[PR] SEO対策 いちご・いちえ

2004年04月22日

冒険22日目 愚父

妖精の村からスタート。

なにをすればいいのかな。
とりあえず、すごろくだ(^o^)
子供たちもやりたがっている。
「一人一回ずつだぞ!」
残念ながら、二人ともゴールならず。
また来ようね。

そう言えば、妖精の他にも、この世界に知り合いがいたなあ。
訪ねてみたら、おお!いたいた。今日から仲間だ。

宝箱を取り残したような気がするので、迷いの森へ、また、行ってみる。
ひとつ見つけたところで、未解決の問題を思い出した。
あれから力もついたし、あのデカイ怪物に、お相手を所望するかな。

選抜メンバー、今回は、ファミリープラス、スライムナイト。
息子の守備力がかなり高い。
「お前は、前を歩きなさい。お父さんは後ろからついていくから」。
作戦は、まあまあ良かった。
しかし、認識が甘かった。
息子は、確かに守備力は高い。が、HPはそう高くはない。
気づいたときには・・・・(>_<)
愚かな父を、許してくれ(T_T)
葉っぱのお世話になり、戦闘を、どうにかクリア。
それにしても、デカかった。
娘ちゃん、よく泣かずに頑張った。えらかったよ。

さあて、いいものもらったぞ。
それが役に立つ場所を探しながら、あちこちルーラ。
そうだ、あのおじいさんを訪ねてみよう。
研究助手は、もう募集していなかった。
・・・ということは、研究は終わりか?
もうひとつ、伝授してもらった。これは、役に立つのかな。


いつのまにやら、仲間モンスターも、ずいぶん増えた。
数えたら、32匹もいる。宝の持ち腐れか?


=============================
冒険ひみつ日記

今日は、大きな戦いをした。
相手も大きかった。
よく ○○に入ってたな。

=============================
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | PS2版DQ5(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月21日

クイール

映画「クイール」を見てきた。

最近は、盲導犬のことを、様々な番組で取り上げるので、知識としては、なじみがあるが、
実際に目にしたことは、きわめて少ない。
映像を通してだと、犬としての、かわいらしさに目が行ってしまうのだが、
その裏にある「重大なこと」も一緒に、受け止めなければならないのだろう。

とは言っても、「クイール」そのものも、はっきりと描かれていたように思う。
本来の性格、というか、人格ならぬ犬格?
おっとりしてマイペース、最初のころのテストでは、拾い食いの誘惑に負け、
他の訓練犬をよそに、なかなか覚えない。
それでいて、「待て(ウェイト)」の指示をじっと守っているけなげ?な様子。
けなげと言うか、それが、彼のペースなのか?(^^;)

そんな姿を見せられると、盲導犬も犬なんだ、と、ちょっと安心したりして。
仕事をするようになってからも、家出をしたり、パートナーの息子とのやりとりは、
もう、最高〜〜〜!

全国の「クイール」たちは、今日も仕事をしているのだろう。
パートナーならずとも、ありがとう、となでてあげたいところだが、
お仕事中は、見守るのがルールとか。
心の中で、いっぱい、よしよししてあげよう。

posted by きるしゅ at 01:00| Comment(0) | HPいちご・いちえDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月20日

初夏の日差し

天気予報の通り、今日は、初夏を思わせる陽気。
道沿いのツツジと、芝ざくらが咲きそろっている。

久しぶりに、洗車をした。
きれいな車は、やっぱり気持ちいい。


やっと、「センセイの鞄」を読み終えて、返してきた。
ああ〜〜、いいなあ。こういう物語。
posted by きるしゅ at 01:00| Comment(0) | HPいちご・いちえDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月19日

冒険21日目 子煩悩

家族と共に、冒険に出かける。
船を用意してくれた、と言っていたけど、
気になるところへ先に行こう。

ン年前、○○になる前に話を聞いた「インク」のこと。
さっそく、もらいにいく。

もうひとつ、解決していない名産品がお城の中に。
これはと、おぼしき人に話しかけるが、誰も何も言ってくれない。
もしもし、お前さん、知っているのではないかい?
若い兵士に声をかけるが、そのことに関しては何も言わない。
うーむ、仲間にすればいいのかな?
冒険に加わってもらうことにした。

それから、ええと・・・かぶと、かぶと・・・・
おお!ぴったりじゃ。
これで、勇者の誕生だ。
自分は、というと、肩書きが王様から、父親に・・・。
お父さんっていうのも、なんだか、照れるなあ(^^;)


しばらくのあいだ、子供たちは馬車で待機。
だいぶ力がついたところで、修道院あたりでデビュー戦。
ここなら、お前たちだけで大丈夫だろう。
ほらほら、やってみなさい。
二人だけで、モンスター退治をさせてみる。
よしよし、上手にできたね。
ほれ、おとうさんが、ホイミをかけてあげようね。
ふふっ、ちょっと、パパスの真似をしてみたりして・・・。
もう、子供たちに、デレデレ〜〜〜〜

そうだ、義父に、孫たちの顔を見せに行こう。
サラボナに飛ぶと、なんだか、大変なことになりそうな気配。
一緒に来たお城の兵士は、「お城で待ってます」みたいなことを言う。
お前さん、帰りたいのか(^^;)
サンチョさんの話も聞きたいし、メンバー交代するか。

さて、いよいよ、言われたとおり、母のふるさとへ。
景色がすばらしいところだ。美しい。
母に思いをはせ、もらうものをもらい(笑)
コレクションを増やし・・・。
これでまた、博物館いりびたり(^^;)


あちこちで、話を聞いているうちに、
主人公は(管理人は)頭が、混乱してきた。
どれからやればいいのか、どこへ行こうか????

