[PR] SEO対策 いちご・いちえ

2006年07月30日

塩もみにんじん

夕べは、夫が借りてきた「チキン・リトル」を見ました。
・・・こんな話だったのね・・・・(笑)
とさかが妙にリアルでした。実は、夕ご飯は焼き鳥だったので、なんとなく罪悪感が(^^;)

レシピと言うほどではありませんが、最近よく作るのが「塩もみにんじん」。
小さめの乱切りにしたにんじんに、軽く塩をしてもみ、昆布と一緒に保存容器に入れておきます。
サラダの彩りに、炒め物に、漬け物代わりに。おなかがすいたら、そのままぽりぽりかじったりします。
料理番組で、高山なおみさんが紹介していたものです。
にんじんは、いつも、もてあまし気味なので、買ってきたばかりの新鮮なうちに、作っておくといいみたいです。

お知らせ:いちごろうのお友達が増えました。
     chacoさんちのしじみくんです。どうぞよろしくね!

本日のお茶:冷ほうじ茶
posted by きるしゅ at 13:13| Comment(2) | 料理レシピ(07/10まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

人生はフルコース

曇っていますが、蒸し暑いです。
今日は、隅田川の花火大会だそうですね。

人生はフルコース―帝国ホテル・村上信夫の履歴書を読んでいます。
先週までNHKで放送していたドラマの原作です。ドラマはあくまで「ドラマ」でしたし、村上シェフの人生そのものに興味があった私には、消化不良でした。
今読んでいるのは、陸軍の兵士として中国へ渡ったところで、全体の4分の1程度ですが、とても興味深いです。
帝国ホテルのお料理を口にする機会がこれから先、あるのかないのかわかりませんが、じっくりと読み進めたいと思います。

本日のお茶:ハツコイ冷茶
posted by きるしゅ at 15:37| Comment(2) | 本(07/09まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

公園

先日、冷徹斎さんとマルチェロ兄貴のことを書いたら、反応してくださった方がいて(*^_^*)
うふふ、なんですかねぇこの二人(笑)

ウォーキングを兼ねて、銀行へ歩いていきました。
県立の某公園を突っ切っていくと、少し近いので、遊歩道から公園へ入っていきました。
青々とした芝生のはずの広場が、妙に草ぼうぼうです。
石畳の間からも、雑草がぐんぐん伸びています。
お天気もこんな様子だし、きっと手入れもできないのでしょう。
でも、昨日の川村記念美術館のお庭を見たあとなので、この落差に戸惑ってしまいました(^^;)

本日のお茶:冷ほうじ茶
posted by きるしゅ at 20:45| Comment(0) | DQ/いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

冷たいほうじ茶は、いかが?

久しぶりの青空です。
出かける予定でしたが、布団を干したかったので、外出は明日に延期。
今日は、ふかふかのお布団で寝られるかな。(あつい?)

先日、机を整理していて出てきた、「幸せのお茶」(エリオ Vol.12 NHK出版1998年10月発行)。
「冷ほうじ茶」というのが載っていたので、時々作っています。
1000mlの沸騰したお湯に、ひとつかみのほうじ茶を入れて、15〜20分置きます。
茶葉をこして、クーラーポットなどに入れ、あら熱が取れてから、冷蔵庫で冷やします。
私は、あらかじめ、茶葉をお茶パックに入れたものを作り置きしておき、やかんでお湯を沸かしては、ぽこぽこ放り込んでいます。
麦茶とは違う香ばしさが、新鮮です。

本日のお茶:冷ほうじ茶
posted by きるしゅ at 12:22| Comment(0) | お茶話(07/06まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

マンゴー紅茶

海のふた」(よしもとばなな著)を読みました。
名嘉睦稔 (なかぼくねん)さんの挿絵(版画)の展覧会を見に行く前に、読んでおきたいと思いまして。

マンゴーのフレーバードティー(ティーバッグ)を、初めて買いました。
そもそも、アーマッドのお茶を飲むのは、初めてです。
バッグに包まれているせいもあるだろうけれど、茶葉は、それほど強烈な香りはしません。
ホットで入れると、マンゴーらしい甘い香りがそれとなく漂い、口に含むと、あ〜、マンゴー(笑)。
マンゴー独特の、少しざらついた感じもあるので、果物のマンゴー自体が好きでない方は、お好みではないかもしれません。
水出しアイスティーにすると、ホットよりもさわやかです。私は、こちらの方が好きです。
新しい香りを、楽しみたいと思います。

マンゴー(アーマッド) 20g(2gX10袋) 304円

本日のお茶:発芽はとむぎ茶(冷茶)
posted by きるしゅ at 15:02| Comment(0) | お茶話(07/06まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

大暑、そして土用の丑

昨日、DQ同人誌のことを書きましたが、そのうちのひとつのサイトさんに、表紙の画像が載っていました。
わわっ、主人公がいっぱいだ〜、いいないいな。これが本になるのね。ほ、ほしい・・・。

今日は、二十四節気の大暑です。夏至からほぼひと月。一年中で、一番気温が高くなるころです。
私の住むところは、まだ梅雨が明けていません。今日もすっきりしないお天気で、先日の、真夏のような暑さを忘れかけていますが、この大暑という文字が、それを思い出させてくれます。覚悟しておかねば。

さらに、お待ちかねのウナギの日です(違うでしょ)。
江戸時代、平賀源内が知り合いのウナギ屋をもり立てようと、土用の丑の日に、ウナギを食べるよう宣伝したとか、しないとか。
ところが、それより前にも、大伴家持(おおとものやかもち)さんが、こんなことをうたっていらっしゃる。
「石麻呂にわれもの申す 夏痩せによしといふものぞ むなぎ取りめせ」(万葉集)
食べてもちっとも太らない石麻呂さんに、ウナギを食べるようすすめる、ちょっぴりからかったような歌だそうです。
この歌、つい最近、初めて知りました。ウナギは、歴史のなが〜い魚なのですね。
そして、ウナギ好きさんにうれしいお知らせ。
今年の土用には「二の丑」の日があるのですよ〜。8月4日も丑の日で、土用の期間中なので、またウナギが食べられる!
もっとも、これは、こじつけでしょうけれど(笑)

それでは、みなさま、むなぎ取りめせ(*^_^*)

本日のお茶:冷ほうじ茶
posted by きるしゅ at 15:05| Comment(0) | 歳時記(07/10まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

待ち遠しいもの

天気予報では、日が差すようなことを言っていたので、シーツを洗ったのですが、午後になってもその気配はありません。
しかも、植木の刈り込みのおじさんが来ていて、チェーンソーの音をとどろかせながら、うちの前の生け垣を、ガンガン切っています。
ベランダに、干せないじゃないの(-_-;)

いつもお邪魔している、いくつかのDQサイトの管理人さん。
みなさん、同人誌の原稿を頑張っていらっしゃる様子です。
今、描いていらっしゃるもの。実は、ひそかに、読ませていただきたいな、と思っているものばかり。
あの方とか、その方とか、この方とか(*^_^*)
そのうち2つは、この夏に、できるそうなので、今から、楽しみ楽しみ。
イベントには、恥ずかしくて行けませんので、通販お願いします(^^;)

本日のお茶:ハツコイ冷茶(ルピシア)
posted by きるしゅ at 13:52| Comment(0) | DQ/いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

花のワルツ(ケーラー)

しとしと雨降りの一日です。
梅雨明けは、来週に持ち越しとか。
以前、8月に入ってから、ようやく梅雨明け、なんていう年もありました。
長いこと生きていると、色々あります!?(笑)

11月のフルートの発表会に向けて、レッスンが始まりました。
ケーラー作曲 花のワルツ。
フルート2本とピアノで演奏する、華やかな曲(らしい)です。
(らしい)というのは、演奏の実際の音(CDなど)は、聞いたことがないので(^^;)
今まで取り組んだことのない雰囲気の曲、かも。でも、楽しみだな〜。
本番直前で、あたふたしないよう、地道に練習したいと思います。

本日のお茶:マンゴー紅茶(水出しアイスティー)
posted by きるしゅ at 18:28| Comment(0) | 音楽(07/10まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

夏の土用

今日は、夏の土用の始まりです。
土用というのは、土用の丑の日、として、夏が有名だけれど、立春、立夏、立秋、立冬、それぞれの18〜19日前からその前日までの期間を言うのだそうです。そもそも土用とは何か、などは、きるしゅ愛用(笑)の「こよみのページ」に詳しく載っていますので、興味のある方はどうぞ。
で、土用のウナギ丑の日ですが、今年は、7月23日(日)ですよ(*^_^*)

本日のお茶:マンゴー紅茶 ティーバッグ(アーマッド)
今日、初めて買ってきました。詳細は、また後日。
posted by きるしゅ at 17:34| Comment(4) | 歳時記(07/10まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

プルーンの紅茶煮

大賀ハスが見られる、某美術館へ行く予定をキャンセルしました。
多少の雨の方が、ハスはきれいだろうけれど、今日のは、「多少」の雨
ではありません(^^;)
美術館は、また今度。

プルーンの紅茶煮
ヨーグルトに入れたり、おなかがすいたときちょっとつまんだり、箸休めに。

紅茶液・・・300ccくらい
乾燥プルーン・・・10〜15個くらい
砂糖・・・50g

1)飲むときと同じように紅茶を入れる。
2)鍋に、1)の紅茶とプルーン、砂糖を入れて、10分ほど置く。
3)2)の鍋を中火にかけて、プルーンが柔らかくなるまで煮る。

★砂糖の分量はお好みで。(50gだと、ほんのり甘い程度です)はちみつでも良い。
★水分は完全に煮詰めるのではなく、2/3〜半量くらい残るくらいでOK。
 ヨーグルトには、プルーンの実と一緒にかけて食べます。

本日のお茶:カモミールティー(トワイニング ティーバッグ)
posted by きるしゅ at 11:14| Comment(2) | 料理レシピ(07/10まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする