[PR] SEO対策 いちご・いちえ: 「大人の女におやつはいらない」

2016年07月15日

「大人の女におやつはいらない」


若林理砂著 夜間飛行

読み終わりました。以下、自分メモ。

その前に、著者のメルマガVol.125(2016年7月11日発行)には、
「新刊のご案内」としてこうかかれている。

以下引用------------------------
この書籍は、オンラインサロン「ハイパー養生団」で80名超の団員を
毎日直接指導して、結果、養生について初歩の初歩から説きなおすことを
しないとならないと感じてでき上がりました。

オンラインサロンの団員さんたちは、私の著作を読み、メルマガも読み、
Twitterで発信された情報も読んでいて、さらにやる気に満ち溢れて団の門を
叩いた人たちです。……ですが、それでも、ぜーんぜんできていなかったのです。

私、反省しました。この本はもっともっと理解できるようにしてみたつもりです。
養生に挫折した人、養生なんてもうわかってるし、という方、とにかく一度手に
とって読んで見てください。きっと今までよりクリアにわかるようになって、思っ
ていたような生き方が手に入ることでしょう。
-----------------------------------------引用終わり

この本には、著者の他の本(「養生こよみ」や、先日読んだ「44の養生訓」など)にある、体質チェックや、体質別の細かな対処法は載っていない。
それ以前の、「初歩の初歩」ができた上で、はじめて各対処法が生きてくる。
そういうことなのだろう。

副題でもある「上質な人生を送るための5つの習慣」は
1)夜12時前には寝る
2)三食、野菜、タンパク質(肉・魚)、炭水化物(ご飯・パン・麺)のバランスを考えて食べる
3)1日20分以上、歩く
4)シャワーですませず、毎晩バスタブに浸かる
5)おやつは食べない。食べるなら月に1度とっておきのものを。

1〜3は、養生の基本(休養、栄養、運動)。4と5は、それに付随するもの。

「習慣」とは、無意識に続けていること。
そして「今の自分はそれまでの習慣が作り上げたもの」であり、
現在、体調不良など、問題があるとしたら、
「習慣」を変えることで、改善することができる。
その具体的な方法が養生。

「おやつ」とは、本の中では、小さなお菓子(クッキーやチョコ)を指しているが、
「無意識に取り入れている余計なもの」という点では、それ以外にもある。
何気なくさわるスマホや、調べ物があるわけでもないのに、ネット上を徘徊するなど、
時間泥棒的なものも、「おやつ」という言葉に象徴されているように思う。
大人の女に“おやつ”はいらない
私にとっては、食べるおやつよりも、こちらの方が問題なのだ。

今の自分を変えたいなら、習慣を変えること。
習慣の一部を、新しい習慣に置き換えること。
そして、それを継続すること。

私にできていないのは、とにかく続けること。
知っているだけでは意味がない。
「自分のもの」になるまで続ける。
残りの人生、有意義にするには、これが必要。

養生は、元気になるため、ではない。
やりたいことができる自分になるため、だ。
この本と「養生こよみ」は、いつも手元に。
がんばる。
ラベル:
posted by きるしゅ at 16:58| Comment(0) | 日常1602〜1809 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]