[PR] SEO対策 いちご・いちえ

2005年09月20日

9月20日

■発送のお知らせ
先日注文した「ふろ水ポンプ」を発送したとのメールがありました。
ああよかった。洗濯するのが、気が重くなってきていたのでね。
別に、水道水を使えば楽に洗濯はできるのに、ふろの残り湯に未練があって、これを使わないと、罪悪感が。でも、バケツリレー(リレーじゃないって)はもうイヤ(>_<)
あと2,3日で、ジレンマから解放されますよ。
posted by きるしゅ at 01:00| Comment(0) | HPいちご・いちえDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

9月19日

■魔笛

念のためにネタバレ警告です。

以下の文章は、「ウィーンの森 バーデン市立劇場」の魔笛公演の感想です。
演出のネタバレがたくさんありますので、「これからご覧になる予定で、自分で見るまでは知りたくない」という方は、お読みにならないようにお願いします。
バレバレです(^^;)

ムダに長く、つらつら書いていますm(_ _)m



モーツァルトの歌劇「魔笛」を見てきました。
クラシックを聞きに行き、演奏中に笑ったのは初めてではないかしら。


冒頭の大蛇からして、会場からクスクス・・・。
意外にかわいい顔で、手がついている!?(トカゲの前足を思い浮かべていただくと良いかも)腹ばいになった人が中に入っているものと思われますので、操作上やむを得ないことと思いますが、席が前の方だったので、よく見えました(笑)

全体の演出は、大がかりに凝っているわけではないのに、ポイントポイントで、印象づけられ、見応えたっぷり。
話の展開、小道具なども、基本に忠実、かつシンプルに作られていました。

開演前から、舞台手前の中央には、宝箱風の箱が、ひとつ置いてありました。
序曲のあと、少年たち(女性)が、そこから大きな本を取り出し、表紙を開くと、魔笛の物語が始まります。

この宝箱は、道具箱だったり、椅子になったり、台になったり、その後ろに隠れたり。
最後の方、パパゲーノが鈴を鳴らしてパパゲーナを呼ぶ場面では、なんとパパゲーナ
は、この箱の中から登場。ちょっとしたマジックのようでした。

マジックと言えば、途中で、少年たちが、3人の童子に変身するのですが、侍女たちの
マントの下でカツラをかぶって早変わりしたのです。オペラを見に行って、マジックショーも見た!という感じで、なかなかおもしろい〜。



タミーノは、最初声の通りが今ひとつで、あれ?と思ったけれど、段々上り調子で最後の方は、さすが、しっかりひきつけられました。

パミーナは、とてもきれいな声、それにかわいらしかったです。
立ち姿を見ている限りでは、感じなかったのですが、小柄な人なのか、タミーノと抱き合う場面では、一生懸命背伸びをしていました。タミーノが、もうちょっとかがんであげれば
いいのに・・・・(^^;)
タミーノが沈黙の試練の最中で、口をきいてくれないときに歌うアリアは、泣きそうになりましたよ。このアリア。実はあまり好きではなかったのですが、これを聞いて、好きになれそうです。


パパゲーノ、この役は、歌がうまい以上に芸達者でないとこなせないみたいです。
3人のかしこい少年たちが食べ物を届けてくれた場面では、本当にパンを食べていま
した!歌うのに差し支えないのかなあ。

演技で気になったこと。パミーナとパパゲーノが、初めて会った場面で。初対面なのに、妙に仲よく見えてしまって、おいおい、そこまで接近して良いのかぁ?お互いに、ホントの相手がいるんじゃないの?という感じ。
でも、これは、パパゲーノの人が、妙になれなれしい気がしました。
だって、パパゲーナと結ばれてからは、パパゲーナには、もうやりたい放題!?
どこまで演出なのか、疑ってしまったですよ(^^;)
あとね、パパゲーノの人は、ちょっとおなかが出てた。オペラと全然関係ないですが(笑)

モノスタトスと奴隷たちが、パパゲーノの鈴の音に合わせて歌い踊る場面。奴隷が思いのほかたくさんいて、衣装もかわいく、おもしろくて思わず手拍子したくなりましたが、オペラでそれはまずいので、おとなしくしていました。
モノスタトスは、思ったよりさっぱり?していました。頭がスキンヘッドで、「王様と私」の
ユル・ブリンナーみたいで、イヤらしい感じはなかったです。(二○会の方が、あれ・・・でした。もとはと言えば、別にいやらしいキャラではないですかね)


夜の女王もよかったです。第一幕のアリアでは、それほど印象が強くなかったのですが
(舞台奥の方だったので、立ち位置の問題もあったのかも。)第二幕の「復讐・・・」のほうは、さすが!CDではなく、生演奏であそこまで聞かせてくれたのは、私にとっては、
この人が初めてでした。


そう言えば、僧侶たちの合唱で、妙に声が目立っていたテノールがいたなあ。
なんか、頑張っちゃったんでしょうか。そういう声なのか(笑)



衣装は、夜の女王側は黒、ザラストロ側は白(タミーノ、パミーナも白)、が基調で、両方ともシンプルなのに、あやしい感じや、厳かな雰囲気が伝って、なかなか良かったです。
3人の侍女たちのすそのながーいマントは、ひるがえると、オケピのコントラバス(一番舞台に近いところにいた)の人の頭の上に、ふんわりとかかってしまいそうなほど。
敵ながら?格好良かったです。僧侶たちの衣装は、基本の衣に上からもう一枚羽織ったり、帽子をつけたり、とアレンジが楽しかったです。
オペラは、やっぱり見るものです。聞くものじゃありません!


先日、「オケピ!」(三谷幸喜)を読んだせいもあって、オーケストラピットの人々も気になりました。部分的にしか、見えなかったのですが・・・・。
チェロの人。
開演前からなんか文句がありそうな気配で(笑)、隣の人とひそひそ話したり、客席をじーっと見たり。演奏が始まってからは、自分が弾いていないとき、舞台を振り返って何度も見たり・・・と、気になってしまったですよ。なんだったんですかね。
左の方に座っていた出番の少ない奏者(楽器が全然見えなかったのですが、グロッケンシュピールだったのかなあ)は、時折、ぼーっとしているように見えました(失礼)。
別に、オケに文句をつけようっていうのではないので、くれぐれも、誤解なさいませんように(^^;)


同じ公演を見た方がこれを読んだら、「違うぞ!」という所がたくさんあると思いますが、
覚え書きメモを兼ねて、私の感じたままを書いています。

ウィーンの森 バーデン市立劇場
市川市文化会館大ホールにて

参考までにこちら(他の公演です。衣装はこの写真とほぼ同じでした)

posted by きるしゅ at 01:00| Comment(0) | HPいちご・いちえDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

9月18日

■中秋の名月
旧暦8月15日。十五夜です。
声楽の伴奏合わせを終えて、家に着くころ、東の空に、それはそれは、大きな、まあるいお月様がかかっていました。これだけ大きければ、月のウサギもよく見えます。
夕飯を食べ終わり、ベランダに出てみると、高い位置に移動したお月様。
さきほどは、少し赤みを帯びていましたが、今度は、白っぽくなっています。
白い丸=お月見だんご!
芽吹き屋さんの十五夜だんごで、もうひとつの名月を楽しみます。
「月よりだんご」だなんて、言わないでね(笑)
posted by きるしゅ at 01:00| Comment(0) | HPいちご・いちえDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

9月17日

■ふろ水ポンプ
洗濯機付属の「ふろ水ポンプ」が壊れてしまいました。お風呂の残り湯を洗濯に使えるとても便利なもの。今使っている洗濯機にする前は、ホームセンターで売っている外付けの(ハードディスクみたいですが)市販品を使っていましたが、洗濯機と連動した方がやはり便利なので、取り寄せることにしました。
今は、バケツに汲んで残り湯を洗濯機に移しています。やってみると、けっこう大変。
はやく届かないかなあ。
posted by きるしゅ at 01:00| Comment(0) | HPいちご・いちえDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

9月16日

■電話
携帯も含め、ふだん、ほとんど電話は使わないのですが、引っ越しがらみの用事や、仕事の打ち合わせで、あちこちかけまくったり、かかってきたり。
留守電は、便利なはずなのに、お互い留守電があるが故、連絡が行き違いになったり、話が前後したり、と、話がややこしくなって、ちょっと煩わしく感じてしまいました。
妙に疲れました〜。ふぅ。
posted by きるしゅ at 01:00| Comment(0) | HPいちご・いちえDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

9月15日

■お食事会
諸事情で、延び延びになっていた6月に行った発表会の打ち上げ。
本日、イタリア料理のお店カステッロにて、おいしいランチを楽しみました。
ひとりでは、なかなか入れない、ちょっと高級感あるお店。前菜からして、カラフルでおいしそうで、お皿を前に、うっとり。次に出てきたパスタとリゾットで、おなかいっぱい。
と言いつつ、メインディッシュをぺろっといただいてしまって、われながらびっくり。
フォカッチャも、おいしかったわ。もちろん、デザートは別腹(笑)
幸せな、ひとときでした。
posted by きるしゅ at 01:00| Comment(0) | HPいちご・いちえDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

9月14日

■どきどき
医者へ行って来ました。10日前くらいから動悸が激しくて、夜中に目が覚めたりしていたのです。いつもの貧血での動悸と少し違う気がしたので、念のために。心臓には異常はないそうなのでまあ、安心です。良かったよう。過労ストレスでは?と言われました。
ぐーたらしているだけなんですけど・・・とは、言えずに帰ってきました(笑)
posted by きるしゅ at 01:00| Comment(0) | HPいちご・いちえDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

9月13日

■「ジジ」か「猫型ロボット」か
昨日は、母宅(実家)引っ越しの見積もりを二社に頼んで、金額を出してもらいました。
見た目、似たようなサービスなのに、金額が倍近く違います。
ジジは、10年前に、私が今の家に引っ越すときに頼んだところ。
猫型ロボットは、母宅周辺での2,3軒の引っ越しに、軒並みこの会社の車が来ていたそうで、「良いのかな?」と思い、見積もりを頼んだのです。
どうしましょうねぇ。ジジの方が安いのです(^^;)
以前、やってもらって不満はなかったので、ジジに決めようかと思っていますが・・・・。

■ありゃ
先週録画した、アニメ「鋼の錬金術師」を見ようとビデオを再生したら、稲垣吾郎が映っています。Goro‘s Barなんていうの、録画しちゃったよ。なんだ、こりゃあ。
時間設定を1時間、間違えた(>_<)
posted by きるしゅ at 01:00| Comment(0) | HPいちご・いちえDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

9月11日

■雷で停電
遅いお昼を食べ終わり、そろそろ選挙へ行こうと思ったら、一天にわかにかき曇り、あっという間に真っ暗になって、妖しげな風が吹くとまもなく、雷がゴロゴロいい始めました。
そのうち、ピカッと光ったと思ったら、ドーンと来て停電。
あーあ、おふろの追い炊き機能がリセットされちゃった(>_<)停電すると、一度全部お湯を抜かないと、自動給湯にならないのですよ。家中のあちこちで、デジタル時計が点滅しているし。停電そのものは、すぐに復旧するのだけれど、後始末が大変(^^;)

■今後の予定
のんびり構えていたら、本番(10/2 双葉会)まで3週間と迫ってきました。どうもエンジンがなかなかかからず、プラス雑用にまぎれて準備が遅れています。本腰を入れにゃあ、間に合わないぞ!そんなわけで、しばらくの間、サイト更新は、「だいあり〜のみ」にしようと思いますm(_ _)m

posted by きるしゅ at 01:00| Comment(0) | HPいちご・いちえDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

9月10日

■さんさん さんちょく パ・・・・・
過日の♪〜ジョーンコ ジョーンコ サイゴージョンコー(8月10日だいあり〜参照)に代わり、現在、つい口ずさんでいるのが、♪〜さんさん さんちょく パル○ステム。
私が加入している生協のTVCMで、流れています。こちらで聞けます
(注:決して、まわし者ではありません。)
トレードマークの「うし」(元は、牛乳のキャラクター)が大好きなのです(*^_^*)
私のうし好きは、それとなく知られていたり、知られていなかったり(笑)
posted by きるしゅ at 01:00| Comment(0) | HPいちご・いちえDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする