[PR] SEO対策 いちご・いちえ

2020年03月26日

昆布探しから急にボス戦〜クレイモラン

200326

2: トンミ Lv.43 66:34 ユグノア地方

マルティナが合流し、次は黄金の氷山が現れたというクレイモランへ行くのだが、どうせそちら方面だろう、ということで、ナギムナー村で請け負ったクエスト、ウルウルコンブを取りに行くことに。
白の入江から北へ向かったが、クレイモランの南にあるという島を見つけられず、結局、 本来行くべきところへ。
北の海にある光の柱へ近づくと、な、なんとジャコラ再登場(驚)
ええっ、聞いてないよ?
ここでボス戦をすることは全く考えていなかったトンミ。
だが、まあ、レベル的にはダイジョブだろうと。
自動的に勇者のチカラ(いかずち?)を発揮し、ジャコラの攻撃を弾く術を解く。
今さらだが、前に(トンミが海に投げ出され預言者に会った時)、ロウのグランドクロスが効かなかったのは、ジャコラに攻撃をはじく術があったからだったのか、と今さら知ったトンミ(いやプレイヤー/汗)。
なんかよくわかっていなかったのだ。3Dだとそのあたり、映像でわかりやすかったのかも?
それで、ジャコラ戦になったのだが、けっこうゾーンに入ったりして、「なかま呼び」って何だろう?
トンミとシルビアの連携で、やってみたら要は「おっさん呼び」みたいなものだったらしい(苦笑)
あれ、次々と攻撃したのは、パレードの仲間たちだったのかな?これも2Dなもんで、そこら辺は文字だけなのだった。
と、ちょっと遊びつつボス戦をこなしてレッドオーブ回収。
そうだ、この間のあは〜んなマルティナの後にやった誰だっけ(ブギー?)、あの時はグリーンオーブ回収したのだったか。
んで、もうひとつ、パープルオーブもすでに持っているのだが、どこでもらったのか忘れてしまい(え)、調べたらば、デルカダール城でゾルデ退治をしたときだったらしい。
なんかもうねえ、一度手に入れたものが、また全部なくなってしまって回収する(モノも仲間も)って、これ、ストーリーとしてどうなの?ってちょっと思ってしまう。文句言うならやめれば〜って言われそうだけど(苦笑)
それでやっと光の柱に入るとクレイモラン湾の内側に。
ああー、前に迷子の?バイキングを探しに来た時に戻っちゃった、あの柱か。
黄金の氷山は、相変わらず湾をふさいでいるので、今度は役に立ったんだ。
で、クレイモランへ行く前に、バイキングのアジトを訪ねたのだが、入れなかった。

クレイモランに着くと、カミュが一人離れて、「何だこの感覚、どうして胸がざわつくんだ」と。
顔色が悪いカミュを心配するロウだが、大丈夫ですと、相変わらず他人行儀なカミュ。
不穏な曲が流れ、ひとけのない町だが、仲間たちは聞き込みに散っていった。
トンミ、ロウ、カミュは、というと、町の外に出て中断セーブ(笑)で、本日の冒険終了。
posted by きるしゅ at 23:00| Comment(0) | 3DS版DQ11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「DQ8 再プレイはあるか?」から、色々考えたこと

なんとなく古い記事を読み返していたのですが、やはり8は思い出深い作品。
ええもう、色々な意味で「思い出深い」のですが(汗)、ずっと、ふたたびプレイすることはないだろう、と思ってきました。
そもそもが大作だし、PS2でやり尽くしたので、この先命潰えるまで、仮に触れることがなくても、まあ後悔はしないだろうと。
やらずに死んだら後悔するのは、Wii版3とかかなー。Wii版は全部やり尽くしてから死にたい……とまあ、半分冗談ではありますが(半分本気)。
ところが、その古い記事たちを見ていて思ったのは、ひょっとして、今(これから以後)なら、ミーティアを気にせずにプレイできるかもしれない、ということでした。
そう感じたのは、自分でも驚きでした。ミーティアはずっとずっと恋敵のままで来たのですから。
あれ?この感覚、なんでしょうね。
自分でも不思議です。
プレイのバリエーションとしては、まだやっていないのは「素手の旅」。
あとは3DS版でやるのであれば、追加のストーリーもあるのかな。
うーん、果たしてそんな日は来るのだろうか。
やるとしたら、
現在の11→Wii版SFC3またはスマホ版4→Wii版の未プレイ作品(SFC1、FC2、FC3)→ここ、でしょうか。
あ、でも、まったく未プレイ作品は9があるな、そっちが先かな。言えば、10も(ハードル高いけど)。
もっと言うと、PS7も裏は残っているし(神様を倒せずにそのまま)、そんなことしていると、12が出てしまうかもしれない。
……と思ったけれども、もしかして12はもういいかも、と心の奥底にちょっとだけくすぶっています(滝汗)
もちろんDQ大好きだし、一生やっていたいと思う。でもでも、それは新しい作品をやりたいというよりは、好きな作品をとことんやり尽くしたい、という気持ちかもしれません。
長くてたぶんあと30年。元気にプレイできるよう頑張ろうと思います。
ラベル:DQ
posted by きるしゅ at 15:35| Comment(0) | 日常2003〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DQ余話&音声入力

