[PR] SEO対策 いちご・いちえ: さよならレシピ

2019年10月31日

さよならレシピ

台所の机を片づけるために、料理レシピを見直して、処分することにした。
「懐かしさ」だけで場所ふさぎの物を取っておくのは、残りの人生を軽やかにするためには意味がないように思える。
ノートが8冊。
ポケットファイルが9〜13まであるから、5冊。
目次ノートと照らし合わせつつ、思いきってざっくり処分する。

最初の一冊は、記念に取っておくことにして、あとは必要なければ捨てることに。
オレンジページの切り抜き、
ひとりでできるもん、や、金子信雄の楽しい夕食を書き取った物、
大地を守る会のパンフレット
きょうの料理のテキストをきりとったもの、
……と、年を追うごとに内容が変わってきている。
この中で、定番になったレシピは数えるほど。
焼き肉サラダとか、牛肉とレタスのオイスターソース炒め、など。
あとは、一度も作ったことがないものの方が多い。
今ならネット検索でレシピがごまんと見られるが、昔は本を買うか、自分で集めるかしかなかった。
料理が苦手な私は、いざというときに食材に合わせて何か作れるように準備をしておくことで、8割方安心できたのだろう。
でも、料理自体は、結局物にならなかった。
それは、あまりにも夫と好みが違いすぎた。
それは今でも変わらない。
ただ当時は、夫のためにと思えば思うほど、喜んでもらえずに苦しい思いをしていた。
今は、もうどうでも良くなった。自分がおいしければそれでいい。

食べることは、生命を維持できればそれでいいと思っている。
もう、誰かのためとか、そんなのはやめた。
自分がおいしくて、健康でいられればそれでいい。

誰かのために、は、もう疲れた。
ラベル:こもごも2019-
posted by きるしゅ at 14:49| Comment(0) | 日常1810〜2003 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]