[PR] SEO対策 いちご・いちえ: さくら〜さくら〜

2006年03月30日

さくら〜さくら〜

はなざかり〜♪
でも、寒いです。
北国は、雪が降っているというし、このあたりも、北風、です。
なんとなくちぐはぐな陽気ですが、お花見の季節になりました。

コブクロの「桜」を初めて聞きましたが(いまごろ、スミマセン)、いい歌ですね。
桜というと、森山直太朗「さくら(独唱)」が浮かびますが、実はこちらも、ちゃんと聞いたのは、それが世間で有名になってかなり経ってからのこと。(この「さくら」のプロモーションビデオでピアノを弾いていたのが、倉田信雄さんだそうで、これも最近知ったことです。)
若い人たちの歌を避けているつもりはないのですが、やっぱりなかなか耳に入ってこないので、「良い歌」を取り逃がしていることも多いのかもしれません。もうちょっと、アンテナを高くした方がいいかな。
古い歌なら、やはり「花」(武島羽衣・詩/滝廉太郎・曲)。
もしかしたら、今までで一番たくさん伴奏をした曲、かもしれません。
なにしろ、中学時代の校内合唱コンクール以来のつきあい、ですから。
この間、ふとハモってみたくなり、夫の前で前奏を口ずさんで、いざ歌の部分に入ったら、二人とも下のパートへ行ってしまいまして(^^;)
暗譜でハモれる数少ない曲のひとつです。
桜の美しさは、咲き始めて良し、満開で良し、散って良し。
昼夜問わず、まさに「げに一刻も千金の ながめを何にたとうべき」です。
posted by きるしゅ at 21:48| Comment(4) | 音楽(07/10まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きるしゅさん、こんばんは
さっきMステの「春のうたベスト111」を観ていたら一番にコブクロの「桜」が入っていましたよ。私は娘が学校の合唱コンクールで歌うのを聴いて知りました。なかなかいい歌ですね。でも、私もむかしの童謡、唱歌のほうが好きかな。本も持っていてときどき、子供たちや母と歌っています。小さい頃、よく母が枕元で「浜辺の歌」を歌ってくれました。「花」も大好き!情景が浮かんできますよね。
ご主人とはもられるなんて素敵ですね(^^)v

Posted by 夢香里 at 2006年03月31日 22:05
★夢香里さんへ
Mステ、見れば良かったわ。ぽちたま、見ていました(^^;)
「浜辺の歌」は、鈴木重子さんが歌っているのと、その伴奏を弾いていて、ピアノソロもある、ウォン・ウィンツァンさんの演奏が印象的です。
テンポがとてもゆっくりなのだけれど、ゆったりしみじみ、幻想的な雰囲気もあってすてきです。

ウォンさんのは、↓で試聴できます(リアルプレーヤーが必要ですが)
http://www.satowa-music.com/cd/cd-doyo.html

夫との二重唱は、それはそれは、悲惨なもので。
久しぶりに歌ったら、相手パートにつられてしまって、めちゃめちゃでした(笑)
一人だと、歌えるのですけれどねー、っていいわけです(^^;)
Posted by きるしゅ at 2006年04月01日 13:39
きるしゅさん、こんばんは
ウォン・ウィンツァンさんの「浜辺の歌」視聴しました。他もいろいろ、、、。
とっても心に響く音を奏でる方ですね。知りませんでした。
素敵な演奏家を教えていただいてありがとうございます♪
Posted by 夢香里 at 2006年04月05日 22:09
★夢香里さんへ
ウォンさんのピアノ、良いでしょう?(*^_^*)
私も、友人から教えてもらったのです。
また、別の友人からも紹介されて、「私も聞いているの!」な〜んて、意気投合したこともありました。
気に入っていただけて、うれしいです。
Posted by きるしゅ at 2006年04月06日 10:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]