行ってみたが、まだ早すぎた場所。
行ったら、大変な目にあった場所。(これは未解決)
子供が「じゅうたんを使おうよ〜」というので、使ってみたら
またまた、新しいところ。
ん、ここへ、行けそうだ。

そんなわけで、今、妖精の村にいる。
(これで、いいのかなあ・・・・)


=============================
冒険ひみつ日記

子連れの旅も
なかなかたのしい。

ひょうたんからコマ
ピピンからチェス!

=============================
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | PS2版DQ5(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月18日

冒険20日目 悲劇の時そして 【青年前期から後期へ】

今日も、気が重い冒険だ(-_-;)
行き先は、「塔」。いやな予感がする。
(また、迷うのではないか、という・・・・)
いやいや、チゾットでもらった「いいもの」を駆使して頑張ろう。

地図を書きながら、注意深く進む。
宝箱に、気を取られていると、迷う(^^;)
穴から落ちたら、一からやり直し(T_T)

そうこうするうち、どうにか、だんだんと近づく予感が。
おお、あの岩、どうしてくれよう。めんどうだなあ(>_<)
かなりレベルが上がっていることに賭けて、強行突破!!
(私らしくない、戦略)
通り過ぎてみたら、メタルスライムくんがカンオケになってたm(_ _)m
戦闘の時は、火にも強いのに、こういうのは、ダメなのか。
魔法で復活させて、先へ進む。

ここの最後で「どうなるか」は、覚えているものの、それまでの過程は記憶にない。
あと、何匹でてくるのか、どきどきしながら、上の方へ。
いよいよ「コイツか!」というのが出てきた。
行く末がわかっていて、戦うのが、ちょっとむなしい・・・・。

そして・・・・
時が流れる・・・・

おお、来た来た、お迎えのご一行様。
子供たちが、かわいいのなんの(*^_^*)
話しかけてばっかり。

これから、また、話を聞くのが楽しみになるなあ。

=============================
冒険ひみつ日記

月日がたつのは
本当に早い。

年を取るわけだ。

両親の結婚記念の品をもらった。
しみじみ・・・

=============================
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | PS2版DQ5(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月17日

パンパカパ〜ン!

いやぁ〜、びっくりした。
管理人モードで、いちごろうにコンタクトをとったら

20040417_1.jpg

←こんなん、なりました。
いちごろうが、手に持っているのは、ツノなのだけれど、
このあと、うれしいお祝いが〜〜〜〜(^o^)

ハーボットのネタバレ、行きますよ。ずずっと↓











なんと、このツノ、クラッカーになってるのです。
きれいなリボン?が、飛び出しました。
うれしいなあ〜〜〜〜
ホントは画像、それを撮ればよかったんだけど、
びっくりしちゃって、撮れませんでした(^^;)
posted by きるしゅ at 01:00| Comment(0) | HPいちご・いちえDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冒険19日目 怒濤の日々

選抜メンバーの隊長となり、グランバニア東の洞くつへと向かう。
チゾットからの洞くつに、げんなりしているので、気が重い・・・
と思って入ってみると、な〜んだ(^o^)
拍子抜けしたけれど、それほど困難はなく、取るべきものの前へ。
さっさと出ようと、呪文を唱えたら、出られない。
しかたなく歩き始めると、で、でたぁ〜、やっぱり・・・
こんなにたやすいわけ、ないよね(^^;)
ひたすら、ボコボコやって?帰途につく。

王様に帰還の報告。
すると、お女中が、「もうすぐです!」と連絡に。
自動的に上の階に連れて行かれちゃって、見ると、奥さん、苦しそう・・・
ええっ?もしかして、だんなさん、立ち会うのかい???
焦ったが、奥さんのお世話係のおばさんが、一言。
「下の部屋で待っておいでよ」。妙にほっとした(なんでよ?・・・笑)


下の部屋でうろうろすること、しばし。
おめでとうございますぅ〜〜〜
おお、名付けじゃ。
ゲームがうちに届く前から、考えあぐねていた、名付けじゃ〜〜
対になる名前は、あれから、いいものが思い浮かばず。
一瞬、ちょっとだけ、トンヌラにしようかと、思ったんだけど、却下。
ベビーパンサーを「モモ」にしたからには、やはり、ポスペ系で貫き通すか!

というわけで、男の子はミッチー(王子と言ったら、やっぱりこれでしょ。
これから、○者になろうというには、ちと軽い気もするが)
女の子は、ウーシア(ウーシア先生は、実は、管理人のあこがれ、なのだ)。
奥さん曰く、「ちょっとかわってるけど、ステキな名前」だって。

そしてさらに、今日は、行事が目白押しだ。
いよいよ儀式。マントの紋章が、神々しい。
そしてそして、またまた、事件!

ぐるっと城を一回り。場面が変わって、次にやるべきことは・・・?
以前、入れなかった部屋で見つけたものを、使ったら、
いきなりとんだ!

もうあとは、進むしかないか。
ゆうじいを訪ねても、変わりないようだし。
(この緊急事態でも、やっぱりゆうじいは、気になる!?)

=============================
冒険ひみつ日記

つぎつぎと
めまぐるしく 時が過ぎた
いったい これから
どうなるだろう

=============================
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | PS2版DQ5(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月16日

冒険18日目 館長の責務

あの人の、喜ぶ顔が見たい・・・・
訪ねるたびに、
「はあ〜〜〜・・・・・まだ先の先の先かのう」と言われると、
早くいっぱいにして、喜んで欲しい!と思ってしまうのだ。
へんなところに、使命感が強い主人公(管理人)である。

せっせと飾り付けをしたら、喜んでくれた。むふふっ。
次なる課題も仰せつかったけれど、分け前もくれた。
ウッシッシっ。


そんなわけで、まだ休戦モードは続いている。
ずっと定宿を、修道院にしてきたが、一日の疲れをとるのは
やっぱり妻のそば。
城の奥まで行くのは、面倒なんだけど、愛妻の顔を見なくちゃね。


=============================
冒険ひみつ日記

きょうは、お年寄りを喜ばせた。
よろこんでくれると
こちらも、にんまり。

おじいちゃん
おこづかいありがとう

=============================
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | PS2版DQ5(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月15日

冒険17日目 休戦モード

君がそばにいてくれるだけで、どんなに心強かったか、
今になってわかったよ・・・・

奥さんが、産休に入ってしまった。
なんだか、心にぽっかりと、あながあいた。

昨日の「疲れ」もあって、冒険する気になれず、
チョコレートを手みやげに、ゆうじいを訪ねる。
ありゃ、警○の人など雇ったのか(^^;)
主人公にまかせる、と言いながら、
やっぱり、運営が気になるのね。

すごろく券、4枚使って、カジノ船のすごろく、ゴール。
スロットマシンで、ちょっとだけ、コインを増やす。

奥さんの、目の届かないところで、遊んでばかりいても、いけない。
試練の洞くつの、場所確認に出かけたら、
オークキングが仲間になった。


=============================
冒険ひみつ日記

グランバニアの人と、たくさん話をした。
名産品、
また、気がかりがふえた。

なかまも、ふえた。
いろいろ、増殖中・・・

=============================
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | PS2版DQ5(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月14日

冒険16日目 地図がかけない女

昨日、気になっていた、博物館がらみのことは
今はまだ、できないみたいだ。
(やり方が悪いのかもしれないが・・・うーむ)
ひとまず、保留にしておこう。

仲間モンスターも見つからず、
目先を変えて、しびれくらげ(しびれん)を連れて歩くことにした。
モモは、お休み。

そろそろ、ネッドの宿屋の先へ、進んでみようかなあ。

SFC版のとき、えらく苦労した覚えがあるので、覚悟していたが、
やっぱり大変だった。
今回は、力は十分なはずなので、戦いは何とかなるものの、昔以上に、道に迷った。

チゾットの村までは、すんなりいった。
さい先いいぞ、と思ったら、奥さんが、バタン・・・。

後半の道のり。
当てずっぽうで歩き回って、らちがあかないことに気づき、
地図をかき始めるが、これがまた、地図がかけない(>_<)

少し歩く。
地図を書く。
何歩か進むと、魔物に会う。
戦い終わると、「あれ?どっちに向かってたんだっけ?」

だれか、私に、メダパニをかけた???

焦る気持ちを落ち着かせるべく、小休止。
洗濯物を取り入れたり、片づけをしたり、思考回路を修正。

気を取り直してもう一度。
チゾットでもらった「いいもの」のおかげで、どうにか脱出。
あれがなかったら、出られなかったかも(T_T)
方向音痴を、再認識した。


やっと、やっと、ふるさとへ。
懐かしい人に会う。
奥さん、また、倒れる。

それより、わたしゃ、教会へ行きたいんじゃ。
延々と、洞くつで迷っていたんだもの。終わりにしたいんじゃ。
なのに、王様にひきとめられたりして、
んー、もう!
教会は、どこ、どこ?

実生活なら、通りがかりの人に聞けば済むものを、
ここで、人に話しかけたりしたら、また、終われなくなる。
人の話を聞くのが大好きな私も、今ばかりは、人にかまっていられない。

そうか、サ○○ョが、連れてきてくれたとおりに戻っていけばいいのか(^^;)
冒険を始めて16日。
こんなにぐったりしたのは、今日が初めてだ。


=============================
冒険ひみつ日記

山越えをした。
もう、出られないかと思った。
奥さん、だいじにしますよ。

=============================
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | PS2版DQ5(1周目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする