[PR] SEO対策 いちご・いちえ: やっぱり少しは英語が話せた方がいいと思った

2017年04月16日

やっぱり少しは英語が話せた方がいいと思った

一週間ほど前、電車で、空港第2ビルから京成成田へ行ったのだが、
道半ば(?)ほどで、東洋系の旅行者らしき人が、片言の英語で話しかけてきた。
旅人「この電車は上野へ行くか?(みたいなこと言った)」
ワタシ「いえすいえす」
旅人「(少し不安そうに)上野へ行く?」
(あれ?この電車、どこ行きだっけ?)
自分が京成成田へ行くだけだから、行き先を確認していなかったのだが、
それは、なんと、西馬込行きであった。
ワタシ「ああ、のおのお。(うーん、上野へ行くにはどこで乗り換えるんだっけ?)」
旅人は、路線図を広げ、京成線をなぞっている。
ふと、青砥で乗り換え、っていうことを思い出し、
ワタシ「おお!あおとでえくすちぇんじね」
旅人「?????(なんじゃい?みたいな反応)」
(あれ、乗り換えって、何て言うんだっけ)
旅人「うえの、うえの」(繰り返すタビビト)
ワタシ「えー、あー、あおとすてーしょん、あ!とらんれいと?」
車掌アナウンス「まもなく−、なりたーなりたー」
(ありゃあ、駅に着いちゃうよ、困ったなあ)
旅人「どのくらいじかんかかるか?(っぽいことを言う)」
ワタシ「おわっ、へっ、そおりーそおりー、おりますおりますよ(汗)」
旅人「?????」
車掌アナウンス「なりたーなりたー」
ワタシ「あわわわっ、ご、ごめんなさいっ(最後は日本語)」
……というわけで、すたこら、電車を降りたとさ。(なさけなか)
成田駅に降り立ち、息を整えて冷静になってから思った。
えくすちぇんじは、両替じゃなかね?(滝汗)
乗り換えは……ふと、駅の表示を見たらトランスファーと書いてあった。
でも、彼は、青砥までどのくらいかかる?みたいなこと言ったから、乗り換えないといけないことだけは、一応通じたか。
でも、青砥まで何分かかるかなんて、知らないしなあ。
でもでも、ワタシがもっと電車に乗っていれば、スマホアプリで調べて教えるとか、できたかも。
オモテナシ、できなかったね。
でも、何十年ぶりかで英単語(英語でなく)、しゃべって、ちょっと楽しかった。
旅人は、ちゃんと上野へ行けただろうか?
それに、今思ったけど、トランスレイトは、翻訳するじゃないかい?(今さら滝汗)
電車がすいていてよかった(誰にも聞かれないで・笑)
ともあれ、グッドラック!でござるよ。(ワタシの経験値、スライム一匹分)
ラベル:雑談
posted by きるしゅ at 18:03| Comment(0) | 日常1602〜1809 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]