[PR] SEO対策 いちご・いちえ: 5520 ゆめ(ルピシア)

2006年01月10日

5520 ゆめ(ルピシア)

封を開けて、茶葉の香りをかいだとき、前に紹介した「バラキーマン紅茶」を思い出しました。
ルピシアのカタログには「バニラと甘酸っぱいフルーツの香り。バラのつぼみをブレンドしました」(抜粋)とありますが、私はまず最初に、バラの香りを感じました。また、どちらかというと、バニラの香りは苦手なのですが、それは思ったよりは強くなく、甘酸っぱい香りの後ろに隠れているようです。

茶葉には、バラのつぼみが、ごろん、と入っているので、ふだんよりも少し多めに茶葉を使い、時間もゆったり使って入れると良いようです。
冒頭に書いた「バラキーマン紅茶」は、購入したお店が閉店してしまって、手に入らなくなっていました。代わりのお茶が、見つからずにいましたが、「ゆめ」に出会うことができて、良かったです。

余談ですが、レピシエの古いカタログには、確か、新宮様(敬宮愛子様)の誕生をお祝いして作られた、と書かれていたように記憶しています。
幸せを願う幸福のお茶。あたたかいい気持ちで、味わいたい紅茶です。


(参考:約2杯=360ml分 お湯の温度=熱湯 茶葉:6g 浸出時間:3分)

-----------------------------------
元記事:2005年12月01日  
歳時記(だいあり〜)に関連記事があります。よろしければ こちらへ。
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | お茶話(07/06まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]