[PR] SEO対策 いちご・いちえ: 6月19日

2005年06月19日

6月19日

■博士の愛した数式
小川洋子著のこの本は、昨年、高校生向けの読書感想文課題図書になった本。
出版されたときにも、話題になっていた記憶がありますが、やっと手元にやってきました。
高校を卒業して、何がうれしいと言ったら、「もう一生数学の授業を受けなくていい!」というほど、苦手だった算数、数学。決して嫌いではなかったのだけれど(たぶん、これができる人はかっこいいのだという思いこみがあったのだと思う)、私の脳みそには、なじんでくれなかったのです。にも関わらず、こんなに感動するとは、正直思ってもいませんでした。
これは間違いなく「ラブストーリー」です。でも、恋愛小説ではありません。
色々な種類の愛が見えます。それぞれの人の、それぞれの人との・・・。
それを取り持つのが、数字であること、数式であることが、とてもとても不思議です。
気がつくと、約数を探しながら、メモ用紙に書き付けている自分がいました。
思い出しました。私が最初に乗った車のナンバーは、素数でした。23-57(笑)
数学が嫌いな方も、ぜひぜひ手にとってください。数字が愛おしくなりますよ(*^_^*)
posted by きるしゅ at 01:00| Comment(0) | HPいちご・いちえDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]