[PR] SEO対策 いちご・いちえ: 落とし穴

2006年04月16日

落とし穴

ルピシアのお店で、ダージリンフェスティバルの招待券をいただいてきました。ファーストフラッシュの試飲や、お菓子の試食、茶器なども見られるそうです。たくさん人が集まるところは苦手ですが、今回は勇気を出して行ってみようかと思います。
お店まで行って、手ぶらで帰ってくるはずはなく、ティーハニー(さくらんぼ)を買ってきました。お茶も欲しいのはやまやま、だけれど、うちには開封済みのお茶がたくさんあるので、今日はガマン(^^;)


さて、千葉県婦人合唱連盟合唱交歓会へ行ってきました。
この催しは、今回で36回を数えるそうですが、今まで存在すらも知らず(失礼)、どんな雰囲気の催しなのかもわからなかったのですが、うちの合唱団宛にお誘いが来て、初めて参加することになったのでした。
各団体の「色」は本当に様々で、おもしろいなあと思いました。

初めての催し。
初めてのホール。
初めてのピアノ。
リハーサルはステージではなかったので、ステージのピアノはぶっつけ本番で、さわりました。他団体の演奏を聴いていて、とても響きの良いホールだということは気づいていたのですが、まさか、それが落とし穴になるとは、思ってもみませんでした。

どうも、ピアノの音が大きすぎたらしいのです。
言い訳がましいですが、私の弾き方はどちらかというとタッチが弱くて、「もっとしっかり弾いて欲しい」とか「強めに」と言われることの方が圧倒的に多く、「もっと控えて欲しい」と言われたのは、今までに一度しかありません。確かに、とても弾きやすいピアノだったし、ステージの響きもよく、弾いていてとても気持ちが良かったのです。
正直言って、一瞬、「もっと弾いていたい」と思ったくらいでした。
しかし、それがいけなかったんですね(滝汗)
コーラスの声もちゃんと聞こえていたので、それほどピアノが出ているとは夢にも思わず、バランスも含め、いつもと同じように弾いた(つもりだった)のでした。
音量のバランスチェックもできず、本番に臨んだのだから、しかたないと言えばしかたないですが、ちょっと頭を使えば、想像できたことだったかもしれません。でも、これほど音響の良いホールで弾いたのは、生まれて初めてなんです。とても考えが及びませんでした。
学ぶことは、まだまだたくさんありますね。
posted by きるしゅ at 19:26| Comment(0) | 音楽(07/10まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]