[PR] SEO対策 いちご・いちえ: しをんアニメ

2018年12月06日

しをんアニメ

TVアニメ「風が強く吹いている」を録画して見ている。
放送されているのを知ったのは、すでに第2話の放送が終わってから。
原作を10年ほど前に読み、好きな小説のひとつとなったが、図書館で借りたこともあり、読み返すこともなかった。
たしか舞台化もされたよね。実写版の映画もあったよね。
そのつど、あ、と思ったけれど、若い人向きだろうし、まあ、見に行くほどではないかとも思って(映画はちょっと見たかったけど時機を逸してしまい)そのままに。(今調べたら、漫画もラジオドラマもあったらしい)
で、アニメ。原作者、三浦しをんさんのアニメは、「舟を編む」が記憶に新しい。
あれがとても良かったから、今度も期待しつつ見始めた。
ワタシのことなので、ドラクエ同様、好きといいつつ、小説の中身は、いい具合に忘れている。
言い訳がましいが、ばっちり小説の記憶があると、ここが違う、あそこはどう、などと、突っ込みたくなるだろうけど、それがないので、楽しく見られるのは、うれしい。毎回楽しみにしている。
しかし、昨日、うっかり書店で、文庫本を手に取ってしまった。
ちょっと立ち読みして、期間限定カバーに「うわーっ」となって、その裏にある書き下ろし特別読み物をちらっと見て、やっぱり立ち読みはいかん(笑)って思って……お買い上げしたでござる!
アニメを見つつ、小説も読み始めてしまい、まんまと、ハマってしまったさ。
うん、でも、アニメとの違いは気にせず、たぶん読めると思う(汗)
そもそも、三浦しをんさんの小説の魅力は、漫画みたいなところだと思っている。あ、これ、読みようによっては、否定的に聞こえるかもしれないが、そうじゃない。すんごいほめてるの。文字だけなのに、ぱぁーーーっと場面が浮かぶ。展開のペースが小気味よい。うまく言えないけれど、そこが大好き。
だから、アニメは自然に映し出されるのだろう。
個人的には、「仏果を得ず」のアニメ化希望。内容的に難しいかもしれないけど、見てみたい。
映画化でもいいよ!落語がドラマや映画になるんだから、文楽だってその気になればできるでしょう?(誰か作って)
……と話がアニメからそれてしまったが、そんなわけで、三浦しをん原作のアニメ「しをんアニメシリーズ」、できないかなあ(誰か作って/笑)。
posted by きるしゅ at 17:56| Comment(0) | 日常1810〜2003 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]