[PR] SEO対策 いちご・いちえ: 新しい町と出会い(DQ6プレイメモ8)

2010年02月12日

新しい町と出会い(DQ6プレイメモ8)

なんとなく、毒系が心配なので(いるのかどうかは、知らないけれど)、抜け道の中は、あまりうろうろせずに、一気に抜けることにしました。着いたところは、また、大穴。
すべり落ちてみると、そこは廃墟。これが、ラーマ、じゃなかった、ダーマ神殿か。
廃墟の中を歩いてみると、井戸があります。のぞいたら……
ありゃ、上に戻ってしまいました。やりなおし。
すべり落ちて、今度は、ちゃんと外へ出ます。

♪〜国道沿いを‘東’から‘西’〜、
ぼくの‘馬車’は きみの ふーるさーとへー 走るー はしるー はしるー(by さだまさし)
わけのわからない歌は、気にしないで、着いた町は、サンマリーノ。
町の中を散策しますが、みなさん、トンミたちには気づかない様子。
一軒の家を訪ねると、なんだか、誰かさんの実家みたいなんですが。
それに、見てしまったのです。毒入り?ワンワンごはん事件。
たいへんだ〜。叫べども、答えは、なし(な感じ)。
自分たちの存在が認められていないことが、ものすごく、歯がゆいです。

ところが、そんなふたりを見つけてくれた、美しいお姉さんが!
一緒に来て、ということで、お姉さんに連れられて、町から出ることに。
おっと、その前に、ハッサン推奨のお祈りを。
神父さんだけは、気配を感じてくれたみたいで、お祈りできました。
でも、ワンワン事件は、このままでいいの?気になるぅ。

後ろ髪を引かれる思いで、町の外に出て、連れて行かれたのは、夢占い師のおばば様の家。一晩休ませてもらって、翌朝、おばば様の話を聞きます。
おばば様が、占いに使う夢見のしずくが、トンミたちの姿を、このあたりの人たちに見えるようにしてくれるというのですが、今は切らしている。だから、取ってきて欲しい、とのこと。
ここで、断ると、なかなか不便なことが起こるので(なぜ知っておる?)、素直に引き受けることにしました。
おばば様は、薬草をたくさんくれて、しかも、きれいなお姉さん付き!
でも、薬草10個もくれるってことは、行き先は、かなりアブナイって事じゃあ……。
ハッサンも、鋭いところをつきますね。そ、そうだよね。うん、戦いは、ハッサンに任せるよ。さっき、町で拾ったでしょ、鉄の爪。遠慮せずに、使ってよ。ぼくは、お姉さんを守るから!?
及び腰の、トンミ、Lv.9です。
posted by きるしゅ at 17:24| Comment(0) | DS版DQ6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。