[PR] SEO対策 いちご・いちえ: パシュラル先生の正体

2005年12月05日

パシュラル先生の正体

「パシュラル先生の秋」に続き、「パシュラル先生」と「パシュラル先生からの手紙」を借りました。

そもそも、パシュラル先生は誰なのか?何なのか?
その疑問を解くには、このシリーズ第一作「パシュラル先生」を読めばわかるのではないか、というわけです。
あとがきによると、パシュラル先生は、フランスの哲学者ガストン・バシュラール(1884〜1962)がヒントになっているそうです。(バシュラールって、誰ですか??/汗)
著者が、心のよりどころとするバシュラールに感謝をこめて書き始めたのが、パシュラル先生。しかし、かいていくうちに、パシュラル先生は他の誰でもなく、パシュラル先生であることに著者自身も気づいた・・・ということのようです。

「・・・手紙」の方は、朝日新聞日曜版(1999年4月4日〜8月8日)に連載されたもの。
新聞で目にされた方もいらっしゃるでしょうか。(うちはY新聞なので・・・)

それにしても、もしゃもしゃひげのパシュラル先生、やっぱり不思議だわ〜。
posted by きるしゅ at 21:38| Comment(0) | 本(07/09まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]