[PR] SEO対策 いちご・いちえ: 試練の塔(DQ6プレイメモ5)

2010年02月08日

試練の塔(DQ6プレイメモ5)

志願兵招集の鐘が鳴る中、なぜか、スライムカーリングにいそしむトンミ。
いやあ、なんか、気になっちゃって、というか、くやしくて。
40点って……
思いっきり、シャカシャカシャカシャカしたら、なんと「はじめてのカーリング」をクリアできました。やればできるじゃん!?
クリアすると、次をやりたくなるのが人情です。
「ゆきやまはバクハツだ」に挑戦。今度はちょっと、仕組みが違うみたい。
よくわからないままに進めて、49点。
と、……ふと我に返るトンミ。

そうだ、お城に行かなくちゃ、急げや急げ。
トンミが、到着すると、他の志願者たちはすでにそろっていて、
兵士長ソルディから、試練の塔よりあるものを取ってくるように、とのお言葉。
「あるもの」とは、自分で考えろ……と。
お話が終わると、みんなは、ぞろぞろと外へ出て行きましたが、
トンミは、城内の探索を試みます。しかし、他の場所へは行かせてくれません。
おまけに、おまえはのんびり屋だな、みたいなことを言われてしまいました。
しかたないので、みんなが出て行ったところから、外に出ると、そのまま、町の外に。
いざ、塔を目指して出発!と行きたいところですが、ここで、あわててはいけません。
薬草の手持ちが心もとないし、MPも減っているので、また、町へ戻り、宿屋に泊まり、薬草を仕入れ、ようやく出発。
めざす塔の場所は、以前、チェック済みなので、迷うことなく到着。
今度は、すんなりと中に入れてもらい、いよいよ試練に挑戦。
途中にいた兵隊が、「私を倒していけば、近道できるぞ」みたいなことを言いましたが、ご遠慮申し上げ、遠回りして進んだ……のに、結局、その塔の兵隊と戦う羽目に。
あちゃー、何なの!
さらに進むと、ハッサンと会いました。
話しかけると、向こうから名乗ってくれて、お知り合いに。はい、以後よろしゅうにv
ハッサンとわかれて、またひとりで進みます。
ここまで来ると、「あるものを取ってこい」という命令は忘れていて、ただ、塔の最上階を目指しているトンミがいます。まあ、ドラクエだからそれでいいんだけど(いいのか?)。
さて、3つの部屋の前の人に話を聞きつつ、先に進み、最上階。「あるもの」と思われるものの前に、強そうな兵士ネルソンさん。
薬草とルカニと防御を駆使して、勝利。よくやったと、ネルソンさんにほめられて、気をよくしたトンミは、くじけぬ心を手に、いさんでお城に戻るのでした、と言いたいところですが、あの3つの部屋が気になるー。さきほどは、入らなかった部屋に立ち寄ると、小さなメダルゲット。
だから寄り道は、やめられまへん。
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | DS版DQ6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。