[PR] SEO対策 いちご・いちえ: バラモス戦〜アレフガルド(Wii版SFC/DQ3プレイメモ18)

2018年11月30日

バラモス戦〜アレフガルド(Wii版SFC/DQ3プレイメモ18)

一年ぶりに冒険を再開したのですが、地図を見るボタンがわからなくなっていました。
適当に色々押してみたけど、ダメだったので、もしかしてそういう機能はなかったかな、とあきらめ、見る時は、いちいち袋を選んで「つかう」とやっていました。
ところが!先日、自分が書いたプレイ記を読み返していたら、なんとまあ「マイナスボタンで見られる」と書いてあるではないか!
やってみたら、ちゃんと見られました。
……とまあ、相変わらずボケボケなプレイヤーです。

181128
バラモス戦
だめもとで、バラモスと戦ってみることにした。
勇者きるしゅレベル28。
イオナズン対策で、まほうのよろいが良いと聞いたので着替えたり、薬草などを準備。
で、頑張ったんだけど、早々に負けてしまった。
うーん、まだダメかな。
直前で中断セーブしてあったので、リセットしてもう一度やってみたけど、勝てそうにないのでリセット。

出直してくることにして、外で少しレベル上げなど。
ラーミアに乗って、変化老人を訪ねたら、今度は、普通の男の人に化けていた。
「偉大な魔法使い」と言っても、飾らないフツーのおじいちゃん。そういうとこ、けっこう好きかも。

はぐれメタルを数匹倒したおかげで、勇者レベルが30に。
うまく戦えば、なんとかなるのではと思い、再びバラモスのところへ。
ラリホーが効くと聞いていたのだが、あまり役に立たず。(ねむりのつえも)。
かかってもすぐにとけてしまうんだよね。
それでも、がっちりスクルトをかけて、バイキルトも使って。ルカニは効いたような(うろ覚え)
途中で、間違ってローレがひかりのたまを使ってしまったんだけど、意味がなかったねー(汗)
ってか、なんで持たせていたんだろうワタシ……竜の女王様にもらってから、袋に入れずに、ずっと持っていたみたい。
そんなムダなこともやりつつ、ローレに世界樹の葉を使ったけど、最後は全員そろって戦闘を終えました。
なんか、ひとりでやっつけるとご褒美がもらえるらしいんだが、まあそういうのはいいや。

全員のHP、MPが復活し、魔王をやっつけ終わったってことで、アリアハンへ戻される。
まだ先があると知っているせいか、町の人が喜んでくれてもなんだか上の空。
王様に会いに行くと、地震?が起こっておぞましいゾーマの声。
ああ、これで実家に泊まれなくなっちゃったなあ(そこか)。
泊まりに帰るたびに、仲間達がいる前で、かーちゃんから「わたしのかわいいきるしゅ」とか言われるのが恥ずかしかったけど、泊めてくれないのも、それはそれでつまらん。かーちゃん、急に冷たくなったぞ。
しかたないから、また旅に出ることに。

ギアガの大穴の囲いが破壊されて、見張りの一人が落ちてしまったそう。
で、我々も落ちることに(お約束)。

アレフガルド
船を使っていいと言われ、東に行けばラダトームみたいに言われたけど、上陸した後、遠回りに歩いてしまい、なかなかラダトームに着けず。
魔物がけっこう強くて、心配になった。
6の悪夢(当初、元の世界に帰れない。おまけにHPも1だったね)を思い出し、上の世界にルーラできるか確認。
3は、大丈夫みたいだ。
どうにかラダトームに到着し、人々に話を聞きつつ、ラダトーム城へ。
うろうろしたら、太陽の石を見つけてしまった。どこまでも「盗賊団」な、きるしゅ一味。
ええもう、一味で否定しない。
マイラは西から船で南へ行けとか言われたような。歩いて行けないんだっけ?
あと北の洞くつがなんとか(魔王が地割れを作った?)とか。
どこへ行けばいいんだろう。

181129
船旅
言われたとおり、西から南回りでマイラへ行ってみることに。
ローレがしのびあしを唱えつつ、冒険しているが、効き目があるのかないのか。
しのびあしの御利益なのか、運がいい人達なのかわからないけど、わりと魔物に会わずに進むことができる。
途中、たぶん、町もあるのだろうけれど、寄らずにマイラへまっしぐら。
でも、ほこらがあったのでちょっと寄ってみたら、精霊のほこらで雨雲の杖をもらってしまった。
それに、精霊ルビスに仕えていた妖精と名乗る人は、ゲームの最初に性格診断をした人(人じゃないか)だったらしい。
こっちの誕生日をいきなり言ったり、失礼なことを言ったかもしれません、あやまります、みたいなことを言われた。
ちょっとびっくり。
マイラでは、ジパングから来た刀鍛冶の人が道具屋をひらいていた。
こんな話あったっけ?全然覚えていなくて情けないでござるよ(汗)
たぶん、オリハルコンを持ってくるってやつだと思うけど、まだ誰もオリハルコンの話をしていない。
まだマイラは早すぎたか。でも、良い装備品を売っているし、すごろく場もあるから、ルーラで飛んでこよう。

その後、ラダトーム北の洞くつへ。
なんと、呪文が効かず、あせりまくり。
なんの準備もなく入ってきてしまい、リレミトできないってコトでしょ。
それでも、運良く、勇者の盾をゲット。
なにか、この一味、運だけはいいみたい(笑)
そもそも、ここに勇者の盾があるかどうかなど、知らずに入ってしまったのだった。
帰り道は、攻略本を手に、無駄足をしないよう、びくびく歩く、きるしゅ一味。

そうそう、上の世界に戻る時、ロマリアへ飛んでみた。
王様、どうしているかなー。あはは、まだ、「王にならないか」って言ってる。
これ、ずっと言われ続けるのかなあ。
あとは、ギアガの大穴にいる兵士に、お連れ様はアレフガルドにいますよ、と知らせようとしたが、会話は変わらず。
穴に落ちた同僚を心配していた。

と、こんな感じで、ゾーマ戦に向けて進んでいくでござるよ。
それにしても、自分の記憶力のなさに、びっくり。
アレフガルドでのことは、ほとんど覚えていない感じ。
FC版は、最初にやったDQだったので、わけがわからず、しかも、アレフガルドは地図もなく(たしか、ゲーム付属の地図に載っていなかった)、さらに、画面が暗くてよく見えず、大変だったことしか覚えておらず。
SFC版は、バラモス戦までは、記憶があやしいまでも、多少は覚えていたりもするが、これまた、アレフガルドの記憶がほとんどない。
でも、なぜか、ゾーマ戦は、わりとすんなりクリアしたことだけは、感覚で覚えている。
そうそう、それでクリア後の裏ダンジョンの神竜?が倒せずに、終わっているのだった。
そんなわけで、今回は、アレフガルドをきちんと回って、しっかり足跡を残したいと思う。
裏ダンジョンも、最後までやりたいし。
プレイの記録も、こんないい加減だけれども、とりあえず、書いておくと、役に立つこともあるので、自分がわかればいいというコンセプトで(コンセプトってほどじゃないが)、書いておくことにします。
昔はもう少し、ちゃんとしていたんだけど、年のせいだけでなく、色々とっちらかっているので、その時その時で、書けるように書いていきます。あるいは、急に書かなくなる場合も、あるかもしれませんが、DQはライフワーク。それだけは、変わりません。
posted by きるしゅ at 22:18| Comment(0) | wii版SFC/DQ3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]