[PR] SEO対策 いちご・いちえ

2016年05月30日

等身大でありたいと思う

ちょっとわかったのだが、
装飾品が多い人は、話の盛り具合も比例するのだな。
うん、そんな感じだね。
ところで、たまたま見つけたのだが、
シルバーのスライムのネックレスが発売されるらしい。
再登場と書いてあるので、前にもあったみたいだけど。
スライムか……スラリン……かわいいよね……
あ、シルバー(色)だと、メタルかな……?
見ていると欲しくなるので、見ないようにしよう。
あ、DQ30周年記念に、だれか(←オット/笑)プレゼントしてくれないかなあ。
posted by きるしゅ at 17:12| Comment(0) | 日常1602〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

手のりホイミン

ここ数日、頭の中が、文鳥とホイミンでいっぱい(汗)
文鳥は、まあ、「文鳥生活」の本を読んでいるから、なんだけど、
ホイミンってなんだ……
妙に、ホイミンのぬいぐるみが欲しくて。
でもなあ、ホイミンって、置いておく時、どうするんだろう、って思う。
足、っていうか、手、っていうか(笑)
posted by きるしゅ at 15:44| Comment(0) | 日常1602〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

ライン

前のスマホの時、一度登録したのだが、
使わずにそのままになってしまったので、
新しく登録した……ら、
懐かしい人とつながった。
もう、ずっとずっと前、互いのHPを通して交流があり、
実際に会うことになったりした人。
実は、リアルなご近所さんでもある。
私は、つながったのはわかったのだが、
どうすべきかわからず、おたおたしていたら、
先方から連絡をくれた(^o^)
他に、友だちは、いとこと夫。
友だち、3人(笑)
タグ:雑談
posted by きるしゅ at 21:04| Comment(0) | 日常1602〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

スコーン

型に入れて焼くタイプ
見た目より、けっこうおいしい
  • 20160522135256399.jpg
タグ:料理
posted by きるしゅ at 13:53| Comment(0) | 日常1602〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

大人になったら、着たい服2016春夏

先日、服装の話を書いてから、某通販サイトで「大人になったら、着たい服」の最新刊を見た。
レビューが好評で、中身が見たくなり、書店で立ち読みして……
結局買ってきてしまった。



登場する方々や、紹介されているコーディネートの数々は、
実際に取り入れるのは、いつもながら難しそう、にもかかわらず、ひかれるのは、
今号のタイトルにある
「私のおしゃれは 自分で決める」
を実践しているのを目の当たりにして、勇気づけられるから、だと思う。

とはいうものの、自分のタンスとクローゼットの中を見るにつけ、
姿見の中の自分を見るにつけ、
どうしたもんじゃろのう、が無限ループ(汗)
とりあえず、今一度、手持ちの服で、一人ファッションショーでもやってみるか。
タグ:雑談
posted by きるしゅ at 23:00| Comment(0) | 日常1602〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

火花

以下、自分メモ。
母が買ったものの、半分までで止まっていたのを借りてきた。
話題作なので、あらすじは耳にしていたが、想像していたのとは少し違っていた。
久しぶりに読む「文学」だからか、視線が文字にいちいち引っかかる感じがして、
読みやすいとは言えなかったが、読み応えはあった。
前半は、具体的な映像が頭に浮かびつつ、読み進めたのだが、
後半、それをあまり感じなかったのは、ストーリーに気を取られていたからなのか、
描写が変わったのかはわからない。
最後の急展開は、ちょっとついていけないところではあるが、
ともあれ読了。二作目にも期待。
(5/2〜5/16)


又吉 直樹著 文藝春秋
タグ:
posted by きるしゅ at 21:31| Comment(0) | 日常1602〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

ナチュラル系

めずらしく洋服ネタ。
若い時から、ナチュラル系と呼ばれる傾向の服が好きだ。
(若い頃には、そんな呼び名はなかったが)
しかし、最大の問題は、そうした服装が似合わないこと。
「骨格診断とパーソナルカラー診断で見つける似合う服の法則」を読んでからは、
それが決定的になってしまったので、
「大人になったら、着たい服」も開かずに、数ヶ月過ごした。
が、昨日、久々に手に取ってみたら、やっぱり好きなんだよ、こういうのが、
とあらためて思った。
冠婚葬祭は別にして、ふだんは好きな服を着て良いのだと思うけれど、
かといって、出先で入った化粧室の大鏡に映った自分の姿にがっかりすることもしばしば。
うーん、どうしたもんじゃろのう。
タグ:雑談
posted by きるしゅ at 17:10| Comment(0) | 日常1602〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

「伝える」と「伝わる」

某SNSでフォローしている方のそれが、いわゆるエンジョウ(あえてカタカナ)したらしい。
らしい、というのは、私は「現場」は見ていないから。
私が見たのは、発端のコメント(事件前たまたま目にしていた)と、残がい、である。
あとから知った「その過程」を見る限り、その方に落ち度はないように思う。
それにまつわる「批判」や「善意の助言」は、どちらもピントがずれているように見えるし、
どう読み取ると、そんなふうに読めるのか、理解に苦しむ。
今までも、似た事例をいくつか見たことがあるが、それらは、発信者側にも
誤解されてもしかたないと思う節があったり、言葉足らずに感じるものもあった。
(だからといって一方的に攻撃する理由にはならない)
しかし今回のは、あくまで私見だけれど、それはない。

私もこうしてブログを書いているけれど、伝えることは難しいと常々感じている。
個人的には、「発信」などというおこがましいものではなく、ただのつぶやきと記録、なのだが、
何気ない記述が、誰かを傷つけたりけなしたりしているかもしれない。
それでも、ここに書くのは、自分の記録と言いつつも、
誰かに見てもらいたい、共感してもらいたい気持ちが少しはあるからなのだ。
伝えたいこと=伝わること、が理想だけれど、
残念ながら、イコールにならないことがある。
それならば、少しでもイコールに近づくことができるよう、真摯に言葉を尽くしたい。
私はそう思っている。
posted by きるしゅ at 15:53| Comment(0) | 日常1602〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

考えない台所

読んでみた。
以下、自分メモ。

最初の「マインド編」は、若林理砂さんが普段おっしゃっていることに
似ているところがある。
料理に限らず、物事全般を無駄なく進めるために必要なこと、といえる。
・意識して、正しいルールを習慣化
・正しいルールが習慣になれば、考えなくても体が動くようになる
・後ろ向きの状態でうまくいくことなんて、ひとつもない
(ネガティブな感情は、何の意味もない)
この他に、
・自由な時間でしたいことを妄想する
(どこを時短すべきかが見えてくる)
・自分のやる気スイッチを知っておく
(どうしてもだめな時は休む)

題名は「考えない台所」だが、そこに至るまでには、
考えを積み上げ、確立することが必要だ。
そして、それらを体で覚える必要がある。
ここにも、魔法は、……ない。

やってみようかなと思ったこと
・台ぶきんを三枚用意する
蛇口のとなり
コンロのとなり
まな板(作業場)のとなり

・食器洗いの順番
1繊細なグラス、コップ類
2大きいもの
3小さいもの
4油がついたもの

ちょっと引っかかったこと
「手作りの呪縛を手放す」と言いながら、
レトルトパウチ食品と、カット野菜は多くの薬品を使っているから避ける
とあるのは、違う意味での「呪い」から逃れていないのでは?と。
この「呪い」に関しては、色々説が流れているけれど、
個人的には、呪いからは脱却している(つもり)。

おおまかな感想
さんざん、家事指南本を読んできた身にとっては、
それほど目新しい項目はない。
マインド編以外は、すべて、「○○のルール」となっているので、
(買い物のルール、献立の、砂糖の、味見の、等々)
読みようによっては、息苦しさも感じる。
しかし、書かれていることは、やろうと思えばできそうなことばかり、でもある。
家事のやり方に迷いが生じ、途方に暮れているなら、
この通りにやってみる価値はある。
(でも、たぶん、やっている途中で、取捨選択が必要になりそう)
ワタシは、と言えば……
まあ、いろいろやってみたわよ、過去にワタシも、という感じ。
上から目線に聞こえたら、スンマセン。
こうやってみんな、試行錯誤しているのだ、ごくろうさま(自分を含む)。
これからも迷いつつ、自分のやり方を模索していくのだ(自分を含む)。
それでいいのだ(自分を含む)、がんばれワタシ・笑


高木ゑみ サンクチュアリ出版
タグ:
posted by きるしゅ at 11:59| Comment(0) | 日常1602〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

実況3(パン作り)

焼けた
  • 20160505120926198.jpg


パンこね機を使ったのは、何年ぶりだろう。
もしかしたら、10年ぶりくらい?
もう使わないかもしれない、このまま処分か?とも思っていたが、
捨てないでよかった。
まだ使える。
作り方も忘れていなかった。
わたしも、まだ、使える。
posted by きるしゅ at 12:09| Comment(0) | 日常1602〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする