[PR] SEO対策 いちご・いちえ: 火花

2016年05月17日

火花

以下、自分メモ。
母が買ったものの、半分までで止まっていたのを借りてきた。
話題作なので、あらすじは耳にしていたが、想像していたのとは少し違っていた。
久しぶりに読む「文学」だからか、視線が文字にいちいち引っかかる感じがして、
読みやすいとは言えなかったが、読み応えはあった。
前半は、具体的な映像が頭に浮かびつつ、読み進めたのだが、
後半、それをあまり感じなかったのは、ストーリーに気を取られていたからなのか、
描写が変わったのかはわからない。
最後の急展開は、ちょっとついていけないところではあるが、
ともあれ読了。二作目にも期待。
(5/2〜5/16)


又吉 直樹著 文藝春秋
ラベル:
posted by きるしゅ at 21:31| Comment(0) | 日常1602〜1809 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]