[PR] SEO対策 いちご・いちえ: DQ8もうひとつの旅路(12)船を求めて  その2

2005年08月30日

DQ8もうひとつの旅路(12)船を求めて  その2

●トロデーン城図書館
やっとのことで、図書館にたどりついた一行は、「例の船」について書かれた本を探します。
ヤンガスは、「れいのふね」という本を一生懸命探し、ククールは、自分の近くの本以外は、
ハルの担当に押しつけ、いやはや、こんな調子で、本当に資料が見つかるのでしょうか。
それにしても、膨大な本の数。錬金レシピも、たくさん埋もれています。
探すのは大変だけれど、図書館は、宝物の宝庫で、ワクワクしますね。

さて、「荒野に忘れられた船」という本を見つけ、喜んだのもつかの間、結局、昔、この辺りが
海だったということしかわかりませんでした。うーむ、一筋縄ではいきません。

●イシュマウリさんに再会
と、と、と!どこかで見たことのある、窓の影が、図書館の壁に現れました。
願いの丘のてっぺんに現れた、イシュマウリさんち?へ続く、月影の窓です。
願いの丘と、トロデーンでは、まったく場所が違うのに、これまた、どうしたことでしょう。

ともあれ、イシュマウリさんと再びお目にかかります。
船の相談をすると、「大地に眠る海の記憶を呼び覚ます」ため、ハープをかきならしてくれます。
ところが、プチッ。弦が切れてしまったのです。
イシュマウリさん曰く、この仕事をするには、このハープでは、小さすぎる。もっと大きなハープが、
必要とのこと。「月影のハープ」というものが、この世のどこかにあることを教えてくれました。
ハルたちが、今まで立ち寄ったどこかにあるだろう・・・・と。
ええーーーっ、どこよ!(って、2周目なので、知っているのですけれどね)

●ハープを尋ねて三千里(寄り道、寄り道)
まずは、マルチェロ兄さんち(じゃなかった、マイエラ修道院)へ。
ここは兄弟バトルが見たくて(趣味わるっ・・・(^^;))、ククール先頭にしてみる。
と、「お前には用はない」とそっけない。
先頭をゼシカにして、再びたずねると、アスカンタからの書物に、そんなことが書かれていたと、
教えてくれました。二階からイヤミが大嫌いなゼシカですが、今回は情報を提供してくれたので、
ぐっと言葉を飲み込んだ様子です。

もう、わかってしまったのですが、ついでに、ゲルダさんちへ行ってみよう。
もちろんヤンガス先頭で入ります。
せっかく顔を出したというのに、ゲルダさん。
「あんたは、友達でもなんでもないんだ。さっさとお帰り!」。
そりゃあ、つれないお言葉ではないですか。本心は違うくせにっ!
そこをなだめて、ヤンガス、月影のハープのことを尋ねますが、ゲルダさんは知らないって。
「そうかい、すまなかったな。じゃあ、またな」のヤンガスの言葉に、ゲルダさん。
「またな、じゃないよ。このスットコドッコイ!」
あちゃー、スットコドッコイって。ゲルダさん、あんまりですよぅ・・・・・(>_<)

●ふたたび、アスカンタ城
パヴァン王に事情を話すと、あっと驚く仕掛け(水芸?)を見せられた後、宝物庫に案内されます。
が・・・・、中はからっぽ。盗賊に荒らされたあとでした。
パヴァン王は、盗賊討伐の兵を出すとか言っていましたが、ここでそれを待っていたら、DQではない。
はい、さっさと自分たちで、行きましょうね。

●もぐらもぐら
着いたところは、なにやら、ほのぼのとした雰囲気の洞くつ。
ここが、本当に、盗賊のアジトなのでしょうか。
ククールは、耳がよいのか、腐っても神官なのか(失礼)、ただならぬ気配を感じている模様。
「とてつもなくイヤな音がする。ドラゴンがうなっているような・・・・」
ええっ、ここに、ドラゴンがいるんですか?

洞くつを進んでいくと、もぐらたちが暮らしています。
なんだか、おびえているモグラもいます。
ボスの招集なんか、聞こえなかった・・・・とか言いながら、ふるえています。
ボスって何?その、ドラゴンのこと?

かなり迷いながらも、とうとう一番奥まで行きますと、そこには・・・・・・



●芸術スペシャル
でーーーーーーーん!
月影のハープを抱え、気持ちよさそうに歌っているのは、ドラゴンではなく、モグラのボス、
ドン・モグーラ。ドラえもんのジャイアンと良い勝負の歌声で、子分のモグラたちは、
耳がおかしくなりそう。もちろん、ハルたちも、耐えられません。
とにもかくにも、ハープ奪還のためには、戦闘開始。
くわ〜っ、子分のモグラたち、あんたたちを助けてやろうっていうのに、親分の方へ味方するんかい?
その親分。「芸術スペシャル」なる技をかけてきて、混乱混乱。モグラ子分も、混乱混乱。
ようやく、親分を黙らせて、やれやれ・・・・。
と、子分たちは、親分の命乞い。こちらは、ハープが手に入ればそれでよいのです。
はい、それでは、さようなら〜。

それにしても、ジャイアンばりのドン・モグーラ。姿形は、ジャイアンよりも、ドン小西に似ていると
言っていた友達がいたなぁ。確かに!モデルはそっちかな?ぷぷっ。


-----------------
170119再録:
「DQ8もうひとつの旅路」〜破天荒?せんちめんたるじゃーにー〜(12)
posted by きるしゅ at 23:30| Comment(0) | PS2版DQ8(2周目)[未完] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]