[PR] SEO対策 いちご・いちえ

2006年01月01日

年の初めは倉田信雄さん

明けましておめでとうございます。
今年も、よろしくお願いします。

紅白歌合戦の「ほたるの光」を聞き、新しい年を迎え、NHKの番組は「年の初めはさだまさし」をやっているはず。お風呂上がりに、見るとはなしにTVをつけると、視聴者からのお便り紹介が一区切りして、これから「何か」を歌おう、という場面でした。
あまりにも長い曲(12〜13分くらい?)なので、紅白では絶対歌わないであろう歌「親父の一番長い日」を歌うことになり、登場したのは、なんと、ピアノの倉田信雄さんと、ギターの石川鷹彦さん。
倉田さんは、さださんのアルバムにも、コンサートツアーにも、このところ、ずっと参加しているピアニスト。7月18日の日記に書いたとおり、深みのある、すばらしいピアノを弾く方で、心の師と仰ぐ方です。
わぁーーーー!新年早々、倉田さんのピアノが聞けるなんて、なんとすばらしい年でしょう。
良い一年になりそうな予感がします。
posted by きるしゅ at 23:51| Comment(0) | 音楽(07/10まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする