[PR] SEO対策 いちご・いちえ: 東洋医学式 女性のカラダとココロの「不調」を治す44の養生訓

2016年06月24日

東洋医学式 女性のカラダとココロの「不調」を治す44の養生訓


若林理砂著 原書房

地元の図書館には蔵書がなく、なんと「君津市立中央図書館」から
はるばるやってきた。ありがとう!!
約1年半前に出会った、若林理砂さんの養生(健康管理の基本)。
「何も特別なことはない、魔法もない。
もう、ほんとに普通なのよ。
ちゃんと食べて、動いて、寝る。それだけ。」
いつも、著書やメルマガ等を通して、そう、若林さんはおっしゃる。
だが、わかっちゃいるけどできないのが人の常。
だから、みんな、「○○健康法」やら、「××をやめなさい」やら、
「△△だけダイエット」に走るのだ。
でも、若林さんの本を読むと、それらは幻想に過ぎず
(というか、意味がない、あるいはひょっとしたら逆に健康から遠ざかる?)
とにかく「食べる、動く、寝る」は普遍的だということを思い知らされるのだ。
そして、やりなさいと上から目線で言いっ放しにするのでなく、
やり方を具体的に教えてくれるのが、彼女の著作。
メルマガでも、本でも、なんなら、ネット上で読めるものまで、色々とある。

この本は、女性に向けた本で、特に若い人向きと思われるが、
70代以降の過ごし方まで言及されていて、来し方行く末、
全世代の女性に役に立つのではないかと思う。
個人的には、更年期以降の記述に、とても勇気づけられた。
ただ、語り口が少々独特(メルマガの引用が多いせいか?)なので、
好みは分かれるかもしれない。
それが嫌なら、別の著書を手に取ってみたらいい。
書いてあることは、至極まっとうで、普遍的。
つまるところは「食べる、動く、寝る」だから。
でも、それが、本当に本当に大事だということが、よくわかる。
続けられない、と思っても、とにかくやる。
いったんやめてしまっても、またやる。
健康になるために、ではなく、
やりたいことができる自分になるために。めざせ仙女様!
160622読了

追記:
ただ、気になる点(間違いと思われるところ)が少々ある。
混乱を避けるために、ここでは指摘しないが(私も自信がないので)、
「?」と思ったら、問い合わせるなり、自分で調べて見るなりした方が良いかも。
ラベル:
posted by きるしゅ at 21:28| Comment(0) | 日常1602〜1809 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]