[PR] SEO対策 いちご・いちえ

2005年03月26日

DQ8もうひとつの旅路(4)船着き場〜マイエラ修道院〜ドニ

■ 間奏曲 ■
船に乗っているあいだに、ヤンガスとハルのなれそめ、じゃなかった、
出会いの回想シーンが見られます。これ、好きなのです。
ハルの人の良さがよくわかるし、トロデ王とヤンガスの仲が悪い理由もわかります。
ヤンガスが仲間になるときは、ゼシカみたいに、くるっと回ったり・・・・
しなかったでしょうね(^^;)
もうひとつ、乗船中のニュース。
それは、錬金釜誕生。わーい!
ハルたちが、宿に泊まっているあいだに、王様がとんてんかん、やっていたのは、
これだったのです。修理が終わって完成したお釜を前に、トロデ王もうれしそうです。


(4)船着き場〜マイエラ修道院〜ドニ
●錬金釜
2周目の良いところは、すでに、錬金レシピを知っていること。
すぐに役立つ武器を、ガンガン作りましょう。
とうぞくのカギなんて、あとまわしっ!
お釜に放り込むのは、「ブーメランと、鉄のクギ」。
ハルご愛用のハイブーメランです。
マイエラ修道院へ向かいつつ、錬金スタート。
そのあと、ヘビ皮のムチに、鉄のオノ、と続きます。
これで、武器は万全ですよ(^o^)

●マイエラ修道院
船着き場から少し距離があるので、やっと着いた!と思ったのに、
ここには宿がないのです。
しかも、入ってみたら、「二階からイヤミさん」と遭遇。
そうか、ククールさんよりも先に、この人と会っていたのね。
ヤンガスに促されて、宿のある町へ向かいます。

●ドニの町・酒場にて
1周目で聞き逃したのか、あるいは、すっかり忘れているのか、
仲間の会話がとても新鮮です。
ヤンガスの身体の秘密なんて、ぷぷっ。
「山ひとつ越えるたびに、うまい酒を飲まないと足が動かなくなるんでがす」。
こうしてみると、ヤンガスも大人なんですね。

酒場に入る前に、町のおばさんやおじいさんから、
ククールさんのうわさを聞きます。
ここまで入り組んだ事情を抱えるキャラがDQに出てきたことは、あったかしら。
酒場の中で、一通り話を聞き、いよいよククールさんとご対面。
そして、イカサマ騒動とバトル。
トロデ王がバトルに参戦しているのが、なんとも愉快。
おっさん、いつの間に(笑)
ハルは、というと、ぼう然として、あっけにとられて見ているだけ。
(さすが、DQ主人公)
そして、バトルをよそに、張本人のククールさんは、
ハルとゼシカのそでを引いて裏口から脱出。
マントの下からは、イカサマカードがバラバラと。
やっぱり、してたんじゃないの、イカサマっ!

ククールさん、ゼシカを下からなめるように、じろじろーって見ます。
1周目では、この段階での、プレイヤーのククールさんへの好感度ゼロ。
「助けてもらったお礼と出会いの記念に」指輪をよこすなんて、
これまたいやらしい男です(笑)
受け取ってしまった指輪を「返すだけ」が目的で、再び修道院へ向かいます。
これからの、大きな渦にまきこまれること、そして、この好感度ゼロ男が(笑)
仲間になることなど、ハルたちは、夢にも思わずに。

--------------------
170119再録:
「DQ8もうひとつの旅路」〜破天荒?せんちめんたるじゃーにー〜(4)
posted by きるしゅ at 16:00| Comment(0) | PS2版DQ8(2周目)[未完] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DQ8もうひとつの旅路(3)海のニュルニュル者(ポルトリンク)〜南の大陸へ

●しびれくらげの受難
ゼシカさんを追って、ポルトリンクの港町へやって来ました。
井戸の中を調べると、気の毒なしびれくらげさんが・・・。
なんでも「ボスのおやつを見て、よだれをたらしただけで、
海を追放されてしまった」とのこと。
プレイヤー、スライム系のモンスターには弱いのです。
ああ、かわいそう。
この子を助けるには、どうしたらいいの?

●ゼシカさん その2
ああ、やっといました。ボン、キュッ、ボーン・・・って、違いますってばっ。
ゼシカさんです。
船を出してくれと、ものすごい剣幕で、男とやりあっています。
近づいたら、これまた、巻き込まれました。DQのお約束です。
定期船が出航しないのは、魔物が大暴れしているから。
それをハルとヤンガスが、退治することになりました。
「ニュルニュル者」は強いよ(>_<)大丈夫かな、レベル・・・・。

●ニュルニュル者退治
いよいよ、船で魔物退治へ出発。
ゼシカさんも一緒だけれど、戦うのはうちらだけ(^^;)
出てきたのは、でかいたこ?いや、イカ?(どっちだ?)
えらく不機嫌な様子で文句ばかり言っていますよ。

とにかく、たたいて、たたいて、たたく!!
こちらが、少しくたびれてきたところで、ニュルニュル者は、降参してくれました。
ほっとしたー。ボス戦は、嫌いなの。

海で、あばれまくっていたニュルニュル者は、実は、根はいい奴らしい。
あのド○○○スのせいで、おかしくされてしまっていたみたい。
戦いの前とは、えらい違いの愛想振りまき(笑)
お詫びに、海の底に落ちていたという、金のブレスレットをもらいました。
落とし物ですか??
そのうち、まだ誰かが、ルイネロさんに、
「なくしたブレスレットのありかを占って欲しい」なんて、
相談に行かないといいけど。

●定期船出航、そしてゼシカ仲間になる
ようやく船が出航と言うとき、
ゼシカさんが「旅の仲間にしてくれない?」と言ってきました。
トロデ王が、「呪文の使い手が足らんぞ」と言っていたし、
話の流れから行くと、断れない(笑)
でも、ヤンガスは、「娘っ子は苦手でがす」と言います。
「はい」「いいえ」で、とりあえずハルは、「いいえ」と言ってみました。
が、ゼシカさん、「一度決めたら、絶対そうしないと気が済まないのよね」。
やっぱり、押し切られました。
これがDQ(笑)これで、三人の旅になりました。
おっと、トロデ王とお馬さんも忘れてはいけません。
船に乗り込み、南の大陸へ出発です。

-----------------
170119再録:
「DQ8もうひとつの旅路」〜破天荒?せんちめんたるじゃーにー〜(3)
posted by きるしゅ at 15:00| Comment(0) | PS2版DQ8(2周目)[未完] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DQ8もうひとつの旅路(2)リーザスの塔(リーザス村)

●リーザス村へ
破られた関所を通り、街道を進んで、リーザス村に着きました。
いきなり、子供自警団?に、盗賊呼ばわりされましたよ。んー、もう!
村の人たちの様子が沈んでいます。
事情がわかって、なにやらまた、巻き込まれそうな気配。
まあ、これがDQですから、しかたない、というか、なんというか。

●トーポたん
トーポの出番は、ここから先、何度かあるのだけれど、
ここで、トーポのかわいさに、メロメロになった人は多いでしょう。
△ボタンを押すと、前転するっていうのも、またまたかわいいのです。
しかし、操作が思いのほか、難しかった(^^;)
1周目の時は、帰ってこられなくて、私はパニックになりましたのです(笑)
それにしても、トーポの正体がわかっていたならば、あんなに前転ばかり
させなかったのに、と反省しています。

●リーザスの塔
ポルクと一緒に、リーザスの塔へ。
塔の入り口は、村人と一緒でないと、開けられない。
この仕掛けが!DQだわー(笑)
考えたら、一周目で、この塔には、ストーリー上、二度登っています。
それ以外にも何度か宝探しに勝手に登っているので、ここだけは、方向音痴の私でも、
地図がなくても登れる、数少ないダンジョンなのでした。
ええ、もう、「勝手知ったる、リーザスの塔」ってなもんです。
ゼシカさんとの対面は、またしても、盗賊呼ばわりされてしまいました。
なんでいつも、こうなんでしょう。(DQだから、ですか)
さて、ここでは、重大な事件と、重大なことに遭遇。ゼシカさんがカタキとするヤツと、
ハル一行(トロデ一行?)が追ってるのが同じヤツであることが明確になったのでした。
そして、ズシーンと思い空気の中、突如、トロデ王登場。
わわっ、ヤンガスの、あれですよ、あれ。
「おっさん!いつの間に!?」

●ゼシカさん
リーザス村の子供の寝言。ボン・・・キュッ・・・ボーン・・・・て、
今までのDQで、ここまであからさまに言ったことはありましたっけ?(^^;)
しかし、ヤンガスの好みとは違っていたみたいですね。
彼曰く「もっとワイルドな色気を持った女じゃないとハートにズキューンとこないでがすよ」。
早くも、こんなところで、言っていたんですねぇ、「だれかさん」のこと(笑)
肝心なゼシカさんは、なんと家出。
普段着からお着替えして、荷物をまとめて出て行ってしまいました。
ハルたちに「村で待ってて」と言っていたのに。あらら、追いかけなくてはなりません。
めざすは、ポルトリンクです。

170119再録作業 「DQ8もうひとつの旅路」〜破天荒?せんちめんたるじゃーにー〜(2)
posted by きるしゅ at 14:00| Comment(0) | PS2版DQ8(2周目)[未完] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DQ8もうひとつの旅路(1)オープニング〜滝の洞くつ(トラペッタ)

■ プロローグ ■
タルが二つと、切り株。また、この地から、新たな冒険が始まろうとしています。
思いもよらぬことが原因で、2周目の冒険に出発することになったプレイヤー。
新たな主人公「ハル」と共に、過去を捨て、破天荒な旅をめざします。
2周目でなければできないこと、思いきって戦ってみたり、違う寄り道をしてみたり。
ハルに違う自分を投影してみてもいいかもしれない。
そんな気持ちで、もうひとつの旅路に出発です。

(1)オープニング〜滝の洞くつ(トラペッタ)
♪〜 旅も二度目なら、少しは上手に・・・(いきなり歌うプレイヤー)。
懐かしの「タルが二つと切り株の広場」。トーポが走る。トロデがにらむ。
ヤンガスが手を振るぅーーーー。
そう、すべては、ここから始まるのです。
遠くに見える町には、煙が上がり、ハルたちは、その町「トラペッタ」へ。

●旅の心得
まずは、みじたくを調えて・・・っと。ハル(自分)の持ち物点検しましょう。
兵士の剣。城の下級兵士に配られる安物の剣。
ええっ、冒頭から驚くプレイヤー。近衛兵ではなかったのか、この人。
安物の剣、ってそれで大丈夫なの?トロデーン城の財政事情が見え隠れする事実。
次、布の服。確かに、布の服。黄色いひらひらの服は、ハルらしくていいなあ。
下に着ている青いシャツは、大きめに見えるのだけれど、なんでこの服装になったんだろう。
そしてバンダナ。ああ、これこそが、DQ8の主人公だわっ。
1周目で、これを手放したあと、錬金材料になることがわかって後悔したので、
皮の帽子にお着替えしたあとも、今回は絶対「売りません!」。

●裏からお邪魔します(トラペッタの防具屋さん)
1周目では、防具屋さんのメモゲームがあることは、ずっと知らなかったのです。
だから今回は、絶対にこの人と遊んでやるーー!と意気込んでいるのです。
まずは、数百ゴールドで、特別なものを譲ってくれると言うので、防具も買わずに、
ゴールドをためこみます。しょっぱなから、ちまちました冒険だ(>_<)。
結局、「特別なもの」はなく、カギのメモのありかを教えてくれたのでした。
まあ、ゴールドがたまったから、良しとしようかな。

●滝の上に住むおじさん(さっそく寄り道)
ルイネロさんちのユリマちゃんから、頼まれごとをしたのです。
王様も「助けてあげなさい」っていうし。でも、ここでまっすぐ滝へ向かってしまっては、
2周目の意味がない!
ここはやっぱり、「おじさんの所」が先でしょう。
おじさんの依頼を引き受けて、「男の道具袋」ゲット。
トーポにチーズをくれるこのおじさん。まさか○○族だなんて、この時点では、
よもや考えもしませんでした。

●指輪占い(宿に泊まっている夫婦)
奥さんの指輪がなくなった、とのことで、指輪のありかを占ってもらおうと、やって来た夫婦。
ところが、ルイネロさんときたら、なくしたものは、二度と出てこないとか、
冷たくあしらったらしく、奥さんは、カンカンになってます。
この指輪。のちのちア○○○タで拾うのよねー。
1周目では、タイミングを逃したみたいだったけど、今度はちゃんと返せるといいな。
持っていても、派手なだけで、使えないしね(^^;)

●滝の洞くつ
やっと、ユリマちゃんの頼まれごとの、水晶玉を探しに、滝の洞くつへ向かいます。
へっへっ、中で通せんぼしていた「おおきづち」くん。戦わずして通してくれます。
人間(って、魔物じゃん)話せばわかるってやつだよね。
個人的には、おおきづち、とか、ブラウニーとか、好きなのよ。

さらに進むと、今度はスライムちゃん。
ああ、もうどうして、カワイイ奴ばっかり(笑)行き止まりだよって教えてくれて、
それでもさらに進むと、奥の宝箱には「どうのつるぎ」。
この時点では、ハルにはぴったりの武器。
と言いながら、今回の戦法は、ひたすら「おどかす」なんですよっ。
我ながらびっくりだけど、結局おどかしっぱなしで(すなわち、一度も魔物と戦わず)、
水晶玉の前まで、行っちゃいました。

さてと、ザバンさまとの対戦は、けっこうすんなり。
主人公には「呪いが効かない」ということがわかるのだけれど、どうして効かないのか、は
ずっと謎なのであります。
ボス、といってもザバンは、あまりボスらしくないですな。
ただの滝壺の主で、頭に水晶玉をぶつけられたことに腹を立てているだけだもの。
けがをさせた、悪い奴は誰?って感じです(笑)
頭の古傷が、ちょっと心配だわ。お大事に。

●ルイネロさん解決〜南の関所へ
ユリマちゃんの頼まれごとは、無事解決し、ルイネロさんも立ち直り、めでたし、めでたし。
ところが、ルイネロさんの口からは、「あほう・・・」。
わわ、このおじさん、好きだわって、違う違う(^^;)
冗談はともかく、南の関所が力ずくで破られ、アヤシイ奴が逃げていったという情報。
それを追って、ハル一行は、南をめざすのでありました。

-----------
170119再録作業 「DQ8もうひとつの旅路」〜破天荒?せんちめんたるじゃーにー〜(1)
posted by きるしゅ at 13:00| Comment(0) | PS2版DQ8(2周目)[未完] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「DQ8もうひとつの旅路」 はじめに

2017年1月18日記
これは、
「DQ8もうひとつの旅路〜破天荒?せんちめんたるじゃーにー〜」
と題して、「HPいちご・いちえ」で展開していた、
「PS2版DQ8」の2周目の記録です。(2005年3月〜2006年3月ごろ)
わけあって、2周目は、ゴルド戦で終わっています。
エンディングまでしていないし、内容も中途半端
(後半は、きちんとした記録になっていない)なので、
再録は考えていなかったのですが、PC内の整理などしているうちに、
やはりここにまとめて保管しておく方が良いかも、との考えに至りました。
今さらの公開で、書いた本人ですら記憶が定かでない部分もありますが、
あくまで自分のために、ここに置いておくことにしました。
基本的には、当時のまま、コピペしますが、注釈が入る場合もあります。
少しずつ、再録作業をしていきます。
色々とツッコミどころもあろうかと思いますが、
もしお読みいただけるなら、どうぞなま温かい目で見てやってくださいm(_ _)m
(感想などは大歓迎です)

なお、日付は、当時に近い日にアップしていきますが、
多少矛盾が生じる場合があります。ご了承ください。


-------------------------------------------------


「DQ8 もうひとつの旅路」について


冒険の記録ですが、攻略が主ではありません。
一番の目的は、プレイヤーの覚え書きのためです。

■2周目を始めた理由。
(1)通常エンディングまでの、失恋?の痛手を癒す旅に出る。
だから、せんちめんたるじゃーにー・・・

(2)1周目、あまりにも、ククールをぞんざいに扱ってきたので、お詫びがしたい。
2周目はククール優遇。

★なお、(2)につながることですが、もうひとつの旅路は、「聖地ゴルド戦」を事実上の最終決戦と考えています。
ラスボス戦まで、プレイするかどうかは、今のところわかりませんm(_ _)m
★たまに、プレイヤー以外の人が、いきなり語り出すことがあります(王様とか、ヤッくんとか・・・笑)

【プレイヤーの中での主人公設定】
主人公、「ハル」は、無鉄砲で能天気なヤツ。
基本的には、ガンガン行く性格です。でも、とっても良い子ですよ。
武器は、剣とブーメラン(ブーメランは、やっぱり欠かせない)
1周目の主人公が、慎重派だったので、今回は、趣を変えたいと思っています。
(慎重にならざるを得ない場面も、あるとは思いますが)

【参考資料】 1周目のプレイ
主人公名:エイト(実際は違いますが、ネット上ではエイトで統一)
主な武器:ヤリ ブーメラン
はまったこと:錬金
冒険の傾向:みちくさ大好き。寄り道バンザイ。戦闘は慎重に。
その他:DQプレイ歴15年にして、初めて、主人公にほれました。ああもう大変(笑)

【登場人物に対する思い入れ】
1周目のプレイ(DQ8冒険の書1)の『反省』をふまえ、また、心境の変化もありまして、
現在の所、おおよそ、以下の通りです。今後、変わる可能性も有り。2005/3/16現在

・ヤンガス&ゲルダさん、応援中。
・ククール人気上昇中。(かなり好きになってきました)
・主人公、あいかわらず、大好きです。
・恋敵のお馬さんは、心の中で、だいぶ和解が進んできています(笑)
・カリスマ兄弟に注目。(CPという意味ではなく?)
・トロデ love×2(^o^)




posted by きるしゅ at 12:00| Comment(0) | PS2版DQ8(2周目)[未完] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月26日

■DQ8「もうひとつの旅路」再開
すでにアップしていたもの(ククールが仲間になるまで)を書き直し、続きの旅路も
アップしました。自分でも、何やっているのかなー(^^;)と思いますが、
自分の楽しみ第一に書き進めようと思います。のんびりと。
2周目は、ククール優遇、と言いながら、今のところ、文章の上では、なぜかあまり
優遇されていないクク。
ゲーム上では、いい防具を買ってあげたり、セリフを一番最初に聞いてあげたりしているのだけれど、なぜか「旅路」に反映されない。
いやいや、これからですよ(ホントかな?)
この前、「クイール」と書いてあるのを「ククール」と読み間違えたくらいだから、
だいぶ私の中にククールは入り込んでいると思うのですけれどね(笑)
posted by きるしゅ at 01:00| Comment(0) | HPいちご・いちえDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月25日

3月25日

■チケットを申し込む
4月7日のさだまさしコンサートのチケットが、取れました。奇跡的。
母と一緒に行きます。
以前、発売日にチケット購入にトライしたときは、全然だめだったのに、
どうして、こんなに間近な時期に、残席があるのか、不思議です。
もっとも、一番後ろの席ですが、聞きに行けるだけで幸せ、かな。

■同人誌も申し込む
いつもサイトへ遊びに行っている、K丸さんの新刊が出たのです。
申し込みのお便りを出しました。うふふ、楽しみ、楽しみ〜。DQ5本ですよ。
posted by きるしゅ at 01:00| Comment(0) | HPいちご・いちえDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

3月24日

photo1.jpg
(160625記 当時、日記ページトップに掲げていた画像です)

先日のリニューアルを機に、日記にブログを導入したのだけれど、
夜間、つながりが悪かったり、毎日書くには使い勝手が今ひとつだったり。
結局、自分でアップすることにしました。
日々のことと、コンテンツ全般について書くので、わけのわからないことが載ることが
あるかと思いますが、関係ないのは、適当に読み飛ばしてくださいね。

■ようやく体調が元に戻りつつあります。
今日は、美容院へ行って、ボーボーだった髪をカット。
車も洗って、身の回りが少しすっきりしました。

■今日読み終わった本、「恋文」(連城三紀彦著)は、短編集。
どの話も、終盤、「ええーーーーーーーっ!」と思わず声を上げてしまうほど、
どんでん返しがあって、おもしろく読みました。
著者は、ミステリーを書く人と知って、なるほど、と思いましたが、普通の小説で、
これほど「ひねり」があるのを読んだのは初めてだったので、かなり楽しめました。

■ずっと出しっぱなしだったPS2を、片づけました。
DQ1周目が終わったところで、少しお休み。途中まで進めている2周目の、プレイ日記
(もうひとつの旅路)のたまっているところまでを、書き終えてから、続きをする予定。
旅路は、リニュして再出発。あれは、ずっと書き続けるのは大変、というか、
やっぱり自分の言葉で書かないと、「書ききれないもの」があって、限界を感じたしだい。
マイエラあたりのことは、前よりも詳しく書き直しました。
やっと、アスカンタまで書いたけど、ゲームの方は、もうライドンの塔まで、進んでいるのです。とりあえず、もう少し書き進めたら、途中までアップします。
それにしても、2周目、「兄弟」がものすごく気になっていて・・・
思い入れしすぎないように、気をつけます(笑)

■「菜の花や月は東に日は西に」。
歳時記に書いた、「月は東に日は西に」が見られるはずの、昨日と今日、だったのだ
けれど、お天気が悪くて、だめでした。
菜の花畑はないけれど、せめて、月と日は、見られないかと、期待していたのに。

posted by きるしゅ at 01:00| Comment(0) | HPいちご・いちえDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

(18)1周目の冒険 終了

目標にしていた、モンスターリストのコンプリート。
めでたく完成し、[ゴスペルリング]を手に入れました。

トロデ王からは、
「[すべての魔物と戦い、討伐リストを完成させるとは おそれいった!
魔物フェチの称号を与えるぞい]」と言われました。
思えば、エイトは本当によく戦いました。
戦うのは嫌いなプレイヤーで通ってきたはずなのに、
[魔物フェチ]とまで言われるとは・・・・・(^^;)

実は、裏ボスを倒し、最後の最後までやったのは、これが2作目なのです。
(他には、6だけ)
SFC版5は、裏があることすら知らなかったし、PS2版5のエスターク15ターン以内もまだだし、7の神様が倒せなくて、そのままだし、PS版4のエッグラ・チキーラも中途半端で、エビルプリーストもまだ。
それを考えると、ほんとに、よく頑張りました(笑)

とにもかくにも、1周目の冒険は、本日で終了します。
休んでいた期間もありますが、4ヶ月近くも、エイトとおつきあいをしてきたのです。
このデータともお別れかと思うと、感無量。もちろん、保存しておきます。

今まで、冒険におつきあいくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

----------------------------------------

【オマケ】(別窓で開きます)

DQ8たたかいのきろく
王様からのありがたいお言葉。1、2周目まぜこぜ。

DQ8「主人公について」もしくは「エンディング考」
旅の仲間たち」に書けなかった、主人公に関して。

DQ8旅の仲間たち2(裏?)
説明と注意書きをよくお読みになり、正しくお使いください。
posted by きるしゅ at 01:00| Comment(0) | PS2版DQ8(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(17)レベル70記念

友人は、主人公レベル70で、連戦を制覇したとのこと。
それを目安に、レベルを上げ、準備をしました。

だめでもともと、とにかく、行ってみよう!!
先日、試しに行ったときと変えたことは、

エイトの武器(相手が竜になってからは、ヤリ→ドラゴンスレイヤーに持ち替え)
ククールのよろいをメタルキングよろい→ドラゴンローブ
ゼシカのよろいをドラゴンローブ→神秘のビスチェ
ヤンガスのよろいをはぐれメタルよろい→メタルキングよろい

タンバリンを、ヤンガス→ククール
賢者の石を、ヤンガス→ゼシカ
(前回は、たまたま両方とも、ヤンガスが持ったまま、行ってしまった)

作戦は、というと、個別の竜に合わせて、など、私にはできないので、ヤンガスとククール二人でスクルト二重がけ、ゼシカのピオリム。
あとは、賢者の石、ベホマラー、ベホマズンでHPを回復しながら、
タンバリンを使いつつ、攻撃色々。

エイトのドラゴン斬り、ヤンガスのかぶとわり、ククールはジゴスパークと、グランドクロス。
ゼシカは、ピオリム、フバーハ、メラゾーマ、イオナズン。

こんなのを、延々とやりまして、めでたく[永遠の巨]竜まで、やっつけました。
思ったよりも、うまく事が運んで、我ながらびっくり。
最後は、ヤンガスだけ、カンオケでした。ごめんよー(T_T)

○○王に「末恐ろしい」とまで言われたエイトたちは、本当に強くなったのですね。
それにしても、○○王、「私とて、お前たちと戦うのは楽しいのだからな」と言っていました。
そんなに楽しいですか(^^;)
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | PS2版DQ8(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする