[PR] SEO対策 いちご・いちえ

2019年06月12日

バッハは鯛(違)

フルートの伴奏を練習している。
バッハ2曲とポピュラー1曲。
ポピュラーは有名でまあまあ派手な曲だけど、バッハに比べたら難しくない。
一方、バッハはもともと苦手だし、弾き方が定まらず苦戦。
ところが、練習を録音して聞いてみたら、様になっているのはバッハの方だった。
自分ではダメダメだと思っていたのに、そうでもなくて、自信があったポピュラーの方がへたくそだ。
たぶん、バッハは、曲自体が揺るぎない完成形なんだろうな。
どんなにヘタに弾いても、バッハはバッハなんだ、きっと。
腐っても鯛……
桃太郎伝説(新、の方かな)で、鯛だけは腐ってしまっても高値で売れた……そんな記憶が(違ったかな)。
あーーーーー、でも腐った鯛(じゃなかったバッハ)を本番に持って行くわけにはいかない。
たいへん。
ラベル:雑談 音楽
posted by きるしゅ at 17:42| Comment(0) | 日常1810〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続きはちゃんと書く(たぶん)

スマホ版DQ4のプレイも記事も止まっているけれど、計画停電みたいなものだから、大丈夫。
って停電じゃないな。まあいい。
止まっているのはDQだけじゃない。
近年になく仕事が大変だから、なんだけど、でも残された人生からやりたいことをする時間を引くと、ほとんど余裕がないことがわかる。
場合によってはマイナス(やり終わらないうちに自分が終わっちゃう)かも。
だから、無駄な時間は費やせないはずなんだが、そこがうまくいっていない。
スマホとPCの無駄づかいだけはやめるべきなんだけど、ホント、そこはやめるべき。
ブログのあり方とかも考えている。(ここのじゃなくて。ここはDQのためにあるようなもんだからいいんだ)
他の趣味とかも。暮らしの場を整えることとかも。
ミニマリストになるつもりはないけど、いらないものはそぎ落としていかないと、本当に必要なものにたどり着けない。
それは確か、なんだよなあ。
ちょっと疲れているんだ私。明日からまた、頑張る!
ラベル:DQ 雑談
posted by きるしゅ at 17:10| Comment(0) | 日常1810〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

楽しみだなあ



ポケモンGOが出た時に、ドラクエでこういうのが出ればいいのにと思ったことを思い出した。
新聞には今年中に出るかも……みたいに書いてあった。
楽しみに生きていこう。
「あるくんです」っぽいところもあるといいなあ。
ラベル:DQ
posted by きるしゅ at 16:41| Comment(0) | 日常1810〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕事に自信が持てなくなった時




これ見て元気だそう。
posted by きるしゅ at 16:31| Comment(0) | 日常1810〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

ドラゴンクエストの日

最初のドラクエが世に出て33年だそうだ。
あの頃は、まだドラクエに出会っていなかったけれど、職場の昼休みにスピーカーから流れてきたロトのテーマは印象的だった。
33年。私は何をしてきたんだろう。
後悔はたくさんあるけれど、ドラクエをプレイしてきたことに後悔はひとかけらもない。
ありがとう、ドラゴンクエスト。
ラベル:DQ
posted by きるしゅ at 17:39| Comment(0) | 日常1810〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月01日

第1章 王宮の戦士たち(スマホ版DQ4)

これは2004(〜2005)年ごろ、PS版をちょっとだけやりかけた時(未クリア)に書いてあった文章を、今回のプレイメモとして加筆訂正したもの。このパターンでメモが続くのか、もっと簡略化したメモになるのか、メモ自体が立ち消えになるのかはわからんが、とりあえず書いておく。なお、昔書いた(下地となる)文章はこの第1章までしかない。このあとは、どうなるんかのう……(汗)
------------------------------------------------------

戦士 ライアン

バトランドの城では、王様の前に戦士一同が集められている。
国内になにやら不穏な動き。
子供が何者かにさらわれる?なぜ子供が?
謎の解明と、犯人逮捕に向けて、戦士たちは出発することに。

しかしながら、こういうとき、DQの主人公は、いつもおくれを取るのである。
急げや急げ。急ぐけれども、タンスを調べたりするのは、おこたらずに。
町へ出ると、おじいさん。一緒に戦いに行きたいとおっしゃる、なにぶん、体力的に
無理があるようで。ごめん、じいちゃん。おいていくでござるよ。

おや、家の前で、おろおろする人妻発見。聞くと、フレアさんのご主人が、帰ってこないとか。
そりゃあ心配だ。どこかで見かけたら、必ず知らせるでござる。
名前は、アレクスだね。よし、わかった。
律儀なライアン。王様のおふれ以外にも、ちゃんと気を配るなんざあ、できたお人。
それでこそ、DQ主人公の鑑。

さて、仲間たちにおくれを取っているライアン。とりあえず、薬草を買い込んで、町の外へ。
いきなり、魔物たちが襲ってきたが、そこは戦士。
落ち着いたもので、スライムたちをなぎ倒しながら、洞くつをぬけ、イムルの村へ向かう。

子供たちが行方不明になっているイムルの村。
宿屋の息子ププルは、一瞬にして消えてしまったとか。
大人たちの心配をよそに、子供たちは、大人に隠れて、なにやら秘密がありそうで?
村はずれの牢屋には、魔物に襲われ、怖い思いをしたせいで、子供帰りしちゃったおじさんが、
つかまっている。
ええっ、名前がアレクス?フレアさんに知らせなくてはっ!
子供事件はお預けにして、いったん城下町へ帰ることに。

奥さん、奥さん、だんなさんがいましたよ。えっ、あなたもついてくるんですか。
短い旅とはいえ、人妻と二人旅ですかっ?むふっ、って、ちゃうちゃう。
イムルの村の牢屋へ案内すると、フレアさん、だんなさんを正気に戻すため、
あの技を使いました。こんなに早く、DQ名物「ぱ○○ふ」が出てくるなんて。
ともあれ、そのおかげで、ご亭主から、子供行方不明事件解明のカギをいただいて、
ライアン、森の中へ。うろうろしたら、井戸発見。

ふしぎな古井戸の中は、声に導かれ、その通りに進む。
プレイヤーの記憶と、導く声のセリフが少し違う気がするんだが(そっちへいくとお外に出るよ、みたいなのは、そっちへいくと帰っちゃうよ……とかじゃなかったかなあ)。
ところで、今回、迷っているのは、ホイミンを連れて行くかどうか。
ホイミン、大好きなので、過去のプレイはいつも仲間にしたのだが、仲間にしなくても第5章で出てくるのか、とか、ライアン一人でもピサロの手先たちに勝てるのか、とか、試してみたい気もする。
ホイミン、かわいそうだけど、今回は仲間にしないことにする。

そういうわけで、この章は「第1章 男ライアン一人旅」に変更。

ホイミンは誘わないので、目的の宝箱へ、ライアンまっしぐら。
ところが、そらとぶくつを見つけたら、こうなった。
20190430203019986.jpg
ボクをみつけて……って言われたら、やはりちょっと会いたくなったライアン。
結局、行かなくてもいい方へ寄り道。
で、いたよ、ホイミン。

ぼく ホイミン。
いまは ホイミスライムなの。
でも 人間になるのが 夢なんだ。

そう言われても今回は一人旅でござるよ。
心苦しいが、断るライアン。すると
20190430203242587.jpg

うわーん、「ぼく ずっとここで待ってるから」なんて言われたら、迎えに来ちゃうではないか。
事実、この後何度かホイミンに会いに来た。
目的はレベル上げだったけど、会話すると情が移るので、あまり話しかけないようにした。

さて、一人旅のライアン。
ホイミンがいないので、装備はしっかり整える。
でも武器は、塔の中に「はじゃのつるぎ」があると聞いたので、そこへたどり着けばよさそう。
結局、売っているもので最強の?鉄のヤリは買わずに済ませた(と思う。うろ覚え)。

そらとぶくつをはいて、いざ、塔へ。
イムルと塔を何度か往復し(レベル上げを兼ね)、はじゃのつるぎを手に入れ、いよいよ子供達を助けに行く。
途中、仲間の兵士から「世界のどこかで地獄の帝王が復活しつつあるが、帝王を倒す勇者も育ちつつある。魔物達のねらいは、勇者が力をつけぬうちに葬り去ること。
子供達を守ってくれ」と託されたライアンレベル9。
階段を下りると、子供が助けを求めてきた。
奥には、牢屋に入れられたもう一人の子。「おじちゃん、ププルを助けてよう!」
ピサロのてさきとおおめだま。
戦士ライアン。小細工は一切できない。戦いあるのみ。行くぞっ。おお!
……で、わりと楽勝しちゃった。そしてレベル10に。
ホイミン……いなくても……ダイジョブじゃん……

子供たちを助け、帰り道。
「おじちゃん、イムルはまだー?ぼく、おなかへってきたよー。」
「おじちゃんどうしよう。ぼく おしっこしたいよう」
おいおい、こりゃあ、戦いより、やっかいでござるな。

無事に子供たちをイムルの村へ送り届け、城へ帰り、王様に報告する。
そして、「私は、勇者を探す旅に出たいのです!」
王様からせんべつ(経験値)をもらい、レベル15に。
最終称号は「ロンリー戦士」。


ここからは、プレイヤーの妄想。
旅立つ前に、もう一度古井戸を訪ねたライアン。
ホイミンは、まだそこにいた。
「おぬし、一緒に来るか?」
こうしてライアンは、ホイミンとともに、新しい旅に出発したのであった。
(ああー、でも第5章でホイミンいなかったら、途中ではぐれちゃったことにしよう/笑)

(190501)
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | スマホ版DQ4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

序章(スマホ版DQ4)

これは2004(〜2005)年ごろ、PS版をちょっとだけやりかけた時(未クリア)に書いてあった文章を、今回のプレイメモとして加筆訂正したもの。このパターンでメモが続くのか、もっと簡略化したメモになるのか、メモ自体が立ち消えになるのかはわからんが、とりあえず書いておこうと思う。
-----------------------------------------------------------------------

スマホ版DQ4 プリン 女


キーン!剣を交える音とつるぎの切っ先。
テキトーに時間の合間にのんびり進めようと始めた旅が、いきなり、剣術の練習から始まったでござるよ。
プリン、いきなり、しごかれているようす。

ここは、とある村の地下室。
剣術の練習が終わり、周りを見渡すと、たるがごろごろしている。
で、条件反射でかたっぱしから壊して回る、女盗賊プリン(違)。
さて、たるを壊し終わって外に出ると、「何か」に呼び止められるが姿は見えず……。
その場を離れようとすると、また、話しかけられる。だれ???
わわっ、いきなり、カエル!
カエルは、プリンがさっきまでいた、地下室へ入っていった。
が、カエルそっちのけで、他人の家を荒らしつつ(タンスとか)、村の人に話を聞きに行く盗賊プリン。

さっきまで、剣術指南をしていた男の人は、井戸でのどをうるおし、
畑のおじさんは、もうすぐ日暮れだから家に帰ろう、というところ。
おじいさんは、ベギラマを教えてくれようとしたけど、明日にしようって言われた。
村の人たちは、みんな、プリンに、優しく声をかけてくれる。
おそらく自分の家であろうところには、お母さんが夕食のしたくをし、
お父さん曰く、「シンシアに会わなかったかい?プリンを探してたよ」。
シンシアって、だれ?会わないよー。会ったのは、カエル……そうだ、カエルだ。
忘れてた。
地下室へ行くとカエルが待ちかまえていた。
へへっ、カエル=シンシアみっけ!モシャスを覚えたんだって。
プリンには、いい友達がいるみたいだ。

家に帰ると、夕飯の時間。家族で食卓を囲む。
つつましいけれど、静かであたたかい暮らしが、ここにある。
(190426)
posted by きるしゅ at 23:00| Comment(0) | スマホ版DQ4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スマホ版DQ4始めました

アプリを入れた日(おととい)、名付けにしばらく悩んだ後、序章だけやりました。
女勇者プリン です。
なんか、色々ひきずっていますが、いくつか名前を入れてみてしっくりきたのがプリンだったんで。
(スマホ版、やるとしたら女勇者、というのは、前から決めていました。)
すでに序章で、ツボとタルをたたき割り、タンスを荒らし、勇者というより女盗賊。
ダイジョブか、プリン。
そして現在、第一章の最初。王様の話が終わって解散し、戦士ライアン、外に出たところ。
町の中で中断できなかったので、しかたなく外へ出たライアン。
次にプレイする時は、また、すぐに町の中へ入るよ(笑)
きちんとしたプレイ記は書かない予定だけど、ここにDQ4のプレイ記録はないんだよねー。
何らかの形で通したものを残したい気もする。
やっぱり自分がわかる程度には、メモしておこうかなあ。
というわけで、カテゴリは作りました。
中身はたぶんぐだぐだになろうかと。
……あ……いつも、ぐだぐだか(汗)
posted by きるしゅ at 17:38| Comment(0) | スマホ版DQ4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月26日

むふふふ

買っちゃったぁ(^o^) スマホ版DQ4。
ダンナに言ったら、モバイルバッテリー持って歩けって言われた(^^;)
名前、何にしようかなあ。
ラベル:DQ
posted by きるしゅ at 15:50| Comment(0) | スマホ版DQ4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セールになっちゃった(汗)

先日、スマホ版DQ4がセールになったら、と言う話をしたのだが、なんと今日から5/6まで、456が1800円→1200円のセールだそう。(こちら参照
あーーーーーーーーー、どうしようかなあ。
腕の調子が悪くて整骨院へ通う身。
スマホは時間ドロボウだから、極力さわらないと誓った身。
でもさ、ワタシ、やっぱりドラクエが好きなの。
特に4は、最初に本気で好きになった作品なんだ。
うん、ちょこちょこ、やれば問題ないよね。
ほんと、ちょっとずつね。
まとまったプレイメモは無しにして、すき間時間にちょっとだけやる。
そ、そ、そんな感じで。


ラベル:DQ
posted by きるしゅ at 15:29| Comment(0) | スマホ版DQ4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする