[PR] SEO対策 いちご・いちえ

2022年05月21日

忘れそう

過去の記事(DQとは関係ない)を探していたら、初期装備でラスボスに挑む話がでてきた。
そんな計画があることは、すっかり忘れていた。
DQ3か4でやってみる?などと書いてある。
現在プレイ中の4は女子チームでラスボスに挑む予定だが、それを終えたら女子に限らずやってみようかなあ。
と言っていることをまた忘れそうだ(汗)
ラベル:DQ
posted by きるしゅ at 16:12| Comment(0) | 日常2020/03〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月20日

戦いは終わらない

ラスボス事件から3年あまり。
途中から裏ボスになり、それも本日、第二形態に変貌を遂げた。
私からは遠く離れて、裏ボス、これからどうなるのか。
posted by きるしゅ at 19:54| Comment(0) | 日常2020/03〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月13日

第5章導かれし者たち(スマホ版DQ4)サランの立て札

わたしはプリン。レベル22。ドリームファイター。

バルザックに勝利したけれど、なんだかホイミンさんが気になってキングレオへ戻ってみた。
やはりもういなかった。さびしい。
再びサントハイム城。
アリーナの部屋の壊れた壁からベランダ?に出ると猫とスライムがいた。
ボク悪いスライムじゃないよ、の枕詞のあとに猫のミーちゃんから聞いた話を教えてくれた。
サントハイムの王様には不思議な力があった。王様に詳しい人がサランにいるとのこと。
アリーナも、そういえばお父さんがたまにヘンな夢を見ていたというので、サランへ行くことに。

まほうのかぎがないと通れなかった奥の建物には歴史研究家がいて、「その昔サントハイムの歴代の王は未来を知ることができたとか。今の王様もそんな力があったかも」と。
そこから外へ出ると、アリーナ父が若い頃、教育係をしていたおじいさんの家があった。
王様が子供の頃、夜中にうなされて起きたかと思ったら「ボクの娘が困っているから教会の裏に立て札を立てておくれよ」と。
あれ?今も立て札、立っているよね?
見に行こう。
立て札は、子供の頃の王様から娘のアリーナに宛てたものだった。
空の上には天空の城があり竜の神様が住んでいる。
竜の神様はとても強くて大昔地獄の帝王を闇に封じ込めた。天空の城のことは北の海のスタンシアラの人々が詳しい……

スタンシアラへ行かなくちゃ(ルーラで/笑)。
posted by きるしゅ at 18:44| Comment(0) | 日常2020/03〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チョコボ?

昨日テレビで見たニュース。

群馬 安中市で発見された化石は新種の「飛べない白鳥」
およそ1150万年前の地層から見つかった鳥類の化石が、
白鳥の仲間の翼が小さく飛べない鳥の新種だったことがわかり、
「アンナカキグナハジメイ」という学名が付けられました。

この鳥は全長が推定で120センチから130センチで、
翼が小さく飛べず、ひなを背中におんぶできる骨格があります。
NHK 首都圏のニュースより抜粋)

チョコボ?って思ったのはワタシだけ?
posted by きるしゅ at 17:16| Comment(0) | 日常2020/03〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月12日

第5章導かれし者たち(スマホ版DQ4)バルザック戦(サントハイム)

わたしはプリン。尻にひかれ隊。どうして……(泣)

大臣からバルザックの居所を聞き、いても立ってもいられずサントハイムを目指すことに。
玉座にすわるバルザックにアリーナは怒り心頭。
マーニャとミネア、いよいよ敵討ちだ。
姉さんたちの曲が流れる中、思い切り戦うまで。

バルザックはデスピサロを超える完璧な体と自負していたようだが、わたし達は打ち負かした。
秘法がある限り私は滅びぬはず……と言いつつ息絶えたバルザック。
するとデスピサロの手下?が現れて、実験は失敗だった、やはり黄金の腕輪が必要だ、黄金の腕輪を手に入れ進化の秘法を完璧なものとした時こそ、暗黒の種族の時代が来るのだと。

バルザックもまた利用されただけの哀れな者だったのか。
姉さんたち。進化の秘法の研究はお父さんの形見のようなもの。悪用を許すわけにはいかない。止めなくては、と。
アリーナも、バルザックを倒したものの父は帰らず。落胆は大きいだろうけれど、気丈にふるまっている。

こんな時になんだけれども、まほうのかぎで扉を開けて手に入れたのは、あやかしのふえ、マグマの杖、力の種。
どう使うのかわからないけど、きっとどこかで役に立つはず。

わたしは勇者プリン。レベル22。ドリームファイター。
称号がかっこよくなってる!
posted by きるしゅ at 08:27| Comment(0) | スマホ版DQ4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月11日

第5章導かれし者たち(スマホ版DQ4)キングレオ戦

わたしはプリン レベル17 炎の戦士。
おなご4人全員レベル20以上になるまでひたすらレベル上げ。
どこで鍛錬すれば効率が良いのかわからず、あちこち行っているうちに、やりやすいロザリーヒル近辺に落ち着いた。
ひたすら行ったり来たりしているうちに
プリンレベル19 うぬぼれ頭巾になった。
うぬぼれ頭巾。なんでやねん。やがて
プリンレベル20、ミネア21、マーニャ22、アリーナ20に。
やるだけやってみよう、ということでいざキングレオへ。
青い詩人のホイミンさんにもう一度話しかけ、行ってきますとあいさつして城内へ。
ああこのデジャヴ感(この間全滅したからね→リセットしたけど)。
ライアンさんは警備兵?相手だから、しかたなくわたし達でキングレオ。
そうとう手こずる予定が、思ったより早く戦闘が終わった(あれ)。
マーニャ姉さんのメラミがすごかったのと、キラーピアス装備のアリーナ。わたしとミネア姉さんで回復しつつわたしも会心の一撃、出たかなあ。
なんか意外に強かったよ、このメンバー。
レベル60まで上げればクリアできるかな、なんて以前言ったけれど、そこまでしなくても行けるかもと思った。

我に返ったキングレオ。
私は今まで何をしていたのか、と。
あなた、前の王様の息子だったよね?
いきさつは知らないけどエライヤツの片棒を担いでいたのよ。
お父さん、まだ牢屋にいるみたいよ?
兵士たちも我に返ったみたいだったけど、魔物の一味も混在していて、学者風の人に声をかけたら「進化の秘法はすでにデスピサロ様のもとじゃ、ひっひっひっ」とか言われ気味が悪かった。
例の大臣はというと、おどされて大臣をやっていただけ、もっと勇気があればお手伝いできたものを……とまあ調子のいいこと。
でも、バルザックがサントハイムにいるという情報をくれた。

ライアンさんは戦闘後、仲間になる挨拶をして先に馬車に乗り込んでいる(意外にちゃっかりさん)。
城の外に出ると、青い詩人のホイミンさんがたたずんでいた。
あら?さっきライアンさんが出てきたでしょう。一緒に馬車に乗っててよかったのよ?
ホイミン「さきほどライアン様がうれしそうに外に出ていくのをお見かけしました。ライアン様にどうか無事で旅を続けられますようお伝えください。そしてホイミンがとても感謝していたと……」
ってライアン。ホイミン無視して馬車まっしぐら?
なんかこの場面、泣いた赤鬼を思い出すのよ。ライアンおじさん、勇者の仲間になって張り切る気持ちはわかるけど、今まで一緒に旅してきたホイミンにひとこと言ってやってもいいじゃない?この時点でライアン、ホイミンのこと忘れてるよね。この後、いつホイミンのことを思い出すのかわからないけど、その時泣いてほしいよね、ライアン……(by中の人)。

「よくわからないけど今の人とても寂しそうだったわね」とアリーナ。
さようならホイミン。
またどこかで会えますように。
「ホイミンね。名づけた親を恨まずに成長してきたなんて立派だわ」と言ったのはマーニャ。姉さんには勝てない。

この時点で称号を見たら、
「尻にひかれ隊」
と書いてあった。なにかの間違いではない?(汗)
わたしはプリン。尻にひかれ隊……。解せない。
posted by きるしゅ at 09:02| Comment(0) | スマホ版DQ4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月10日

第5章導かれし者たち(スマホ版DQ4)たからの地図と町の名前

わたしはプリン。レベル17 炎の戦士。

ホフマンさんがヒルタン老人に無事に新天地を見つけたと伝えてくれと言うのでミントスへ。
広場で勉強会をしている老人に話しかけたら問答が始まってしまったがうまく答えたらしく「たからの地図」をもらった。
ヒルタンが若い頃手に入れたものだが、記された秘密は解明できなかったそう。私たちなら解き明かせるかもしれないから頑張れ、と言われた。
クエスト何個目?ヒルタン丸投げの秘密を解き明かせ!(違)
どう役に立つのかわからないが、わたしが持っている地図に☓印がついた(ような気がする)。
でも、肝心のホフマンさんの伝言は話せなかった。

伝言はできなかったが一応ミントスへ行ってきた報告をしにホフマンさんのもとに戻る。
「ヒルタン老人は何か言っていませんでしたか?」と言われてわたしは返事に困った。
ホフマンさん、師匠の言葉が欲しいみたいなのに、わたしたちが頑張れと言われてきたとはさすがに伝えられなかった。
なんだかホフマンさんに悪い気がして、またまたミントスへ。
するとヒルタン老人、「とうとう自分の町を見つけたか。とにかく住人を増やしていくことが大事だから」みたいなことを言い、新人商人を紹介してくれた。ホフマンにはナイショで、と。ふふふ、弟子思いのヒルタンさん。にまにましながらまたホフマンさんのところへ。
すると少し人が集まったから、自分は外に家を建ててそこで町の発展を見ていこうと思っている的なことを言い始め、なんとわたし達に町の名前をつけて欲しいという。ホフマンさんが出してきた候補はすべてご辞退申し上げ(プリン横丁……て)、長い時間をかけて決めた名前は「ホイミンシティー」。
キングレオの戦いを終えるとホイミンとはもう会えない。
それを思ったらさびしくて。
ひょっとしてホイミン、移民で来てくれないかなあ、なんて思っていたらホイミンを冠するしかない、と。
ホイミン、君を忘れない(あ、まだキングレオにいるんだった/汗)。
あと、ホイミンシティーの水辺にカエルがいた。
カエルと言えばシンシア?
えっ?違うよね。でも言葉がしゃべれるって。
……ってか、PS版でこんなのあったっけ?
町の命名とか、カエルとか。
移民はあまり一生懸命しなかったから全然覚えていない……と中の人が言ってた。

レベル17の女盗賊団(違)がキングレオに勝てるとは思えないので、お金をためて装備を整えつつ4人ともレベル20以上になったら戦ってみようと考えている。
posted by きるしゅ at 20:12| Comment(0) | スマホ版DQ4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月09日

第5章導かれし者たち(スマホ版DQ4)まほうのかぎと新しい町

わたしはプリン。炎の戦士。
まほうのかぎで開けられる扉のリストを中の人がゲットしたので、回ってみることに。
でも魔物が強すぎてムリだったり、ストーリーをこなさないとダメだったりの場所もあり手に入れられたお宝は半分弱だった。
滝の洞くつで、ずっと前に手に入れてあったかわきの石を放り投げたら階段から降りられるようになったのだけれど、石、なくなっちゃったね(汗)いいのかな。ひょっとして回収できるとか?
エンドール城の王様の衣装部屋?は夜になってから忍び込んだ。一度見回りの兵士につまみ出されたのはナイショにしておこう。
王様、娘が結婚してベッドを娘夫妻に取られてしまって衣装部屋でうろうろしていた。
ってか王様、奥様はいらっしゃらなかったか。あの部屋は元は王様と王女の部屋だったのか。
しかし王様、ムコ殿にベッドを譲って自分は寝る場所もなく、お人好しと言うかなんと言うか……。
宝箱からレオタードと帽子とタイツ(とメダル)が出てきたので我ら女盗賊団、ありがたく頂戴した(違うよ)。

どこかで砂漠のバザーに町ができると聞いたので行ってみるとホフマンさんがいた。
ヒルタン老人の元での修業が終わり独立して新しい町を作るとのこと。人集めのお手伝いをすることに。
モンバーバラの教会で旅の尼さんをスカウトし、次にミントスからロッコ&ナナ夫妻をご案内。
いつの間にかクエストを請け負っているお人好しなプリン、炎の戦士実は女盗賊。
posted by きるしゅ at 18:25| Comment(0) | スマホ版DQ4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月08日

第5章導かれし者たち(スマホ版DQ4)キングレオへ?

わたしはプリンの中の人。
諸事情でプレイしていなかったが、そろそろ再開しようかと。
今後プレイ記の形式はもしかしたら変わるかもしれないが、DQ4は進めたいので、とりあえず久しぶりに開いてみた。
(一応行けるところまで、わたしはプリン……でやってみる)

わたしはプリン 炎の戦士
レベルは17(かな)

今、私たちはキングレオ城の前にいる。
おかしな3人組が仲間になり、ミントスで聞いたライアンという戦士を探しに来た。
城の前にいる青い詩人のホイミンさんからライアンさんを助けてと言われたので、城内へ入ろうとしたら扉が開かない。
そうか思い出した。
かつてコーミズ西の洞窟深くにエドガン秘密研究所(勝手に命名)を発見するもとびらが開かず、盗賊の鍵を持っているアリーナたちを仲間にすべくミントスへ戻ったのだった。
アリーナと一緒に洞窟へ(ここへ来るの何度目だろう)。
洞窟内でまだ迷っているおじさんを横目に、研究所へまっしぐら。無事にまほうのかぎを手に入れた。
このままキングレオへ行ってもいいのだけれど、世界にはこの鍵が使える場所があるはず。
そう思うと盗賊の血が騒ぐ(え)。
当てずっぽうに少し回ったけれど収穫はあまりなかった。
疲れたので、キングレオへ。
勝てるとは思えないけど、せっかくなので一度やってみることに。
姉さんたちが以前来たときにいた大臣がまだいる。この人どういう扱いなの?かやくツボには反応せず。
奥へ進むとライアンさんらしき人が。なんか強そう。
ライアンさんが隠し部屋を開け、続いて中に入ると城の兵士たちもどやどや入ってきた。
ライアンさんが「こちらは私が相手をするのであなた達はあちらを」と言うようなことを言って、自動的に私たちがキングレオの相手をすることに。
えー、ライアンさん、一緒にキングレオやりましょうよ。
ってかミネアが「バルザックは?どうしてバルザックがいないの?」と。
そうだった、姉さんたち、敵のバルザックを追っているんだもの。彼女たちにしたらキングレオよりバルザック、だ。
キングレオは姉さんたちを覚えていた。バルザックをカタキとやってきた娘、と。あいにくだがバルザックはもうおらんぞ。
おらんてどういう……わたし、よくわからないけど、姉さんたち、以前ここでバルザックと戦って……でも敵討ちは終わっていないんだよね?
ともかく今の相手はキングレオ。
でもレベル的にもたぶん勝てるはずもなく……
全滅して飛ばされた先は、ブランカの教会だった。
(もちろんここは記録せずリセット扱い。えー)
posted by きるしゅ at 09:47| Comment(0) | スマホ版DQ4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月07日

スマホゲーム

DQ4は別にして、スマホでゲームはやらないことにした。
ドラ消しとDQウォーク。手を出せば楽しく、ついついやってしまうけれど、
前者は時間ドロボウでしかないし、後者は運動としてのウォーキングには使い勝手が悪い。
あるくんですWだけでも使おうと試みたが、最低目標が3000歩は私にはハードルが高い。
でも、アンインストールするまでは決心がつかず、いつかまたさわってしまいそう。
特にウォークは友だちもいるし、切ってしまうのは忍びない。
どちらも、ほどほどに楽しめば問題ないのだから、私の問題……
そもそも、DQ4、やればいいんだよね。
でも、記録をどうするか問題があって、これまたややこしい。
いや、この際記録はいいから、進めようか。
……などなど、ぐるぐる考えている。
ラベル:DQ
posted by きるしゅ at 17:53| Comment(0) | 日常2020/03〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする