[PR] SEO対策 いちご・いちえ

2017年11月19日

パンダに決めた

昨日の話の続き。
パンダ手先(笑)に話を聞き、結局、パンダに運んでもらうことにした。
通常、最低二件は見積もりを……というが、
昨日記事を書いた後、12年前の記事を改めて読み、
黄色い謎の生物欲しさに見積もりを頼んでみたところで、
結局パンダになるのでは?との思いが強くなった。
そこで、よほどパンダ手先の印象が悪くなければ、そのまま契約しようと思ってのぞんだのだった。
見積額も予想通りだったし、手先くんもシゴトキッチリだったし。
あとは実際のパンダクルーがいい仕事をしてくれるのを祈るばかり。
……なんてこんな書き方をしているけれども、信頼してお任せしますので、
どうぞよろしくお願いします。
ラベル:雑談
posted by きるしゅ at 17:51| Comment(0) | 日常1602〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

「パンダ」か「黄色いナゾの生物」か?

12年前、母が引っ越しをした。
そして、また、そこから引っ越しをしようとしている。
今回も2業者の見積もりを取る予定。
調べたら、「ジジ」は形態が変わったようで、大きい引っ越しの「おまかせパック」制度がないようだ。
後期高齢者と腰痛持ちのお供(ワタシ)では、「おまかせ」でないとダメなので、
そのサービスがあるところから選ぶことに。
とりあえず、毎日見かける「パンダ」に見積もりを申し込んだ。
かつて「猫型ロボット」だったところは、今契約すれば、「黄色い謎の生物」の景品がもらえるそう。
余談だが、これを書くに当たって、黄色い謎の生物について調べた。
バナナ(の妖精?)だと聞いていたんだが、それは間違った情報らしい。
黄色と青系の組み合わせは、有名な梨の妖精がいて、
初めて謎の生物を見かけたときは、ふ○っしー?と思ってしまったなっしー。
で、明日は、パンダの手先(笑)と会う予定。
どうなるかな。
ラベル:雑談
posted by きるしゅ at 15:53| Comment(0) | 日常1602〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

今後のこと(自分メモ)

2016年02月に、「日常雑記+ゲームなど」ブログとして再出発しましたが、
気づけば、ほぼドラクエだったり(笑)
我ながら、あまのじゃくです。
で、まあ、これから先、日常を書くこともありますが、
・取るに足らないつぶやき(ツイッターっぽいもの)
・ゲーム、漫画のこと
・その他、ここに書きたいこと
を書いていこうと思います。
読んだ本の記録は、今年中はここに納めますが、来年からは記事にはしません。
(ま、誰も見ていないだろうけれど/笑)
ラベル:事務室
posted by きるしゅ at 14:59| Comment(0) | 日常1602〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

イシス〜ポルトガ〜バハラタ〜ピラミッド(Wii版SFC/DQ3プレイメモ09)

171025
夜のイシス
レベル上げをしながら、日暮れを待つきるしゅ一行。
プリンがレベル15になり、ベギラマ、マホトラを覚えた。
で、夜になったので、城へ侵入。
女王様に会いに行くと、人目を忍んで会いに来てくれたお礼に、ベッドの周りを調べてみて、みたいに言われ、いのりのゆびわを発見。
お礼を言おうとしたら、もう用はないはず、行きなさいっぽくあしらわれ、外に出てきた一味たち。
んで、ポルトガに行くことにした。

ポルトガ
無事に到着。
サブリナさんが、夜が怖い、カルロス(恋人?)がなんとか……と言っていて、何か怖いの?この町。
王様に会いに行くと、忙しいので旅の記録は大臣がするそうな。
こしょうを持ち帰ったら勇者と認め、船を与える、と。
そうか船はここの王様がくれるんだ。
手紙をノルドに渡せば導いてくれるはず、だそう。アッサラームへ行く途中のホビットおじさんだね。
手紙には、
しんあいなるノルドよ。この手紙をもつ旅びとを、バーンの抜け道へ案内してやってくれ。
ポルトガの王より。と書いてある。

さて、王の間にいるおじいさんが「わしは真実を語る者。真実を聞きたいか?」
断ったら、それは残念じゃのう。
おじいさん、しゃべりたそうなので、イエス!
いそがばまわれ!これが真実じゃ、ふぁっふぁっふぁっ。
はいはい、町の周りをぐるっと回るのは、お約束でござる(笑)
地下室にたどり着き、神官が言うには、
「かつて ゆうかんな剣士と愛し合う女性がいた。二人はいつも海をながめ、平和な世界を夢見ておった。しかし 恐ろしいことに、魔王バラモスがそのふたりに、呪いをかけてしまった。そのためにふたりは……かわいそうな話じゃて。」
じゃて、って呪いのためにどうなったん?
これが、サブリナさんのつぶやきと関係があるのかなあ。
のかなあ、って、ワタシ、3をやるの3回目なんだが、忘れているでござるよ(汗)
この間はノアニールはエルフに呪われていたし、3はよく呪われるなあ。
(っていつも、こんなか?ドラクエ……)

現在のレベル
ローレ15 ごうけつ
きるしゅ14 ロマンチスト
カイン15 いのちしらず
プリン15 おじょうさま

メダル20枚=やいばのブーメランをもらった。
第二すごろく場(アッサラーム近く)、一度ダメになっちゃって、またやったらゴールした。
アッサラームの店でマジカルスカートが底値だったので一度買ったものの、定価はそれより安いことがわかり、リセットした、けちな主人公はこちらです。
あ、あと、ポルトガでまふうじのつえゲット。

ホビットおじさん
ノルドに手紙を渡すと、すごい腕力で、バーンの抜け道への入り口を開けてくれた。
「わしゃ人間は好きではないが、ポルトガの王は気にいっとる。
あれほど純粋な心を持つ人間はめずらしいからの。」
そうなのか、ポルトガ王。話しただけではわからんかったよ。

バハラタ
なんとかとうちゃこ。
黒こしょう屋さん。孫娘のタニアが悪党にさらわれたとのことで、商売どころではない様子。
さらに恋人のグプタくん(ちょっと頼りなさそう)が、ひとりで助けに行ってしまった。
これは、きるしゅたちが、追いかけるパターンだね。(しかしまだ行かない)
町で話を聞いていると、北には転職できるダーマ神殿があるそうな。
おお、いよいよ転職の話か。

171029
ピラミッドの宝回収
今日は時間があまりないので、人さらいは置いておいて、ピラミッド1階の宝箱をあさることに。
人食い箱を開けちゃって、カインがお亡くなりになりました。
で、面倒なのでリセット(え)。あとは頂上の小さなメダルゲット。
4階は、また今度。
あと、地下2階は、忘れなかったら、レベル上がってからやってみる予定。
歩くたびに魔物が出るらしいので……
posted by きるしゅ at 22:00| Comment(0) | wii版SFC/DQ3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

来月5巻発売予定(百姓貴族)



うわぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!楽しみ!!
ラベル: つぶやき
posted by きるしゅ at 21:40| Comment(0) | 日常1602〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

イシス〜ピラミッド(Wii版SFC/DQ3プレイメモ08)

イシスに来たのは良いけれど、まだレベルが足りないのか、
カニ(じごくのはさみ)が、スクルトを連発すると、らちがあかなくなります。
とてもピラミッドには入れそうにないので、カニに、ちまちまルカニを唱えつつ、しばらくはレベル上げ。
たまに、気晴らしに(からかいに/笑)、ロマリアの王様に会いに行ってみたり。
王様、まだあきらめていない様子。
プリンもルーラが使えるようになってからは、定宿を実家にしています。
アリアハンに帰れば、お金も預けられるし、小さなメダルも届けられるし。
やっぱりふるさとは良いなあ。

ひたすらレベル上げと、お金が貯まれば装備を補充。

そんなこんなで、

ローレ 戦士14 ロマンチスト
きるしゅ 勇者12 しあわせもの
カイン 僧侶13 いのちしらず
プリン 魔法使い13 セクシーギャル

さらに
ローレ 戦士15 ロマンチスト
きるしゅ 勇者13 しあわせもの
カイン 僧侶14 いのちしらず
プリン 魔法使い14 セクシーギャル
となり、やっとカインがマホトーンを覚えてました。
もうね、キャットフライに手を焼いていたのよ。

そして、ようやくピラミッドへ行く決心がついて、突入。
落とし穴と人食い箱のことは、攻略サイトで学んだので、とりあえず、脇目もふらず、魔法の鍵をめざすことに。
無事に手に入れることができました。
あ、そうそう、話は戻るけれども、イシスの城で、星降る腕輪をもらった(っていうか、墓荒らし的に取ってきた)んだけど、亡霊さんが出てきて、私を起こしたのはお前か、みたいに言われ、さらに腕輪を取ったのか?と聞かれてひええええ〜と思いましたが、いらないから持って行っていいよ、と。
あーーーーーー、良かった。3の亡霊さんは、どなたも親切で助かるね。

魔法の鍵を使って開けられるところを一通り回ったので、次はポルトガを目指す予定。
あ、その前に、第二のすごろくを、もう一度やろうかなあ。
posted by きるしゅ at 22:00| Comment(0) | wii版SFC/DQ3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私は人生をバケーションのように過ごしてきたわ ターシャ・テューダーの言葉 ベスト版


ターシャ・テューダー著 食野雅子訳 KADOKAWA
(171024購入)
ラベル:読んだ本2017
posted by きるしゅ at 00:00| Comment(0) | 日常1602〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

アッサラーム〜第2すごろく場〜イシス(Wii版SFC/DQ3プレイメモ07)

魔法の鍵を求めて、アッサラームを目指すことに。
いったんロマリアへ戻って、王様にあいさつ。
相変わらず、むりやり王位を譲ろうとするのも断り続け、アッサラームへ。
今まで、全滅することなく(というか誰も死なずに)ここまで来ている。
なんかね、初めてFC版を時のことを思うと、思えば遠くに来たもんだ……と感慨深い。
で、アッサラーム。ちょっと怖い町。そしてムムムな町。
ぼったぐりな店と客引きのおねいさんに注意、だね。
FC版は、もともとダンナがやっていて(夫もゲームをするのは初めてだった)、ちょっと来て見てっていうから見に行ったら、電気消していい?とか言われちゃって(笑)
あの頃は、純粋だったから、もう、ゲームでこんなコトしちゃってと思ったりしたけど、今となってはとことん遊んでやろうかと(何)。
そんなわけで、ぱふぱふまつり、やってみた。

「あ〜らすてきなおにいさん!ねえぱふぱふしましょ、いいでしょ」
まずは、断ってみた。
「まあまじめなのね。じゃあ気が変わったら、また声をかけてちょうだいね」
ちなみに、プリンが先頭だと、「こんばんは お嬢さん。星がとてもきれいな夜ね」とあいさつされるだけ。

二回目。やってみることに(あれを治してくれるんだよね)
「あらうれしい!じゃあ あたしについて来て!」
家(店?)の入り口で、
「あらそんなにいっぺんにお相手できないわよ。ひとりでついてきて」
仲間の手前もあるので、断ると
「そう。じゃあしかたないわね。さようなら おにいさん」

三回目。今度は入ってみるでござるよ(笑)
その前に、ローレに話しかけてみた
ローレ「お前好きだなあ。あとで話を聞かせてくれよな」(あれ?ローレも入りたかった?)
ってなことで、肩こり、治してもらったでござる。
せっかくなので、他のメンバーも肩こり、治してもらったさ。
そのときは、「きるしゅは、複雑な思いでカインをみつめた。
きるしゅは、だまってカインをもとどおり仲間に加えた」ってなりますた。
ちなみに、プリンには、「いや〜ねえ ふけつよお 何も聞きたくないわ。さあいきましょう」って、軽蔑気味に言われます。
いやいやいやいや、プリンちゃん、そう言うのと違うからっ(滝汗)

とまあ、こんなことばかりしているのもナンなので、すごろく場へ行ってみた。
ゴールはできませんでしたが、なんかすごろく場、楽しいです。

現在のレベル 11、12、12、12、

レベル上げをしつつ、砂漠を歩き、オアシスにとうちゃこ。
すると、どうしたことか、木?がじゃまで、町に入れない。
あまりHPに余裕がなくて焦りまくり。
入り直して、やっとイシスに入りました。
で、ふときるしゅは思った。
ここに、何しに来たんだっけ?(汗)
ここらへんに、イシスがあると知ってたから、なんとなく歩いて来ちゃったんだが、
なんじゃったかのう?
そうだ、なんか砂漠の山沿いに歩くとほこらにおじいさんがいるとか、聞いたような。
で、そこに行ってみることに。
だめだめ勇者様一行は、砂漠のほこらへ行ってみた。
「魔法の鍵をお探しか?砂漠の北、ピラミッドに眠ると聞く。その前にイシスの城を訪ねよ」

はい、すっきりしました。

きるしゅ 勇者12 しあわせもの
ローレ 戦士13 ロマンチスト
カイン 僧侶13 いのちしらず
プリン 魔法使い12 おてんば
posted by きるしゅ at 23:20| Comment(0) | wii版SFC/DQ3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノアニール〜エルフの隠れ里〜ノアニール西の洞くつ(Wii版SFC/DQ3プレイメモ06)

ロマリアの王様の誘いを振り切り(笑)、カザーブ経由でノアニールを目指す。
思っていたより近かった。

ノアニール
村の曲がの〜〜〜〜〜〜んびり流れ、時が止まっている。
ひとりだけ研究者風の人が動いていて、エルフに夢見るルビーを返してくれと頼まれる。
そうしないと、村にかけられた呪いがとけないのだとか。

エルフの隠れ里
人間と話してはいけないそうで、そっけないエルフたち。
ひとりだけ、人間のおじいさんがいて、息子がエルフと駆け落ちしてしまったと。
エルフの女王の怒りに触れ、村は時が止まってしまい、謝りに来ても、いまだ許されず……
女王の言い分は、
娘のアンは夢見るルビーを持ってオトコのところへ行ったまま帰ってこず。
しょせん、エルフと人間、アンはだまされたに決まっていて、ルビーも奪われてつらい思いをしたのだろうと。
どちらがどうなのかは謎だが、とにかく夢見るルビーを探さねば。(でも、洞くつ嫌い)

ノアニール西の洞くつ〜エルフの隠れ里
プリンがレベル12に。イオ、ボミオス、ルーラを覚えた。
なんでこう、いきなり3つ覚えるかね。
地下3階で革のドレスもゲット。
で、宝箱にルビーとかきおき発見。
「おかあさま 先立つ不孝をお許しください。
わたしたちはエルフと人間。この世で許されぬ愛なら、せめて天国で一緒になります アン」
ええっ……そんなことになってたのか(泣)
とそんな中、夢見るルビーを使ってみたら、
なんだか気が遠くなってゆく きるしゅはしびれて動けなくなった(ありゃ)
もう少しで隠れ里という場所だったので、勇者様は地蔵さんのように固まったままとうちゃこ。
女王様は、
「アンと男は地底の湖にみをなげてしまった……私が許さなかったばっかりに」と後悔。
この目覚めの粉を持って村へ戻り、呪いを解きなさい、と渡された。

目覚めたノアニール
手のひらにのせた目覚めの粉は、風に舞い上がって村をおおい、人々は目覚めた。
まだらくも糸は、魔物の素早さを下げられる
宿屋の二階では、オルテガに助けてもらったという女の人が。
オルテガの隣の部屋に泊まっていたという人は、魔法の鍵を求めてアッサラームへ行くと言っていたと。
なんと、昨日まで泊まっていたそうな。
いきなりお父ちゃんの話を聞かされて、動揺するきるしゅ。
昨日っつったって、この村、何年眠ってたんだ?
でね、息子がエルフと駆け落ちしたと言っているおばさんが。
どう見ても、隠れ里にいたおじいさんとは、年齢が釣り合わない夫婦だなーと思って、よく考えたら、奥さんはずっと時が止まってたんだね。一方、だんなさんは、時を経て、おじいさんになってしまったんだ。
十数年経過したのかなあ……
この夫婦が再会する時は、お互いどんな言葉をかけるのだろう。胸が痛いぞ。
posted by きるしゅ at 23:10| Comment(0) | wii版SFC/DQ3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カザーブ〜シャンパーニの塔(Wii版SFC/DQ3プレイメモ05)

カザーブの村が好きです。
今回の冒険は、中断システムがあるので、王様に会いに行かなくても、実質セーブができるので、村を拠点にしています。
この、のんびりした雰囲気。ほのぼのしたお墓、人の良い道具屋主人(夜中にドロボウに入られても、慌てることもなく普段通りに接客する)……
田舎暮らしにあこがれる、きるしゅです(笑)

さてと、予告通りシャンパーニの塔へ行くことに。
それほど苦労せず塔の上へ。カンダタたち、逃げる→きるしゅたち、飛び降りて追いかける。
んで、カンダタ一味をやっつけて、金のかんむりを王様にお届け。
ここで王様からのお誘いを断り続けたらば、王様、観念しました(笑)
でも、そのあと、話しかけるたびに
「わしはきるしゅに、この国を譲りたかったのに。まあしかたあるまい」
冒険の書に記録してはくれるけど、
「ところでどうじゃ?今いちどきくがこの国の王になってみぬか?
そなたがはいと答えるだけで、すぐにでも王位をゆずるぞ!どうじゃ?」
と譲る気満々。
それでも断ると「そうか……ではゆくがよい」ってな具合。
これ、いつまで言ってくれるのかなあ。
それと、このイベント?をやらないとのちのち困ったりするんだっけ?
……とちょっと心配になったので、ここから先は、冒険の書3に記録することにした。
はちゃめちゃをやっているけれども、最終的には小心者のプレイヤーです(汗)
posted by きるしゅ at 23:00| Comment(0) | wii版SFC/DQ3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする