[PR] SEO対策 いちご・いちえ: 夢見の洞くつ(DQ6プレイメモ9)

2010年02月13日

夢見の洞くつ(DQ6プレイメモ9)

グランマーズの館から南へ歩きます。
洞くつの奥、夢見の祭壇でしか手に入らないという、夢見のしずくをめざします。
一気に進む自信がなかったので、途中まで、宝を回収しつつ進み、おばば様の所へ戻ります。無料の宿は、いつでも魅力的!
洞くつ内は、スライムナイトが出てきました。
好きなモンスターですが、敵となると手ごわい。
ところが、思わず笑ってしまったのは、「持っている武器を振り回した」という攻撃。
持っている武器、って、あなた、何を振り回している?スライムは、乗り物じゃないの??敵ながら、スライムが気の毒になってしまいました。痛そう……
と思いつつ、それが見たくて、心の中で、スライムナイト、出てこーい、と叫んでいたプレイヤー。
それから、初メタルスライム。今のレベルでは、1匹倒しただけでも、効果抜群です。
とりあえずの、レベル稼ぎポイントかな。
メタルスライム何匹かのおかげで、トンミ、Lv.11になりまして、夢見の祭壇に到着。
ツボの前には、魔物が。戦いは、手持ちの薬草をいくつか残して、勝利。
頑張ったよ、ハッサンが!
ここでまた、レベルアップ。トンミ、Lv.12になりました。
帰り道は、わき目もふらず、とっとと洞くつを出て、ルーラで、おばば様の元へ。
すると、グランマーズも家の前で待っていました。よほど待ちくたびれたんですかね。
遅くなりました〜(今回は、寄り道はしてないんだけど)。
おばば様が呪文をかけたしずくを振りかけてもらうと、あーら不思議。トンミとハッサンは、透明ではなくなりました。
さらに、そのしずくをわけてくれるおばば様。同じような人がいたら、使っておやり、と。
実は、ミレーユも同じようにして、見えるようになったこと。
さらに、なぜ、グランマーズは、透明のミレーユが見えたかというと、
「わしに見えない夢はないんじゃよ」……つまり……?
現実は、かなりショックな内容、ということに。
これから、困ったときは、訪ねてくるようにと言われ、ミレーユは、一緒に旅をすることになりました。
美しいお姉さんは、大好きです。
posted by きるしゅ at 22:06| Comment(0) | DS版DQ6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。