[PR] SEO対策 いちご・いちえ: 4704 正山小種 〜ラプサンスーチョン〜 (ルピシア)

2006年01月05日

4704 正山小種 〜ラプサンスーチョン〜 (ルピシア)

きわめて個性的、と言われる、中国福建省で生産される紅茶です。
松の葉で薫製して作るそうで、その香りは、ある人曰く「正露丸の匂い」とまで・・・。
紅茶好きを自覚してン十年経ちますが、これを飲むのは初体験。
ちょっとドキドキでした。

茶葉の香りは、思ったよりも違和感がなく、キーマンのスモーキーさ、プラスちょっと炭っぽい感じです。
実際に、お茶を入れて口に含むと、「薫製香が特徴」と言われるゆえんを実感します。
ちょっとくせのあるほうじ茶、のような、また、木酢液を使ったときのような、鼻をくすぐられるような香りです。
ほんの少し、漢方薬のような香りも混じっています。(それが、正露丸・・・と表現されるのかもしれません。)
確かに、「普通の紅茶」の味と香りとは違いますが、これはこれで、おもしろいなあと思えるお茶。
「ラプサンスーチョンが好き」という方は、ここが好きなのだろうな、と納得できる気がします。
渋みはなく、口の中は、思いのほか、さっぱりとしています。
「ダージリン セカンドフラッシュ」は、飲み終わってから、しばらくしてからも、鼻の奥に香りが残っているように感じますが、そのような余韻はありません。後味すっきり、です。

他の紅茶に少し加えて飲むことを勧めている人もいるけれど、せっかく飲むなら、ストレートで味わう方が、私は気に入っています。
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | お茶話(07/06まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]