[PR] SEO対策 いちご・いちえ

2010年03月09日

アモーレ アモール(DQ6プレイメモ14)

なぜか、ミレーユの案内で、アモールを目指す一行。
頼りないリーダーで、すまんのう。
途中、いかにも、入ってくださいと言わんばかりの洞くつをよけて、アモールに到着。
わかして飲めば、たいがいの病気は治ってしまうと言う、アモール川の水を求めて、
たくさんの人がやってきています。
そんなわけで、宿屋も満室で泊まることができません。
とりあえず、町の中をうろうろして、人々に話を聞きます。
鏡のカギなるものが、昔あったらしく、
「鏡のカギもて。しからば月鏡の塔ひらかん」という町に伝わる言い伝え。
鏡のカギ?月鏡の塔?
ところが、町の北にある洞くつは、20年前に崩れて以来、
入れなくなってしまったそうな。
重要アイテムがありそうなのに、なさそうな、じれったい洞くつです。
通ってくるとき、邪魔だったし(そういう問題じゃない)。

ところで、教会で下働きをしているジーナばあさん。
最近、毎晩のようにうなされているらしい、といううわさが。
夜中にうなされていることを、町の人に知られるなんて、
本人が言わない限りはなさそうだけど、神父さんとかが、いいふらしているってこと?
神職がそんなことでいいのか?
あるいは、隣家まで響き渡るような大声でうなされているのか?
そりゃ、ただ事ではないぞー!
とにかく、ジーナばあさんに会ってみよう。
教会へ行くと、おしゃべりな(違うよ)神父さんが、ドアの前に立ちはだかっています。
「中に入りたいなら、私を倒して行きなさい!」
……じゃなくて、ただいま、お掃除中とのこと。
「他の用事を済ませてから、またおいでなさい」って言われても、
もう、町にいる人全員の話は聞いてしまった、手持ちぶさたなトンミ。
しかたないので、洞くつ探検でもしてみますか。
北の洞くつへ行ってみると、おじいさんがひとり。
なくした夢を探しているという、ロマンチックなお方です。
しかし、洞くつ自体は、奥深く入れる気配はなく、ただの穴、というかんじ。
ここにいてもしかたないので、「おじいさんも、一緒に町へ行きませんか?」
と誘ってみたりして(一応、気持ちだけね)、トンミたちは、アモールへ帰ります。
すると、教会のお掃除が終わったのか、中へ入ることができました。
ははあ。他の用事って、これだったのか。
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | DS版DQ6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

なりすまし詐欺(DQ6プレイメモ13)

足を踏み入れたレイドック城下町では、色々な話が飛び交っています。
1年以上目覚めぬ王と王妃。
怪物退治に行った王子は行方不明。
大臣ゲバンの悪評。
気になるお城へ入ろうと試みるも、通してもらえません。
ここはひとつ、オレオレ詐欺。(オレオレ、王子だよーって、違うよ)
王子様に似ているトンミにおまかせあれ。
それには、お召し替えが必要です。
お洋服を買おうとしたら……なんと!お金が足りません。
誘拐事件で使った、5000Gは、また、銀行へ預けてしまったのです。
しかたないので、袋の中から、いらないものをどんどん売って、貴族の服をゲット。
さあ、これでお城も顔パスです。
「王子」のご帰還に、お城のみんなが喜んで、胸が痛みますが、しかたない。
王の間へ上がろうとしたら、兵隊さんが通せんぼしています。
(上の世界で、うそつきだなと言った人)
ゲバンの命令で、何人も通すなと。そこへ、トム兵士長登場。(ソルディじゃないのね)
トムさんの権限で、王の間に通してもらい、寝室の前の兵士にも声をかけ(喜んでくれましたv)
ベッドの中の、王と王妃の様子をうかがいます。
お二人とも、深く眠っていらっしゃる。
王妃様は、時折、鏡、カガミと……
やはり、レー(例)のカガミを手に入れなければ。
と、そこへ出かけていた大臣が帰ってきました。
ホンモノの王子かどうかの妹テストが出題されて、結果は不合格。
トンミたちは、兵士にとらえられ、城の外へ放り出されてしまいました。
あてもなく、ふらふらと、フィールドへ出るトンミ。
これから、どうなる?ってか、どこへ行けばいいの?
ねえ、ハッサンどうしよう。すると彼は言いました。「アモールへ行くぞ!」と。
えっ、あもーる?あもーるって、どこ?なに?
ミレーユに至っては、アモールへの道案内をしてくれます。
ど、ど、どうして、みんな、そんなこと知ってるの?
知らぬはトンミばかりなり。
「王子様」しっかりしてくださいよ!?
(あとから、別ルート?で確かめたら、城外へ出されたときに、庭にいた人が、アモールについて教えてくれるんですね。ミレーユ、トンミがボケーッとしているうちに、聞いてきてくれたのかも。優秀な仲間がいてよかったよ、ホントに)
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | DS版DQ6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

船に乗れ!(DQ6プレイメモ12)

ようやく本線に戻るべく、トルッカから、ルーラで、サンマリーノへ。
そう言えば、ここにも、気がかりなことがありました。
ワンワン事件のメラニィさんのこと。
濡れ衣を着せられた彼女は、どうしているでしょう。
町長宅を訪ねると、なんと彼女を、旅の商人の手伝いに出してしまったというのです。
ああ、かわいそうに。ジョセフの部屋へ上がっていって、事実を告げると、
彼は、メラニィを追って、出て行きました。
「ジョセフー、がんばれよー」(by ハッサン)
この先、メラニィやジョセフと、どこかで会うことがあるのでしょうか。
どこかで、会いたいですねぇ。

そして、トンミたちも、やっと出発です。
乗船券を買い、船の旅。めざすは、こっち(下)のレイドック。
船が到着して、船着き場には旅の尼さん。
セーブしていった方がいいですよー、ってことかしら。
あたりをうろうろしたら、マリンスライムがいました。
アタシあたまの悪いマリンスライムなの……
ええっ?なんですって?
もう一度、良く聞いたら、
「アタシ悪いマリンスライムなの」。
ただの、読みまつがい(注※)でした。
あたまが悪いのは、プレイヤーでしたよ。ごめん、マリンスライム。
このマリンスライム、ライフコッドにいた子、なのかしら。
ねえあなた、ついでだから、仲間にならない?と、心の中で誘ってみたり。
農夫のような漁師のおじさんが、レイドックへの行き方を教えてくれました。
よし、しゅっぱーつ!
強い魔物が出るのか、と、ドキドキしながら歩きましたが、なにごともなく、
あっという間にレイドックにつきました。

注※……プレイヤー、「ほぼ日刊イトイ新聞」の1コーナー「言いまつがい」が大好きです。
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | DS版DQ6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

誘拐事件(DQ6プレイメモ11)

さて、もう一つ気がかりなことが。
以前、トルッカで、ちらっと見てしまった、不穏な動きです。
気になるので、様子を見に行きました。
すると、事件発生。
5000Gの身代金要求の誘拐事件が!
金策に走る町長さん。
これは、お助けせねば。
……と、銀行へ走るトンミ。
うふふ、実は、けっこう、セレブなんです。
精霊のよろい購入積立金を引き出し、指定の場所へ。
北の荒れ井戸には、男が待ち構えています。
「町長の使いか?」と聞かれたので、とっさにいいえ、と答えたら、
「仕事の邪魔だから、あっちへ行け」みたいに言われました。
そこでミレーユ。「仕事ねえ。じゃあ私たちもひと仕事してみる?」
うわああ〜、ミレーユ姉さん、かっこいいぞ。
しかし、ここは穏便に済ませようという作戦で。
もう一度話しかけて、町長の使いだということに。
エリザさんが無事なのを確認して、お金を渡すと、人質は無事解放されました。
……って、ええーっ?
ぼくの5000G返してぇ!!!!
涙目のトンミ。
精霊のよろいが遠くなっていくぅ。
そこへ町長さんが到着。
身代金の肩代わりをしたと申し出ると、君たちには迷惑はかけられないと言って、
そっくり返してくれました。
ああ、よかった。びっくりしたあ。
娘さんも無事だったし、お金も戻ってきたし、
お礼にいのちの木の実もいただいて、一件落着です。

つけたし:
よろい資金を貯めているため、5000G貯金がありました。
お金を持っていても、どっちにしろ、犯人たちと戦闘になるだろうと思いつつ、
試しに持参したのですが、戦わずして、取引成立とは、びっくり。
しかし、よく考えると、経験値がもらえなかったんじゃあ……
それに、町長さんにとっては、身代金を払ったと同じこと。
なんだか、腑に落ちなくて、たまたま直前にセーブしてあったので、
もう一度、今度は戦いに行きました。
悪いやつは、こらしめなくては。助さん、格さん、こらしめてやりなさい(違)。
二人組の男相手に、「ひと仕事」して、めでたく経験値と、ステテコパンツをもらいました。
あー、なにやってるんだ、わたし(プレイヤー)。
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | DS版DQ6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

レイドック井戸の戦いと帰郷(DQ6プレイメモ10)

美しいお姉さんが仲間になったので、ここは自己紹介を兼ねて、
トンミのふるさと(?)をご案内〜♪
というわけで、さっそく、ミレーユを連れ回すトンミ(というか、プレイヤー)。
まずは、行きがけに取りそこねたと思われる、川の抜け道のお宝回収。
力もつけたし、仲間も増えたし、全滅の心配はありません。ああ、らくちんらくちん。
ついでなので、きこりのおじさんにあいさつし、森の教会にも寄って、
ライフコッドへ飛ぼうと思ったのですが、思い直して、歩いてレイドックへ。
井戸端のおばさんが、困っていたことを思い出したのです。
おばさん、今度こそ、ぼくが取ってきてあげるよ!
実は、初めてレイドックへ来たとき、うっかり中へ入って、大変なことになったのでした。
かなり強い魔物だったので、用心して、「めいれいさせろ」で臨戦態勢。
ルカニとスカラを駆使して、いざ、戦いだ〜、と長期戦を覚悟したら、
ハッサンが、一撃でやっつけてしまいました。
ありゃあ……
こんな、よわっちいヤツだったのか。
おばさんの指輪は、派手なガラス玉のぶっとい指輪。
装備してみたら、守備力+2ではあるものの、かっこよさがぐんと下がってしまうので、すんなりとお返しすることにしました。(あわよくば、ちょっと借りていこうかと思ったことは、おばさんには内緒です)
おばさんは喜んでくれて、お礼に力の種をくれました。命を粗末にするんじゃないよ……なんて言ってくれて、ちょっぴりほろっと。
しかし、よく考えたら、前に一度、ここで命を粗末にしちゃってるじゃないの。
おばさん、あんたは、罪な人だよ。

さて、レイドックからライフコッドへ、歩いて帰るのは面倒なので、ここはルーラでひとっ飛び。
村の人たちは、大歓迎。トンミはいつも人気者です。
ミレーユに、かわいい妹を紹介して、デヘヘなトンミ。
ところが、ターニアが、ヘンな夢を見ると言います。
おにいちゃんは、どこかの国の王子様なの……
夢、ねえ……。またまた意味ありげな雰囲気です。
ところで、井戸にいた、マリンスライムがいません。
どこへ行ってしまったのかしら。
っていうか、どうやって出たのかしら。
色々不思議なライフコッドです。
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | DS版DQ6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする