訪ねると、いたいた、おじいさん。んで、同じことを話してくれた。
やっぱり一度話を聞いていたんだね。これですっきり。
いったん冒険を終了して、いつもの「中断」からスタート。
ルーラでデルカダールへ行けるのか案件も、デルカダール城下町が登録されていた。
カミュは行きたがらないけれど、あの町、一応全部探索したはずなのだが、3Dの操作に手間取ったり、慣れないこと続きで、あまり印象がないんだよね。どうせ捕まらないなら、もうちょっとよく見てこようかなあ。(意味ないかもしれないけど)
さて、本筋の旅は、白の入江から海を北上。途中から雪が降ってきた。クレイモランに到着すると不穏な曲が流れていて、町ごと凍り付いている。町の外にいる人から西から入れると聞いて、西側の魔法の鍵扉(ってことは、壁画退治をしないとここへ来ても話が進まないってコトか。その時点で来てもすでに凍っていたのか?)から町へ入る。
女王様だけ凍っていなくて、東の平原の森に魔女が潜んでいて、魔獣も手なずけているから気をつけてください、とのこと。
ロウじいちゃん、ここの王様と知り合いだったみたいだけど、王様はすでに他界。でもブルーオーブはここにあるらしい。
魔女は怖いので(え)、メダル女学園で請け負った、壁新聞クエストをやることに。
行ってみて思い出したが、この看板、シルバーオーブを取りに来た時、あったよね、たしか。
なんだろう、って思ったけど。で、書かれていたのは、なんとトンミへの恋煩いの相談だった。大切な旅が終わるまで待っていますみたいに言われたけど、いやいやいや、ブリジットさん(リップス?)は遠慮しておくよ(滝汗)ちょっと、おじゃる丸のおかめ姫を彷彿させるキャラ(個人の感想です)。お礼はメダ女の制服。3つ目。仲間の女子3人みんなで着られるように、かな。現在双子が着ているんだけど(前回のプレイメモで、これからメダルのご褒美でもらうように書いたけれど、すでにもらって二人で着ていた、おっさんいつの間に。いやオッサンは関係ない)、2Dで見ててもかわいいので、マルティナにも着せて3Dで見てみようかなあ。
そうだ、もうひとつ、メダ女のクエストがあるのだが(女王のムチを作るヤツ)、材料(かがみ石)が足りなくてできない。
かがみ石、どこかで売ってるんだろうか。
と、ここまでやって、クレイモラン東の平原へ行ってみた。氷の上はすべってしまい、これはかんじきでも買わないといけないのかと思ったが(思考回路が桃伝)、クレイモランは凍り付いているし。滑ればいいみたいなのでやってみたら、少し奥まで進んでしまい、リアルに夜も更けてきたので中断した。
デルカダール兵士が助っ人で入っているみたいなんだが、隊長が寒がりでどうのとか言っていたな。隊長ってだれ?グレイグ?ここで仲間になるのかなあ。このまま突っ込んでいっていいのだろうか。レベル32か33のトンミ。
次回の冒険に続け!ってか、冒険じゃなかったっけ(今回の旅)。逃げつつ冒険しているんだっけ?
何しているんだか、わからなくなってきたでござるよ(汗)
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | 3DS版DQ11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]