主人公のオート戦闘(DQ余話)
現在、DQ11(3DS版)をやっていて、便利と言えば便利だけどなんだかなーと思うのは、主人公(自分)もオートで戦えてしまうこと。
過去にはここで、戦闘時、主人公が馬車の外にいるとボタン操作が多くなって面倒(DS版6)、という話をしているが、実際にその必要がなくなったら、これまた主人公(自分)の意思とは関係なしに事が進んでしまうことに、不満と戸惑いがないといえばうそになる。
わがままというか、あまのじゃくというか(苦笑)
まあ、11だって以前のようにしたければ、主人公だけ「めいれいさせろ」にすればいい話かもしれない。
と考えると、操作性が良くなったことになるのでは?
聞くところによると、主人公もオートOKになったのは、3DS版8から、だそうな。
ということは、DS版9は、従来通り?
9は未プレイで、いつかはやるつもりでいるのだが、その時になったらまた「面倒」と言い始めかねないワガママなプレイヤー(汗)

音声入力
話は変わるが、最近、ようやく音声入力に抵抗がなくなってきた。
誰でも音声入力がしやすくなった当初は、私の話を認識してもらえなくて、以来ずっと避けてきた。
それに、スマホに向かって一人でしゃべっている姿を人に(たとえ家族にでも)見られたら、聞かれたら、と思うと恥ずかしくてできなかったのだった。
ところが、ある時イイマ先生がメールを打つのに音声でやっているのを何かで見て、それがけっこう衝撃的で、試しに自分でもやってみたら、ちゃんと正しく文字にしてくれた。
いつの間にこんなに進歩したのか!と感動的ですらあった。
それ以来、時々使うようになったのだが、これがまた、意外に難しい。
考え考えしゃべっていると、いつの間にか切れていて、録音されていなかったり(それこそ一人でしゃべっているだけ状態)、長い一文の途中で修正しようにも、そのまま、か、全削除かの二者択一になってしまったり(このあたりは、まだ仕組みがよくわかっていない/汗)。
それでも、DQプレイメモが格段に便利になったのは言うまでもない。
っていうか、これ、つい4、5日前から使うようになったのだ。
相変わらず、だらだらしたプレイメモだが、ブログ記事にするのはかなり時短でラクだ。
しばらくは、この方法でやっていこう。
でも、人前でオッケーグーグル、とかいうのは、やっぱり言えないかな。
posted by きるしゅ at 14:43| Comment(0) | 日常2003〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月25日

(グロッタ)〜クレイモラン近く〜サマディー〜ナギムナー〜グロッタ

200325
2. トンミ Lv.42 64:53 ユグノア地方

中断セーブのグロッタから再開。カジノと化した町には入らず、バイキング探しのクエストをやってみることに。
ソルティコから運河を通り、今度は忘れずに白の入江をルーラに登録し、クレイモランへ。
ところが、クレイモランの湾?の入り口を黄金の氷山がふさいでいて、入れなくなっている。
バイキングのアジトにも行けない。カミュを連れて行ってあげようと思ったんだが。
ここから北は、以前来た時、クラーゴンから命からがら逃げた場所なので、いったん引き上げ。
南回りで行こうと、サマディーへ飛んだら、ここは外海に出られなかった。橋が邪魔して通れない。
それじゃあ、ナギムナーへ飛んで……と思ったら、トンミはナギムナーへルーラできなかった。
そうだよ、異変後、まだナギムナーには行っていなかったさー。
結局またソルティコへ。西回りでナギムナー村。大砲ばあさん健在。
ナギムナーで装備のお買い物&クエスト請け負い。こんぶだっけ?取ってきて欲しいって。
これはできるかも、と、海に出たが、またしてもクラーゴンにトンミがやられてしまい、これもお預け。
トンミにザオラルかけようとしたら、必要ないと言われ、ああそうだったね、なにかピンと来ないけど。
しかし、ホントにこれでいいのか?(汗)
なんだか手詰まりで、結局グロッタへ戻って終わり。

一度終了したのだが、すっきりしないので、カジノでコインだけでも増やしておこうかと。
ここのカジノはやたらに当たると、攻略サイトにあったので、100賭けるヤツにがっぽり賭けたら当たらず。ダメじゃん。
リセットして、今度は10賭けるスロットに。ここで大当たり。
ラブリーエキスに引き替えて、VIPルームだっけ?に入れてもらったら、あは〜んなマルティナ出てきて戦うことに。
もちろん、ばっちりガンバレで。
それでもやりにくかったさ。ゼシカ戦思い出してね。
とは言っても、2Dだからさほど気にせず、バンバンできたでござる(オートだし)。
よかったよ、2Dで。(いまだに負け惜しみ感があるな、3Dだと操作できないっていう/汗)
そのまま、続けてブギーを撃破。もう、変なヤツ。
町の人たち、魔物に変えられていたが、みんな元通りに。
でも、孤児院を運営していたハンフリーさんがいないそうで。どこへ行ったんだろう。
ベロリンマン、地下の遊び場?で子供に追いかけられて遊んでいたね。楽しそうだ(いいのか)。

マルティナ、ふたたび仲間になり、旅人の服なんで、装備を整え、ついでに他の人たちもお買い物して終わり。
町の人から、黄金の氷山の話を聞いたので、クレイモランへ行く予定。
メンバー、あとはセーニャとベロニカ、うん、ベロニカ、ベロニカ……で、全員そろうよ。
途中でうろうろしたせいで、やたらに請け負ったクエストが増えている。
必殺安請け合い人、トンミ(じゃないな、プレイヤー)。
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | 3DS版DQ11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月22日

(ホムラ〜ソルティコ)〜予言者〜ネルセンの宿屋〜ユグノア城跡〜グロッタ

200321
ホムラから再開。
化け物退治を請け負ったものの、今はまだムリそうな気がしてヒノノギ火山へは行かず。
本来行くべき「ネルセンの宿屋」をめざすことに。
船まで歩くのが面倒だったので、ルーラでダーハルーネへ、そこから乗船して内海を行くつもりだったが、なんとトンミはダーハルーネに飛べなかった。
それでやっぱりソルティコからバンデルフォンを目指すことにした。
途中の光の 柱は反応なし。(あ、ダーハルーネによればよかったではないか、なんかダーハルーネ、避けてる?避けられているなあ)
と、急に海が荒れてきた。必死に船を立て直すシルビアに、グレイグ、ゴリアテちゃんとやれ、みたいに言っている。ゴリアテて(笑)
ジャコラとかいうヤツが、魔王から海を統べるよう言われたそうでレッドオーブ持ってるらしい。
ロウのグランドクロスも役に立たず、トンミだけ海に投げ出され花畑?に到着。
水車小屋の上に魔法使い釣りをしていて、一緒に釣りをするが、ふと隣を見ると仮面のおじさん?になっていて、その人、くるくる回ってはいろんな人に変身。預言者だそう。カミュにも会ったそう。勇者の力は魔王に握りつぶされるようなやわなものではない、世界を救えみたいに言われた。気づくと、陸に上がっていて、バンデルフォンの船員の宿舎に泊まる。

200322
ネルセン宿屋へ向かうことに。泊まった人がみな同じ夢を見る。
ユグノア戦士が口惜しいと嘆く夢。
ロウにはその戦士に心当たりがあるようで、ユグノアへ行くことに。
バンデルフォン城跡から西へ抜けられるようになったとのこと。
ユグノア城に着くと秘密の地下通路をロウが案内し、ロウが嘆きの戦士と話をしたいというので、鎮めるため戦う。
嘆きの戦士はアーウィン=成仏できずにさまよっているトンミ父だった。
話を聞こうとすると16年前のユグノア城へ。
こういう時、中断できないのはナギムナー村で学んだ。
部屋の中に神父がいたので話しかけたら冒険の書に記録できた(一応、神父には姿は見えていないらしい。神父だけでなく他の人たちからもトンミの姿は見えていない)
冒険の書2に記録して、いったん終了。

ここで、ユグノア城に入る前の中断データをあけて、メダ女で「旅の思い出」を見ることにした。
一番最初の方とかも色々見て、直前にやった嘆きの戦士のところも、もう一度3Dで見てみた。
これだけ見られるなら、イベントは自分で記録しなくてもよさそうだな、これは。


その後、時間をおいて、冒険の書2から続きを。
サマディー、クレイモラン、デルカダール王との会議のあと、魔物が城を襲い、エレノア(トンミ母)とマルティナをアーウィンが地下通路から逃がす。魔物に追いつかれ、トンミ、父と一緒に魔物と戦う。やっつけると、マルティナを探しに来たデルカダール王が、体を魔物に乗っ取られ、アーウィンは殺されてしまう。そこへグレイグが駆けつける。
偽物のデルカダール王は、アーウィンが襲ってきたので仕方なく傷つけてしまった。マルティナもエレノアに人質としてさらわれたとグレイグに説明……と現在のユグノア城跡に……

悪夢を見させ絶望を食らうというバクーモス戦。もちろんばっちりガンバレで(え)。
これでボス戦勝利できる味をしめてしまったトンミは、何か困らない限りはラスボスもこれで行ってしまうかも(汗)
もうね、れんけいだけ指示すればいいよ。戦い方とか呪文とか覚えられん。
で、ようやくお父ちゃんを成仏させることができて両親を見送ったトンミ。
あー、でもね、せっかくトンミ父に会えたのに……両親が仲良く?去って行くのはどこかで見たような、5だっけ?ユグノアに来てまたパパスの手紙流れたし、デジャヴが邪魔して11のストーリーに入り込めない。
と、文句を言いつつ、従来のDQなら、もうラスボス戦を迎えてもいいようなレベル41。まだ先は長そうだ。
グロッタにマルティナらしき人がいるみたいなので、行くことに。
その前に、ダーハルーネをルーラに登録したかったので、またソルティコに飛び、やっとダーハルーネに上陸。
値下げ競争をしている兄弟、今度はグレイグのよろい?だったか、を売っている。いくらで買えばお買い得?(今日は買わずに冷やかしだけ)
そして、ルーラでネルセンの宿屋経由でグロッタへ。これ、ユグノアからの方が近いのか、わかんないんだけど、ワタシが迷わずに行けそうなのがこのルートなので(汗)
なんと、魔物カジノグロッタになっていた。中を一通り見て回り、カジノで遊ばないと先に進めないらしいことがわかったところで、中断セーブ。
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | 3DS版DQ11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月19日

ソルティコから外海へ〜ヨッチ村(ムーンペタ)〜サマディー〜ホムラの里

2:トンミ Lv.39 59:34 ソルティアナ海岸

一緒に冒険するのは初めてとはいえ、知らない人ではないので少しは気が楽なのかと思ったのだが、グレイグはシルビアとやるのは少しやりづらいらしい。そうか、以前はゴリアテだったのだものな。

アリスの情報。
バンデルフォン地方のネルセンの宿屋に泊まると皆が同じ夢を見るらしい。
ロウはそこへ行こうと行ったが、無視して外海へ出ることに。(じいちゃん、ごめん)
行方不明のバイキングを探すのが目的なのだが、魔物の強さが少し心配ではある。
ソルッチャ運河を抜けたところで、船底から音がしている?ということで、
行ってみると、なんとカミュがいた。ええ〜、もう合流?と思ったら、
カミュは名前はわかるのもの、記憶を失っているようだ。
妙に他人行儀で丁寧な言葉づかいのカミュ。
会えたのはうれしいが、うれしさ半分……だ。
少しでも近くにいた方が、記憶が戻りやすいかと思って、戦闘メンバーに加えたけれど、スキルが全然なくなっていて心もとない。
死んでしまってもかわいそうなので、控えに回ってもらった。早く元通りのカミュになりますように。
どこかでキャンプした時、シルビアが「みんな仲間だけど、中でもカミュはトンミの相棒って感じ」と言っていた。
最初から一緒だったし、相棒という言葉はぴったりだと思うでござるよ、カミュ……(涙)

で、南回りで北の海に行き、少し回ってみたのだが、迷子のバイキングは見つからず。
魔物もやはり強く、どこかの島か陸地に上陸したら全滅してしまい、リセット。
直前に中断セーブしておいてよかった。
これはダメだと言うことで、とりあえず、メダ女へルーラ。一泊することに。
夜だったので学生たちはネグリジェ。 カルバン・ジャンポルテのデザインだそう。
制服もそうだったかな?(うろ覚え)

さてどこへ行こう……と迷った時はヨッチ村(笑)
9の方の祭壇にも行けるようになっているのだが、なじみがないので(9は未プレイ)、ムーンペタの町へ行く。
町の人が犬で、ムーンちゃんだけ人間、というムーンペタ。
シャナクを使うために、まほうのせいすいが欲しいというムーンちゃんのために持っているそれを差し出す。
結果、町の人は犬から人間に戻ったけれど、ムーンちゃんは犬になってしまって。
2のストーリー通りだからしかたないけど、ムーンちゃんも呪いを解いてあげたかった。

ヨッチ村から戻る時、旅の扉を抜ければホムラの里の近くに出るかと思って、これはちょうどいい、クエストで荒野の地下迷宮へ行かないといけないのでラッキー……が、なんと抜けた先は、デルカコスタ地方だった。あれ?ヨッチいつの間に移動した?それとも前からそうだったっけ?

まあ、そこから少し行ったところに船があったので乗り込んで、ホムラの里方面へ行ければいいかなー、うまく上陸できなければ、ネルセンの宿屋まで行ってしまってもいいなー、と思いつつ進むと、なにやら気球のようなものが空に浮かんでいる。
上陸してみると バクラバ石群の上空に球体が浮かんでいる。と、ボス級に強い魔物が出てきてあやうく死にそうに。どうにかやっつけて、でもここまで来たのだから、サマディーまで行こうとして、関所に入ったら、こんなところで何してるんですか!と怒られ、王様の命令で関所は閉めているとのこと。ってか、砂漠側から入っちゃったんですけど(汗)
で、サマディー城で王様とファーリス王子に面会。ファーリス、王子として頑張っているみたい。
そして砂漠へ見に行き、ロウがニズゼルファという古代文字を勇者の星から読み取り、なんと星は割れてしまった。何か出てきた?
サマディーに入った時に、変な黒い影を見たけど、それは石群にもいて、しかもトンミにしか見えないようだった。
アレは何?

えー、ものすごくテキトーに旅していて、たぶん順番がめちゃめちゃなのだけれど、ここで勇者の星(トンミたちにとってはわけわからんのだが)が壊れてしまい、ストーリー的にダイジョブなのか心配になってきた。
(あとから攻略本を見たら、レベル47と書いてあり、一方トンミは40くらい。こんなに飛んじゃってよけい心配に)
が、ここまで来たら歩いてホムラの里へ行けるでしょ。魔物が強くて死んじゃったらリセットでいいよね。
しかし運良く、元気にホムラの里に着いた。でも、ここでも問題がおきていて、化け物が出ていて儀式ができないとか。
こりゃあ、荒野の地下迷宮に行ったら死んじゃいそうだな。クエストお預け。
それと、人食い火竜がいなくなったら、今度は化け物が……みたいなことを村人が言っているのだが、火竜って何だっけ?そんなのやったっけ?
そんな状態なのにヤヤクから化け物退治を頼まれてしまったトンミたち。
火竜はやらんでいいのか?もうやったことになっているのか?それともトンミに記憶がないだけで、もうやったのか?
カミュの記憶喪失を心配している場合ではないな、これは(滝汗)

とまあ、行方不明のバイキングを探すだけのつもりが、勇者の星まで壊れてしまい、ものすごく不安になっているプレイヤーでござる。
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | 3DS版DQ11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月18日

プチャラオ村〜岬のほら穴〜ソルティコ

シルビアの世助けパレードがついてくるようになってから、ルーラができなかったのだが、ゲームを再開したプチャラオ教会前から、やっと飛ぶことができた。
昨日は何で飛べなかったんだろう。フィールドからだとダメなのかな。
で、飛んだ先はヨッチ村。
少しだけやって、合い言葉を持ってきて、たしかムーンペタに行けるようになったはず。

プチャラオ村に戻り、3Dにしてみた。
あれ、山車みたいに引いているのだと思ったら、おみこしなんだね。みんなでかついでいるの。
それになんだかもう、世界観が変わっちゃう感じ(笑)
2Dが本来ドラクエっていうのは、あながち間違いじゃないと思う。
8で3Dの画面は体験したはずで、あれは最初は戸惑ったものの自然に慣れて、画像も操作も違和感なくプレイできた。やっぱりきれいな映像画像だなあ、という印象だった。
でも、なんか今回のはしっくりこない。オサカナの時もそうだったし、3Dにしてみても、3Dの方がいいなあとは感じないのだった。
見慣れていないせいなのか、絵のタッチが私の好みでないからなのかはわからない。
操作しながらだと、操作性が悪いこともネックになるのかもしれないから、メダ女で見られる過去のイベントを今度見てみよう。

話がそれたが、装備をととのえてフールフール戦へ。
グレイグは、ナイトアックス(もともと持っていたらしい。今気づいた)とデルカダールの盾。
やっぱりオノ装備にすることに。スキルは、今持っているポイントをオノにつぎ込んでみた。
岬のほら穴へ行く途中、バハトラの息子チェロンも、お母さんの形見のペンダントを探すというので一緒に行くことに。
フールフール戦は、ばっちりガンバレで。
バハトラ親子の一件で、シルビアはなにやら決心したよう。
またトンミたちと旅を続けるために、父親にパレードのみんなを頼むべく、ソルティコへ行くことになった。
でも、プチャラオは解決したけれど、トンミの衣装がそのままなんだよね。どうしたらいいの?

わかんないから、パレードの服のままソルティコへ行き、シルビア父(ジエーゴ)と面会。
初対面なのにこんな格好ですみません。はずかしい。
色々あって、パレードのみんなはジエーゴが引き受けてくれ、シルビア親子の確執も解決し、シルビアがまた仲間になったのだが、この衣装どうしよう(滝汗)
と思って装備を見たら、これ、装備なんだ。
あつでのよろいを着ていたはずなのに、「パレードの服」になってる(笑)
はずかしいけど、守備力には問題ないみたいだからこのまま行こう(え)
3Dでは耐えられないかもしれんが、2Dだから、ちょっとかわいい感じも。しかし、はずかしい(汗)

シルビアが再加入して、また船が使えるように。
こうなると、どこへ行けばいいやら。
戦闘で苦戦しない限り、どこへでも行ける。
シルビアとグレイグはもともと知り合いだし、ロウとグレイグは共通の趣味がありそうだし(アレは趣味なのか、アレは/汗)、4人で楽しくやっていけそうだ。
あとは女性3人とカミュか。
そう考えると、まだまだだな。

今後の予定
メダ女で請け負ったクエスト(荒野の地下迷宮へ行く?)
行方不明のバイキングを探す(クエスト途中)
グレイグをバンデルフォン城跡とグロッタへ連れて行く(なんとなく行った方がいいんじゃないかと)
ドゥルダ郷で請け負ったクエスト(スノードラゴンのやつ)
デルカダール城のドラゴン(まだいるのかな)
ヨッチ村もあるな

というわけで、やることがたくさんあるのだが、思いっきりプレイしてしまったので、少しペースを落としつつちまちまやる予定。
今年中にクリアできれば(というか遊び終われば)いいかと思っている。
posted by きるしゅ at 22:59| Comment(0) | 3DS版DQ11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ローラ アシュレイ



新型コロナウィルスのあおりを受け、とのこと。
近隣のショッピングモールから撤退(そもそもが日本から撤退だったそう)して、さびしく思っていたのに。
ずいぶん前に知人が好きなブランドだと知り、当時ワタシは初めて知って、自分でもお気に入りのブランドの一つだった。
ううむ、残念。
ラベル:こもごも2019-
posted by きるしゅ at 08:40| Comment(0) | 日常1810〜2003 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月17日

ドゥルダ郷〜ソルティコ〜プチャラオ村

200317
2.トンミ レベル38 55:35 ドゥーランダ山

ある情報で、祖父と戦うことになるらしいことを知ってしまってから、ここへ来た。
仲間が敵になるのは、ゼシカ戦があったけど、あれ、ものすごく嫌だったのだ。
だから、今離ればなれになっている仲間とそのパターンで再会するのは気が進まないのだった。

さて、山頂に向かった修行者を助けに行くことになり、ダライラマ(じゃなかった、サンポ)も一緒に行くことに。
すると、ほとんどミイラっぽい苦行の修行者、の隣になぜかムフフ本。
2Dのため、修行者はよく見えないけど、ムフフ本は、間違いない(笑)
そしてなぜか、ムフフ本に妙に詳しいグレイグ。タイトルまで知ってるておぬし(以下略)

でもって、トンミは半分死にかけた感じにしてもらって(違うけど)、修行のためにロウと戦うことになった。
ああよかった。こういう戦い方で。
覇王斬(はおうざん)習得。
実は一度負けてしまって、やり直した。ゴールド、減っていなくて良かった(そこか)。
この時も、最後の砦の教会へ飛んじゃって(汗)、ルーラで戻ってきたさ。
でも、もう一度山頂まで登ってきて、今度は山頂の女神様にお祈り。ついでに、さっきは2Dだったから、3Dにしてみた。
(ここならあまり歩かないから、操作できそうだし)
ロウと戦うことを知った攻略サイトは、本来戦い方を見ようとのぞいたのだった。
覇王斬の修業は、装備の剣は関係ないそうなので、いつもの両手剣を外し、グレイグがもらったデルカダールの盾を拝借。
でも、結局負けてしまって。
2度目も同じ装備で、途中、今度は防御も入れながらやったら勝てました。
あら、直前の女神様に祈らなくてもダイジョブだったね。
でもまた魔王がちょっかいを出してきて、すでにあの世にいるニマ大師様……
会えないと思っていたのに会えて、技を伝授してもらって、いい人だったのに、すぐに、もう会えなくなってしまうのか?
ニマ大師様、かっこよかった。なんかね、全然関係ないけど、“鋼”のイズミ・カーティスを思い出した。
覇王斬とロウのグランドクロスで、なんだっけ?(もう新しい言葉は覚えられんのよ)、連携も使って頑張ります。

しかし、ロウがグランドクロスを使うというのは、イメージがちと違う気が(個人の感想です)。
そのうち慣れると思うけど、これはやっぱりククさん、なの。
あとね、3Dで見たダライラマ(笑)、誰かに似ているけど思い出せない。誰だっけ?うん、ダライラマじゃない、サンポ大僧正。

さて、ロウが合流して3人旅に。
仲間を探しつつ、神様の乗り物?を探しつつ、メダチャット地方へ行けるようになっているみたいだから行ってみよう、とロウ。
はい、行ってみて、すでに一度全滅したでござるよ、じいちゃん……(汗)
今度はもうシナリオ通りだし、3人いるから大丈夫だろう、と思う。
が、せっかくソルティコの近くにいるので、ロウだってジエーゴと知り合いなのだから行ってみよう、ということで行ってみたが、この間グレイグと訪ねた時と同じだった。ロウはスルーされた……(哀)
そうそう、執事?、水門を開けてくれた人はセザール、でした。
ここで装備を点検したら、なんとロウは何も身につけておらず。
ゼシカの時と一緒だ……
でも以前持っていたものは、すべて袋に入っているようで、それらプラスお店で購入。
他にも何か買ったような。オノ、売っていたけど、まだ迷っている。グレイグに持たせていいのかなあ。

で、ようやくメダチャット地方へ。
まずは、メダル女学園。
様子が少し変わっていたが、みなさん元気な様子で何より。
たまっていたメダルを校長へ渡してごほうびをもらったけど、もう持っているヤツだった(はやぶさの剣?だっけ?)
ここから、やっと、プチャラオをめざすことに。
……と、なんと世助けパレードしているシルビアと再会。
2Dなんですが、それでもまあ派手なこと(笑)これ、3Dでも見ておかないとね。
前に、西の方でにぎやかな、っていうのはこれだったのかしら。サンバカーニバルみたいな感じ(2D)。
トンミも、はいって返事したら、羽のついた衣装を着せられました。
魔物に襲われていた、プチャラオ出身のバハトラさんを村まで送り届けるパレード一行。
なんかもう、魔王もビックリ、じゃないかこれ(汗)

でも、村に到着して話を聞いたら、フールフールというヤツが、村人をだまして、大切なもの(人、物、金等)を奪っていったそう。
壁画騒動の後、あれだけへこたれなかった人たちが、今度はかなりへこんでいる。
これは、助けてあげなければいけない。
……が!
 
・外に出るとパレードついて来る
・中断できない
・(他の場所へ行ったら中断できるかと思い、やってみたが)ルーラもできない
しかたがないので(なるべく中断セーブでつないでいきたいのだが)プチャラオの教会でセーブして、本日の冒険終了。

しかし、あの世助けパレード、夢に出てきそうだな(汗)
posted by きるしゅ at 14:33| Comment(0) | 3DS版DQ11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月16日

ナプガーナ密林〜ソルティアナ海岸〜ドゥーランダ山へ

200316 その2
グレイグとのふたり旅となったトンミ。
かつては命を狙ってきた男が今度は盾になってくれるという。
信頼して良いはずだが、正直、まだしっくりこない。
グレイグ、両手剣を持っているけど、個人的にはなぜかオノを持たせたいと思うプレイヤー。何も根拠はないのだけれど。
だからまだスキルはいじっていなくて、ワタシの中での彼のキャラクターが決まっていないのだ。
それにオノ、あまり売ってないし。

さて、最後の砦を出発してナプガーナ密林へ。
グレイグ は虫が苦手だそう。早く密林を抜けよう、という。顔に、というか体に似合わず、ちょっとかわいい。
途中、空き家があって、これ、きこりのおじさんの所だよね?
最初の頃やったところだから、あまり覚えていないのだが、トルネコ族のマンプクさんだったよね?
どこ行ったんだろう、マンプクさん。

わりとすんなり密林を抜けて、ソルティナ海岸へ。
南へ行けばソルティコの町に着くだろうと思って、行ってみた。
以前訪れた時はデルカダール城へ行って不在だったジエーゴは帰ってきていたが、怪我の治療のため会えず。
でも、グレイグを懐かしんでくれた執事?の人。(水門を開けてくれた人だった、たしか)
グレイグはここで修業したんだものね。

西の方でにぎやかななんとかがどうの(全然わからないじゃん)と言われたのと、もしかしたらメダ女へ行けるかと思い、西へ行ってみたが、メタルライダーに全滅させられて、最後の砦の教会に戻されてしまった。
よかったよ、先にソルティコへ寄っておいて。
ルーラでソルティコに戻り、今度は真面目に北にあるはずの山へ。

北のなんとか山(郷?)=ドゥーランダ山に入ってドゥルダ郷へ。
ネパールとかチベットとか、そんな感じの仏教っぽいところ。
入り口でグレイグが敵だと思われて一悶着あったが、勇者だとわかって入れてもらえることに。
ダライラマみたいな(個人の感想です)小さな僧侶が、ここのえらい人らしい(サンポさん)。
2Dなもんで、よくわからないのよ、どんな顔なのか(汗)
中に入って、だいたい一回りして、本日の冒険は終了。

以下、ちょっと前のことだがメモ書き。
トンミがまだ魚だった時、セレン様から勇者とは決してあきらめない人です、みたいなことを言われたのだが、これは堀井さんが言ってるよね。そのままゲームに出しちゃったんだ。まあいいんだけど、個人的にはちょっとさめてしまった。ジブンでも理由はわからない。でも、なんだろう、根底にある深い深いところにあるものという気がしていたから、11というゲームの中で使ってしまって良いのかな、とか、そんな感じなのかもしれない。ゲームの中では言って欲しくなかったかなあ……まあ、いいんだけど……

そうそう、最後の砦で、赤ちゃんの名前をトンミにちなんだ名前にしていいかと言われて、はい、と返事をしたら、赤ちゃんは、トンミ・トン・ヌラリア2世になりました。ええっ?

あと、ファーリス杯をやってたころ、バクラバ石群でクレイモランの学者が来ているとメモしてあったんだけど、誰だったんだろう。
図書館へ一緒に行った魔法学者のエッケハルトさんだったのかなあ。あの頃、名乗っていたかなあ。
レベル23のデータを見たけど、そこには学者は一人しかいなくて、エッケハルトではないみたいだった。(最初訪れた時は、ふたりいたような記憶があるのだが、気のせいか)
11をやっていると、個人名(町の人とかでも)が出ることが多いように思う。覚えておくと、おもしろいのかも。っていうか、これ、異変前にちゃんと覚えておいて、これからまたその人たちに会って何か必要だったりするんだろうか。かなりスルーして来ちゃった(汗)
posted by きるしゅ at 23:00| Comment(0) | 3DS版DQ11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする