[PR] SEO対策 いちご・いちえ: フルートづくし

2003年10月26日

フルートづくし

自己存在の月9日12・世界の橋渡し(白い水晶の世界の橋渡し)の日 KIN:246

フルート、2回目の伴奏合わせ。
そのあと、「糸井正博 フルート協奏曲の午後」(於:勝田台文化センターホール)を
聴きに行く。

ヴィヴァルディ:ピッコロ協奏曲 イ短調 RV.445
シュターミッツ:フルート協奏曲 ト長調 op.29
モーツァルト:フルートとハープのための協奏曲 ハ長調 K.299

ピッコロを「まとも」に聞いたのは初めてだった。
フルートの小さいの、という認識しかなかったのだが、あれは、全然違う楽器のような気がする。
フルートもピッコロも自在に操れる人は、すごい。
シュターミッツは、以前、第3楽章を伴奏したことがある。
・・・違う曲のように聞こえた(^^;)
モーツァルトは、何度も耳にしているが、コンサートで聞いたのは初めて。
ハープの音色にうっとり〜〜。
フルートは、ハープとか、ギターとか、弦をはじく楽器と合うのだろうか。
とても自然な響きが醸し出される。





水晶の日は、わいあーさんからのメルマガが届く日だったが、
今回でメルマガ終了、となった。
今まで、ありがとうございました。

posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | HPいちご・いちえDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]