[PR] SEO対策 いちご・いちえ: ジャム作り

2006年03月23日

ジャム作り

なんとなく、ウォンさんのピアノが聞きたくなって、「海より遠く」をかけました。
それを聞きながら、キウィフルーツのジャムを作っていました。
ジャムは「弱火で時間をかけてとろとろ煮るより、中火で短時間の方がおいしくできる」と、どこかで読んだので、それを心がけてやってみました。
それなりに、おいしそうにできたので、よかったです。
ここ何度かジャムを作ってみて、フルーツと砂糖の甘い香りが強くなって、台所にいい具合に漂ってくるころが、「できあがりの目安」なのだなあと気づきました。
煮詰め具合の見極めは、見た目だけではないのですね、くんくん。

【作り方】
1)キウィフルーツをいちょう切りにして、鍋に入れる。
2)キウィフルーツの重さの30パーセントの砂糖をまぶし、レモン汁をかけ、15分くらい置く。
3)中火にかけ、あくが気になるようならすくい、15分ほど煮る。
4)まだ水っぽいようだったら、様子を見ながら続けて煮て、好みの煮詰め具合になったら火を止める。
5)熱いうちに、ビンに詰めて、できあがり。
posted by きるしゅ at 13:36| Comment(2) | 料理レシピ(07/10まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
またまたこんにちは(^^)//

「海より遠く」のCDはいいよね〜。
私もなんとなく聴きたくなるのはウォンさんなのです。
いろいろ聴くのですがやっぱりウォンさんに戻ってきてホッとするのです。
きっと美味しいジャムが作れたことでしょう♪
最近は娘が好きな西村由紀江も聴いています。
昔は冷たい感じでそんなに好きじゃなかったのだけどヤマハに移籍してからでたCDは
とてもいいなと思っています。
音楽を作るのも年月が必要なのかもしれませんね。

Posted by yurari at 2006年03月23日 21:35
★yurariさんへ
ウォンさんの曲は、体調がすぐれなかったり、眠いときなどでも、すぅっと入ってくる感じがして、本当の意味でいやしの音楽なのかなあと思います。
邪魔にならず、BGMとしてもってこい、なのに、どこからか流れてくると、ちゃんと「ウォンさんの曲だ」というのがわかるのですよね。
ウォンさんの音楽のような人になれたらいいなあと、思ったりします。

西村由紀江さん、私も昔はあまり好きではなかったのです。一緒ですねぇ〜。
うちでは、最近夫がCDを買っているので、それを聞いていますよ。
Posted by きるしゅ at 2006年03月24日 13:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]